2 1 0 0 OA 欧洲教育史

著者
大瀬甚太郎 著
出版者
成美堂
巻号頁・発行日
vol.続欧洲教育史, 1907

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (1 users, 2 posts, 0 favorites)

#超算数 ディースターヴェークのこの考えは、日本にも確実に入ってきている。大瀬(1907:125)は【生徒を根拠として定めたる教授の法則】より【(ロ) 教授は幼者の自然の発展階段に従ふべし。】https://t.co/CG2RZvs2BE。126ページに14歳前後で【理性も…理想構成の作用となりて発現す】とは抽象作用か? https://t.co/GPRgqzdd5V
#超算数 同じ大瀬による一般編の紹介 大瀬甚太郎『続欧洲教育史』東京、成美堂、1907年。https://t.co/OBsrKqYXhK 発達段階とかいっているが、一生涯使う知識でなければ教えるべきではないといっている。 鈴木筆太郎は大瀬・中谷(1901)から算術の必須条件を引用。ちょっとだけ改変あり。

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

編集者: 庚寅五月
2015-02-03 23:25:16 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト