言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

[book][war][media][近デジ漁り]
[本] 粟屋義純 戦後もマーケティングやってた人みたい

Twitter (148 users, 185 posts, 139 favorites)

@kazuhisa_ogawa どうか先人からの警告を忘れないで。 「今に見ていろ事実が証明するからと呑気に構えて」 いたら、 「饒舌な不正が跳梁して正義を愚弄する」 のです。 1939年『戦争と宣伝』… https://t.co/ubUWG1wqCp
@sakisakatomoe1 @hisamin_yurisky 是非とも読んで頂きたい書物があります。今日本人が読むべき書籍です。 『戦争と宣伝』https://t.co/ppvqnulk02
年頭に当たってのお薦めする文献に。 『戦争と宣伝』https://t.co/ppvqnu3J8u 是非とも、現代の日本人にとって今まさに読むべき内容の書籍です。 https://t.co/euRSoFb6o8
@SatoMasahisa 「日本はいつでも堅苦しい礼服を着用して表門から愛嬌無しに入っていくやり方」 「今に見ていろ事実が証明するからと呑気に構えて」 「饒舌な宣伝を故意に放任して、最後の断を与えるのに多くの犠牲と困難を加えるが… https://t.co/D6of5k4QtA
@SatoMasahisa @katayama_s @hiratakuchan 日本はいつまで同じ事を繰り返すのか。#情報戦 #宣伝戦  「取るに足らぬことと歯牙にもかけず」 「饒舌な宣伝を故意に放任して、最後の断を与えるのに… https://t.co/M7q16g3eL4
@D__tyna ほんとそれですよ~。日本は立派なのです、でも硬いわけです。 何度も取り上げてるのですが戦前書かれた『戦争と宣伝』、https://t.co/NOPrg2OJpa  「本当に日本人は四尺足らずの小人だと信じていたの… https://t.co/sNHmZUqUNK
「饒舌な宣伝を故意に放任して、最後の断を与えるのに多くの犠牲と困難を加えるが如きことーー」 1939年『戦争と宣伝』https://t.co/ppvqnulk02 … https://t.co/Y506KTff0F ★全くもってそ… https://t.co/4MHdTfL2cg
@subutanon 日本はいったいいつまで同じ事を繰り返すのかと思いますよ~ (一種自虐史観) 「饒舌な宣伝を故意に放任して、最後の断を与えるのに多くの犠牲と困難を加えるが如きことーー」 1939年『戦争と宣伝』… https://t.co/TRHebj03bI
「戦争と宣伝」国立国会図書館デジタル ですね。 https://t.co/VclIkZRvLX @hinatanococo @subutano @violetnyanco @ponkohaha000 @kijitora_yamato
https://t.co/OdCGtqrluG  1939年『戦争と宣伝』より165p    シナ人の「野獣性を帯びた大虐殺」の理由の箇所。   https://t.co/C2VcAKtfUB https://t.co/K31fozcKU2
1939年出版『戦争と宣伝』https://t.co/OdCGtqrluG  正に現在の日本にも当て嵌まる。 支那事変での蒋介石側の宣伝が如何に苛烈・卑劣だったかも書かれている。「南京虐殺」宣伝が既に始まっていたのが分かる。 https://t.co/WPgf4fD25b
近代デジタルライブラリー - 戦争と宣伝 http://t.co/0Q2ovZW0Fg
近代デジタルライブラリー - 戦争と宣伝 http://t.co/fMaXCVUf
[book][free] 「恐るべきデマ宣伝の効果」という節あり。その中身はともかく、「戦時宣伝とデマとは右の如く兄弟の関係にあるといって云っていい」(p.106)という一言は卓抜である。/ 粟屋義純(1939)『戦争と宣伝』 http://t.co/vb5FdOfU

収集済み URL リスト