4 1 1 0 OA 蚕飼養法記

著者
野本, 道玄
出版者
巻号頁・発行日
1702

蚕業。野本道玄著。当該本に刊記はないが、元禄14年(1701)隠田(野本道玄)の序と、元禄15年孟春弘前織会所家蔵の跋文があるので、15年ころの刊行であろう。蚕の飼い方、繭の取り扱い方、桑樹の育て方などを丁寧に記述した本格的な養蚕指導書で、版本では最も古く、続いて「蚕養育手鑑」(馬場重著、正徳2[1712])、「新撰養蚕秘書」(塚田与右衛門著、宝暦2[1752])などがある。植物病理学者白井光太郎(1863-1932)の蔵書印「白井光」を捺す。本書が大正6年(1917)3月9日に大正天皇皇后陛下に貸し出されたことが、本書添付の、東京高等蚕糸学校長本多岩次郎より白井光太郎に宛てた書翰で知れる。「蚕飼養法記」(青森養蚕組合聯合会、昭和6年)の翻刻がある。(岡雅彦)(2020.2)

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 3 favorites)

日本最古の養蚕書『蚕飼養法記』(野本道元・元禄十五年)に「(養蚕家は)家々に必ず能く猫を飼置べし」との記載がある通り、養蚕で栄えた丸森町でもそれこそ能く猫が飼置かれたものと想像。同町最古の猫神@中島天神社には前述書の凡そ百年後の年号が刻まれている。 https://t.co/zLOPT5ri4Q https://t.co/XaHkuNSebw
日本初の養蚕書とされる「蚕飼養法記」の国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/k2b9239wXi 大正天皇・皇后陛下の手沢本である旨の付箋がそのまま保存されているのを見つけた。

収集済み URL リスト