9 2 1 0 OA 随想録

著者
尾崎行雄 著
出版者
紀元社
巻号頁・発行日
1946

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (9 users, 36 posts, 6 favorites)

人間は禽獣とは違う。鳥や獣は人間の情けで生きているのだが、人間はそうではなく、自らの権利で生きているのである。鳥や獣は如何に立派な檻に入れられ、金の籠に入れられていても、彼等には権利がなく、飼主の情けに依って生きておるのである。 「随想録」https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
立憲政治の恩沢がなければ、徳川時代の切捨御免である。 今日でも尚お切捨御免時代の頭脳で暮している。これでは駄目だ。何とかして人間らしい魂を入れ、憲法の保障によってセメテ自分の生命と財産の安全を保つことが、人間の権利である位のことは知らしめたい。 随想録https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
人間は禽獣とは違う。鳥や獣は人間の情けで生きているのだが、人間はそうではなく、自らの権利で生きているのである。鳥や獣は如何に立派な檻に入れられ、金の籠に入れられていても、彼等には権利がなく、飼主の情けに依って生きておるのである。 「随想録」https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
人間は禽獣とは違う。鳥や獣は人間の情けで生きているのだが、人間はそうではなく、自らの権利で生きているのである。鳥や獣は如何に立派な檻に入れられ、金の籠に入れられていても、彼等には権利がなく、飼主の情けに依って生きておるのである。 「随想録」https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
人間は禽獣とは違う。鳥や獣は人間の情けで生きているのだが、人間はそうではなく、自らの権利で生きているのである。鳥や獣は如何に立派な檻に入れられ、金の籠に入れられていても、彼等には権利がなく、飼主の情けに依って生きておるのである。 「随想録」https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
人間は禽獣とは違う。鳥や獣は人間の情けで生きているのだが、人間はそうではなく、自らの権利で生きているのである。鳥や獣は如何に立派な檻に入れられ、金の籠に入れられていても、彼等には権利がなく、飼主の情けに依って生きておるのである。 「随想録」https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
人間は禽獣とは違う。鳥や獣は人間の情けで生きているのだが、人間はそうではなく、自らの権利で生きているのである。鳥や獣は如何に立派な檻に入れられ、金の籠に入れられていても、彼等には権利がなく、飼主の情けに依って生きておるのである。 「随想録」https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
人間は禽獣とは違う。鳥や獣は人間の情けで生きているのだが、人間はそうではなく、自らの権利で生きているのである。鳥や獣は如何に立派な檻に入れられ、金の籠に入れられていても、彼等には権利がなく、飼主の情けに依って生きておるのである。 「随想録」https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
人間は禽獣とは違う。鳥や獣は人間の情けで生きているのだが、人間はそうではなく、自らの権利で生きているのである。鳥や獣は如何に立派な檻に入れられ、金の籠に入れられていても、彼等には権利がなく、飼主の情けに依って生きておるのである。 「随想録」https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
立憲政治の恩沢がなければ、徳川時代の切捨御免である。 今日でも尚お切捨御免時代の頭脳で暮している。これでは駄目だ。何とかして人間らしい魂を入れ、憲法の保障によってセメテ自分の生命と財産の安全を保つことが、人間の権利である位のことは知らしめたい。 随想録https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
立憲政治の恩沢がなければ、徳川時代の切捨御免である。 今日でも尚お切捨御免時代の頭脳で暮している。これでは駄目だ。何とかして人間らしい魂を入れ、憲法の保障によってセメテ自分の生命と財産の安全を保つことが、人間の権利である位のことは知らしめたい。 随想録https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
人間は禽獣とは違う。鳥や獣は人間の情けで生きているのだが、人間はそうではなく、自らの権利で生きているのである。鳥や獣は如何に立派な檻に入れられ、金の籠に入れられていても、彼等には権利がなく、飼主の情けに依って生きておるのである。 「随想録」https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
人間は禽獣とは違う。鳥や獣は人間の情けで生きているのだが、人間はそうではなく、自らの権利で生きているのである。鳥や獣は如何に立派な檻に入れられ、金の籠に入れられていても、彼等には権利がなく、飼主の情けに依って生きておるのである。 「随想録」https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
人間は禽獣とは違う。鳥や獣は人間の情けで生きているのだが、人間はそうではなく、自らの権利で生きているのである。鳥や獣は如何に立派な檻に入れられ、金の籠に入れられていても、彼等には権利がなく、飼主の情けに依って生きておるのである。 「随想録」https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
人間は禽獣とは違う。鳥や獣は人間の情けで生きているのだが、人間はそうではなく、自らの権利で生きているのである。鳥や獣は如何に立派な檻に入れられ、金の籠に入れられていても、彼等には権利がなく、飼主の情けに依って生きておるのである。 「随想録」https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
立憲政治の恩沢がなければ、徳川時代の切捨御免である。 今日でも尚お切捨御免時代の頭脳で暮している。これでは駄目だ。何とかして人間らしい魂を入れ、憲法の保障によってセメテ自分の生命と財産の安全を保つことが、人間の権利である位のことは知らしめたい。 随想録https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
立憲政治の恩沢がなければ、徳川時代の切捨御免である。 今日でも尚お切捨御免時代の頭脳で暮している。これでは駄目だ。何とかして人間らしい魂を入れ、憲法の保障によってセメテ自分の生命と財産の安全を保つことが、人間の権利である位のことは知らしめたい。 随想録https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
人間は禽獣とは違う。鳥や獣は人間の情けで生きているのだが、人間はそうではなく、自らの権利で生きているのである。鳥や獣は如何に立派な檻に入れられ、金の籠に入れられていても、彼等には権利がなく、飼主の情けに依って生きておるのである。 「随想録」https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
人間は禽獣とは違う。鳥や獣は人間の情けで生きているのだが、人間はそうではなく、自らの権利で生きているのである。鳥や獣は如何に立派な檻に入れられ、金の籠に入れられていても、彼等には権利がなく、飼主の情けに依って生きておるのである。 「随想録」https://t.co/9xXyTp2FUl, p.88.
人間は禽獣とは違う。鳥や獣は人間の情けで生きているのだが、人間はそうではなく、自らの権利で生きているのである。鳥や獣は如何に立派な檻に入れられ、金の籠に入れられていても、彼等には権利がなく、飼主の情けに依って生きておるのである。 「随想録」https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
人間は禽獣とは違う。鳥や獣は人間の情けで生きているのだが、人間はそうではなく、自らの権利で生きているのである。鳥や獣は如何に立派な檻に入れられ、金の籠に入れられていても、彼等には権利がなく、飼主の情けに依って生きておるのである。 「随想録」https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
人間は禽獣とは違う。鳥や獣は人間の情けで生きているのだが、人間はそうではなく、自らの権利で生きているのである。鳥や獣は如何に立派な檻に入れられ、金の籠に入れられていても、彼等には権利がなく、飼主の情けに依って生きておるのである。 「随想録」https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
立憲政治の恩沢がなければ、徳川時代の切捨御免である。 今日でも尚お切捨御免時代の頭脳で暮している。これでは駄目だ。何とかして人間らしい魂を入れ、憲法の保障によってセメテ自分の生命と財産の安全を保つことが、人間の権利である位のことは知らしめたい。 随想録https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
人間は禽獣とは違う。鳥や獣は人間の情けで生きているのだが、人間はそうではなく、自らの権利で生きているのである。鳥や獣は如何に立派な檻に入れられ、金の籠に入れられていても、彼等には権利がなく、飼主の情けに依って生きておるのである。 「随想録」https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
立憲政治の恩沢がなければ、徳川時代の切捨御免である。 今日でも尚お切捨御免時代の頭脳で暮している。これでは駄目だ。何とかして人間らしい魂を入れ、憲法の保障によってセメテ自分の生命と財産の安全を保つことが、人間の権利である位のことは知らしめたい。 随想録https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
人間は禽獣とは違う。鳥や獣は人間の情けで生きているのだが、人間はそうではなく、自らの権利で生きているのである。鳥や獣は如何に立派な檻に入れられ、金の籠に入れられていても、彼等には権利がなく、飼主の情けに依って生きておるのである。 「随想録」https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
立憲政治の恩沢がなければ、徳川時代の切捨御免である。 今日でも尚お切捨御免時代の頭脳で暮している。これでは駄目だ。何とかして人間らしい魂を入れ、憲法の保障によってセメテ自分の生命と財産の安全を保つことが、人間の権利である位のことは知らしめたい。 随想録https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
立憲政治の恩沢がなければ、徳川時代の切捨御免である。 今日でも尚お切捨御免時代の頭脳で暮している。これでは駄目だ。何とかして人間らしい魂を入れ、憲法の保障によってセメテ自分の生命と財産の安全を保つことが、人間の権利である位のことは知らしめたい。 随想録https://t.co/9xXyTp284N, p.88.
「憲政の神様」尾崎行雄も敗戦直後にこういうとります。 「歴史の嘘を正せ」 https://t.co/AdxgOZo4ZT
#尾崎行雄 『随想録』より「総理大臣の資格三つ」  総理大臣の資格として必要なことは第一に統御の才、第二に調和的の性格、第三に包容力などを挙げることが出来よう。… https://t.co/quNHixmY3X #次期総理 #次期首相 https://t.co/A67zfGZ2Vm

収集済み URL リスト