3 0 0 0 OA 松葉蘭譜

著者
長生舎主人 [著]
巻号頁・発行日
1836

マツバランはもっとも原始的なシダ類で、生きた化石。茎が繰り返し二股に分かれながら伸びてホウキ状を示す。胞子は上部に着き、熟すれば黄色になる。文政~天保期(1818-43)に流行し、全体の容姿や胞子の着き方の変異を競った。熱帯・亜熱帯に広く分布するが、この奇妙な植物を園芸品としたのは日本だけである。本書は122品の花銘を記し、うち60品を色刷として示す。著者長生舎主人は幕臣(奥御右筆)で故実家の栗原信充(のぶみつ、1794~1870)である。信充は万年青(オモト)なども好み、「金生樹譜シリーズ」7点を刊行する予定だったが、第1冊の『金生樹譜別録』(特1-1549、文政13年=文化元年、1804刊)、第2冊の『万年青譜』(特1-1769、天保4序刊)、第3冊の本書と、3点だけに終わった。玉清堂編『松蘭譜』(しょうらんふ、特1-934、天保8年[1837]刊 )は最高のマツバラン図譜だが、当館資料は上巻を欠く。(磯野直秀)

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 5 favorites)

松葉蘭譜 https://t.co/5zAEOP31gH 全部かわいいなあ
松葉蘭ファンの皆様なら既にご存知かと思いますが「松葉蘭譜」は国立国会図書館がデジタル化してくださってます。 いまは無き品種も載ってますし、絵だからこそ気付ける特徴もあったりするので読めていない方はどうぞ。 こちら(沼)へ。… https://t.co/R3YW5YWhhT

収集済み URL リスト