言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 7 posts, 1 favorites)

のちに天下を取った豊臣秀吉が、徳川家康のひざまくら、つまり家康のたまの枕で、ふと武田信玄と上杉謙信の話をし始めたのも、上杉謙信のこの歌を思い出したからだろう。秀吉が家康に膝枕をしてもらった話は、『翁草』第58巻にある。 https://t.co/CRr951OB7m
https://t.co/DMeMI8sGSz "太閤は活量の人なり。権現様御膝を枕になされ仰けるは、日本は扨置き、唐迄も手に入れ思ふ事も無し、信玄や謙信などと云ふ入道共、存生に候はヾそくび押へて引付け能き咄坊主たるべき物をと宣ふとなり。" 太閤秀吉はエネルギッシュな人だった。
『永夜茗談抜粋』『翁草』 巻58 https://t.co/YplMtIWVrw "太閤本妻は尾張のゴキリの禰宜の娘なり浅野又右衛門妹の子姪なるを養ひ置り、或時信長狩野の帰りに、又右衛門所にて休息あり、彼娘茶を運びしを、信長所望有… https://t.co/aj7uJ85O6S
@tarasensei http://t.co/SYzf3rgH の39/87、『翁草』では「旧鼠」ではなく「窮鼠」と表記されている……などとトンチンカンを申し上げましたが、よく見たら記事の2行目に「舊鼠」の文字が……大変失礼いたしました。改めて訂正・お詫び申し上げます。

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト