5 1 1 0 OA 共武政表

著者
陸軍参謀局 編
出版者
陸軍文庫
巻号頁・発行日
vol.巻5-9, 1875

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 6 posts, 1 favorites)

@Nakosomarrr_u_g https://t.co/YEqKjzQtA9 明治初期の人口を見ても今治は明らかに規模が大きくて、その大きな核とは別の市街地をわざわざ作るということはむしろ非効率なのではないかと思いました。
@hideyan_osaaho 明治8年の共武政表によると、姫路2.4万人、明石1.7万人、赤穂7千人、高砂6千人、龍野5千人、飾磨・網干・大塩4千人、三木3千人と大きめの街が多かったようです。 https://t.co/YEqKjzQtA9 その中でも姫路と明石が2大拠点という感じですが、明石は神戸にだいぶのまれてしまいましたかね…
国立国会図書館デジタルコレクション - 共武政表. (明8.12) 巻1-4 https://t.co/a5eN6ZrlYF 巻5-9 https://t.co/3Kz9EpR9ZE
https://t.co/50zxYqPHjy https://t.co/cXdJWUYLai

Wikipedia (1 pages, 2 posts, 2 contributors)

編集者: Orichalcum
2015-08-18 20:32:50 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト