4 0 0 0 OA 蝦夷風俗彙纂

著者
肥塚貴正 著
出版者
吉川半七
巻号頁・発行日
vol.前編 巻3, 1882

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 12 posts, 13 favorites)

人物【カニクシアイノ】 1800年代、北蝦夷地(サハリン南部)の有力者。 タライカ人の風俗をした偉丈夫で,コタンケシにすみ,ウイルタ,ニブヒなど他の少数民族を支配していた。1853年同地にきた【ロシア人に蝦夷人が使役】されるのをみた(コトバンク) https://t.co/RJOymKBOMb
@ManWood01123840 拝見致しました。本当、そうだと思いました。3世代。100~150年でしょうかね。(国後方面、北夷酋長のツキノエ、1780年前後は生きていて、記録の年は70歳生存) 1700年代にはラッコ島に露人が居住している。 なので、うーん、えっと。。 ツキノエ( ..)φメモ https://t.co/RJOymKTqaL
カニクシアイノ 19世紀中北蝦夷地(サハリン南部)の有力者。 タライカ人の風俗をした偉丈夫で,コタンケシにすみ,ウイルタ,ニブヒなど他の少数民族を支配していた。1853年同地にきたロシア人に蝦夷人が使役されるのをみて,この島の神の恥だ,といかったという。(コトバンク) https://t.co/RJOymKBOMb
寿都に乙名ムネトク(47歳) 妻あり。 https://t.co/RJOymKBOMb 春なるか天然痘流行して、妻姉娘が病死、其余当場所の土人等人家19軒あり、人別60人ありしが其内41人死して(*68・3%が死亡)、今は家漸々4軒ならでなくなり… https://t.co/Bsnbbh0RGm
北の夷人酋長ツキノエ(富豪)は身長は六尺(180-220㎝)あり。 https://t.co/RJOymKBOMb 東察加(カムチャッカ)の様子をよく知っていただろうと推測。

収集済み URL リスト