2 1 1 0 OA 獄中の記

著者
斎藤瀏 著
出版者
東京堂
巻号頁・発行日
1941

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 8 posts, 2 favorites)

https://t.co/KthybD0uD9 p.136 "不慮の死でも、犬飼木堂や、浜口雄幸などの死を私は羨む。政治家としては、花々しい死と言ってよい。どうせ死ぬなら人の関心を持って居る時に惜しまれて死ぬがよい。死亡広告で「や… https://t.co/omXBhLIQm3
https://t.co/bnWdL4g6NP p.124 "憂きつらき世や知りそめしこの雨に巣立ち雀のねぐら求めつつ" https://t.co/75rukhk12V p.133 "地球さへ生命疑はし人間のこの世の事業幾年保たむ"
https://t.co/bnWdL4g6NP p.124 "憂きつらき世や知りそめしこの雨に巣立ち雀のねぐら求めつつ" https://t.co/75rukhk12V p.133 "地球さへ生命疑はし人間のこの世の事業幾年保たむ"
https://t.co/iZkGIAt2ps p.110 "機の到る裏(した)にまちつつ桜田のみ濠に遊ぶ鴨をたのしむ" https://t.co/ZoO8zafK8y p.112 "死を決めて井伊大老の首得しかば みな無造作に死に去りにけむ"
https://t.co/iZkGIAt2ps p.110 "機の到る裏(した)にまちつつ桜田のみ濠に遊ぶ鴨をたのしむ" https://t.co/ZoO8zafK8y p.112 "死を決めて井伊大老の首得しかば みな無造作に死に去りにけむ"
https://t.co/itFxHsrjoJ p.6 "この牢の板の節目をものの顔にきめて慰む似ぬものもあれど" "壁板の節が描ける眼が顔が皮肉なりわれに笑を送る"
齋藤瀏『獄中の記』東京堂出版 昭和15年12月22日印刷 12月27日発行 昭和16年9月1日72版発行 https://t.co/tmRLsSdMsr p.3 "丈夫のわが名はあれど ここにして 四百五十号と呼びかへられつ"
「獄中の記」昭和16年 https://t.co/tjadwCFrU1 斎藤瀏氏が二・二六事件に絡んで投獄された時に描いた獄中の食器の絵。経歴から、ちゃんとした絵の勉強はされていないと思うんだけどめちゃうまい。 https://t.co/8xGGHOIkKZ

収集済み URL リスト