天むす名古屋 Temmus (@temmusu_n)

投稿一覧(最新100件)

RT @LimgTW: どうもそのよう。 要旨からツッコミどころ満載だが、正直ではある。 https://t.co/e9si57710Y 【国際的にはこれが方程式の表記法に反映されない理由は、今のところ分からない。】とあるが、等式の左右に意味があると勘違いするのは日本の教育…
RT @8th_month: 全米アカデミーは約8割が連邦政府機関からの支出(1億6000万ドル)。 英王立協会は55%(2587万ポンド)が国費。 https://t.co/vakjGdwrDN 割合の差こそあれ、ほぼ全てのアカデミーが政府から支援を受けている。 https:…
#超算数 この本からたった7年後、 上田庄三郎『激動期の教育構図』東京、啓文社書店、1934年。https://t.co/GYEJNH5zt5 満州事変後のこの時代、上田は、新教育派がさしたる抵抗も見せずにファッショ教育に鞍替えしたことを非難している。検閲を恐れず、新教育はブルジョワジー教育だったと主張した。 https://t.co/XGNuAixiz6
#超算数 堂東伝は第三学年も担当し、掛算の順序にこだわった指導をのこしているhttps://t.co/ewREaMnInf。以前取り上げたhttps://t.co/zVmfQXLs8I。 https://t.co/XZUzluaeD6
#超算数 ただし、藤野の意見は、当時でさえ反動的だったと思われる。 学習指導大系刊行会編『尋常小学算術科指導書』上巻 東京、帝国地方行政学会、1927年。https://t.co/M6f3lKNRH7 で、第二学年を担当した堂東傳(堂東伝)は、小節名に【二位数を足すこと】(1,3,4)と【二位数を加ふること】(2)を併用。 https://t.co/NrfrHLMhCI

8 1 0 0 OA 新教授法

#超算数 +記号は、おそらく算数教育が始まってから変わらずに「たす」と読まれてきたと思われる。少なくとも1900年までに確立された習慣だった。 内藤慶助編『新教授法』黒田定治閲 東京、水野書店、1900年。https://t.co/SUS477ZPzn だが、たし算という語は戦時中まで厳しく非難された。藤野了祐曰、 https://t.co/ktDthT43Qd https://t.co/30UWOPahmH
RT @metameta007: @kankichi57301 @sekibunnteisuu 面積は「矩形の面積は底と高さとの積に等し」と長さ×長さで新しい量(面積)を定義する。2m×3m=6m^2は、m^2という量(単位は1m^2)を考えて、2×3の数値の式の乗数は不名数と…
RT @metameta007: @kankichi57301 @sekibunnteisuu 面積は「矩形の面積は底と高さとの積に等し」と長さ×長さで新しい量(面積)を定義する。2m×3m=6m^2は、m^2という量(単位は1m^2)を考えて、2×3の数値の式の乗数は不名数と…
RT @math_jin: 「主要国の科学アカデミーの組織と機能」 - J-Stage 2001 https://t.co/b6iy2wPUZu こちらに、各国の科学アカデミー機関の概要や「予算」がまとめられています。 #日本学術会議
RT @okisayaka: これは生々しい時代の証言。「日本学術会議は(中略)戦後間もない時期にGHQが日本の「軍国主義」を廃絶し「民主主義」を根付かせるためには、学者を組織し学界を日本社会の思想的バックボーン形成の中心に据えようとして、日本政府に作らせたものである」 htt…

1 1 0 0 OA 算術講義要略

薗村宗太郎講義『算術講義要略』第1巻 和歌山、平井五牸堂、1892年。https://t.co/GOBtNMB4Lk 32頁【第三十六款 乗法の符号は(×)にして両数の間に此符号を記し其左方数を右方数にて乗するを示す例へは25×8と記すときは25に8を乗するを示すが如し】 #超算数
RT @temmusu_n: #超算数 松岡文太郎、山田万太郎編『不名数及名数算術答解軌範: 応試及自修用』東京、共益商社、1894年。https://t.co/yRnVBLh1EZ 高等師範学校(当時は1886年に東京に設置されたものだけ)の入試問題に【乗法の定義を明に説け】…

1 1 0 0 OA 高科算術書

#超算数 比例と比例式については第2巻で論じている。 遠藤利貞編『高科算術書』第2 東京、文学社、1888年。https://t.co/hgPvjHKE0B 記述はあまり洗練されていない。

1 1 0 0 OA 高科算術書

#超算数 括弧については、演算の優先順位を制御する記号だという主張をしているようだ。 16頁【括号…皆其内部の数を惣計するを示せるもの也】https://t.co/GKCFc7DKVz 17頁に「等式の性質」めいた説明がある。 そして、 51-3頁 解括法を機械的に示す。https://t.co/mO8njw36AR https://t.co/jOR3dG2ov8

1 1 0 0 OA 高科算術書

#超算数 括弧については、演算の優先順位を制御する記号だという主張をしているようだ。 16頁【括号…皆其内部の数を惣計するを示せるもの也】https://t.co/GKCFc7DKVz 17頁に「等式の性質」めいた説明がある。 そして、 51-3頁 解括法を機械的に示す。https://t.co/mO8njw36AR https://t.co/jOR3dG2ov8

1 1 0 0 OA 高科算術書

#超算数 遠藤は洋算に基づいて算術教科書を執筆している。 遠藤利貞編『高科算術書』第1 東京、文学社、1886年。https://t.co/l7FEs7lRxj 法と実は和算の用語で被乗数と乗数を意味する。交換法則に言及して、法と実は任意に入れ替え可能と主張している。 https://t.co/Q3SGevZCpl

5 1 0 0 OA 小学教師必携

#超算数 田中義廉、諸葛信澄閲『師範學校小學教授法』東京、土方幸勝、1875年。https://t.co/YQl2eOKmPE 諸葛信澄『小学教師必携』補正版 東京、青山堂、1875年。https://t.co/slqJBfEQfx ここまで小倉のおすすめ。
#超算数 田中義廉、諸葛信澄閲『師範學校小學教授法』東京、土方幸勝、1875年。https://t.co/YQl2eOKmPE 諸葛信澄『小学教師必携』補正版 東京、青山堂、1875年。https://t.co/slqJBfEQfx ここまで小倉のおすすめ。
#超算数 小倉金之助の同名の論文とは異なり、これは百科事典風の記述。 安藤洋美「明治数学史の基礎工事」 『桃山学院大学人間科学』第19号 (2000年7月)、1-90ページ。https://t.co/oCwjcUIoyg 笠間藩士で後に幕臣になった小野友五郎の記述が面白かった。和算を研究し、幕府天文方出仕に。蘭学も学ぶ。
RT @takusansu: #超算数 「タイトル負けしている文献」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/1P4sdcTVgJ 以下の文献を見た雑感です。 算数作問の認知過程とその教育的効果に関する実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-197…

1 1 0 0 OA 新主義数学

#超算数 NDL電書に入っているのを忘れていた。 ベーレンドゼン、デー、エー・ゲッチング編『新主義数学』上下巻 森外三郎訳 東京、国定教科書共同販売所、1915,6年。 https://t.co/luyppRMhoP https://t.co/ifbF8GHF6q

1 1 0 0 OA 新主義数学

#超算数 NDL電書に入っているのを忘れていた。 ベーレンドゼン、デー、エー・ゲッチング編『新主義数学』上下巻 森外三郎訳 東京、国定教科書共同販売所、1915,6年。 https://t.co/luyppRMhoP https://t.co/ifbF8GHF6q

3 1 0 0 OA 鎌倉旧蹟地誌

川の両側にまたがる平野の意なのか。この地の領主のうち、俣野五郎景久というものが源平合戦で平家方について戦ったことが知られている。 https://t.co/cJGwd7mY87 https://t.co/Fda4gaASl4 俣野観音堂や遊行寺境内石碑以外にも、明治時代には俟野五郎景久宅蹟の記録がある https://t.co/Vp2RWPi6CA。
RT @uyum: 中島敦の「文字禍」に出てくるアッシリア関連の記述が何の本を典拠に書かれているのかを調べた論文。おもしろい。 https://t.co/lYqCOc6q35

1 0 0 0 OA 算術熟達法

#超算数 【極端なる】の上に線を引く書き込みも。暗記数学への苦言と苦言への反発は100年以上前からあることだ。ところでこの本自体、後半でかなり細々した公式を掲載しているhttps://t.co/XSSnMuvtjc。比の値を使った公式、歩合の公式など、余計に感じられるのは現代人の視点だけでもなさそうだが。

1 0 0 0 OA 算術熟達法

#超算数 ドイツ語方面の紹介を一休み的な。 東京数学研究会編『算術熟達法』東京、富田文陽堂、1916年。https://t.co/HXpQPhlmVI 8ページに「理学士根津氏の意見」がある(千治か)。【公式を非常に尊重して極端なる暗記は其人の推理力を弱めるものである。】という主張。【ソンナ筈ハナイ】と書き込み。

1 0 0 0 OA 教授法

3. Dittes, Friedrich. "Methodik der Volksschule." in _Schule der Pädagogik_. Leipzig und Wien: Julius Klinkhardt. 1878. pp. 471-752. https://t.co/vlBoVF2SVF 原題略。前世紀の和訳。 ヂッテス『教授法』熊谷五郎、河口隆太郎訳 東京、大日本図書、1902年。https://t.co/3DrEIWGg3q #超算数

2 0 0 0 OA 教授法沿革史

#超算数 ディースターヴェークとハルニシュの算数指導の原理を初期に紹介した大瀬・中谷 (1901)https://t.co/FAzG8nr1mXのネタ本は、 1. 独国ケール氏の纂輯せる「教授法歴史」 2. オステルマン、ヴェーケネル両氏共著の「教育学教科書」並に 3. 墺国ヂッテス氏の「国民学校教授法」 数字改行は引用者 https://t.co/MeTg3SfaLJ
RT @OokuboTact: @temmusu_n > #超算数  鈴木筆太郎さんを引用する人、戦前の算数教育界で見たことがないんですけど、 引用ではないのですが、名前が出てくる本を見つけました、 清水甚吾や山本孫一の名前も出てきます。 『明治大正教育教授物語』<算術教育…
@OokuboTact #超算数 立式にこだわる山本孫一の類例 清水甚吾『実験算術教授法精義』東京、目黒書店、1917年。https://t.co/SfOkBKmNWq 第10章「検答法」に「応用問題新教授の場合」という節(179,80頁)。 【思考径路即ち算式構成の方法及び算式の説明等】 【何で何を割る、何に何を掛ける等のテニヲハを誤るもの】 https://t.co/7L4JHO1Btg

19 0 0 0 OA ヨミカタ

RT @okjma: 文部省編『ヨミカタ 教師用 第一』昭和16 >「ヱ」は「エ」”e” 「ヲ」は「オ」”o”と発音させ ”we” “wo”と発音させるくせをつけてはならない。地方によって「ヱ」を「イェ」”ie”と発音するところがあり[…]、何れも注意して矯正すべきである。 h…
@OokuboTact @metameta007 #超算数 そういえば最近読んだ書評に 藤間真「安藤洋美『異説数学教育史』」https://t.co/vZkhaVOM6j というのがあります。これは藤沢利喜太郎以来の流れを重視する感じの記述だろうと思います。

2 0 0 0 OA 教授法沿革史

#超算数 大瀬、中谷(1901)は、算術に関しディースターヴェークを紹介する直前、ハルニシュに言及したhttps://t.co/e4x46usmCi。彼らはこの人をペスタロッツィの算術指導を改善した人としている。ディースターヴェークと同じ志向。彼らは同時代人でもあるhttps://t.co/UOXW467QVIお=false。
@takusansu @tomoak1n #超算数 私はこんなのを見つけました。 竹綱誠一郎他「児童の作文学力と算数文章題学力との関係」『人文』学習院大学人文科学研究所編 第10号 (2012年3月)、85-92ページ。https://t.co/061oHTmOmP 非合理な問題の作問、解答を含む算数の文章題能力は、作文能力に関係があるという研究です。対照群なし
#超算数 詳細は 白幡富夫「授業の規定要因と授業観察の視点: F.A.W.ディースターヴェークが提起した授業規則(原則)を手がかりとして(その一)」『東海女子大学紀要』第2巻 (1982年1月)、135-52ページ。https://t.co/OyIIk2gdp8 また、白幡氏の紀要論文の続編も。

2 0 0 0 OA 欧洲教育史

#超算数 ディースターヴェークのこの考えは、日本にも確実に入ってきている。大瀬(1907:125)は【生徒を根拠として定めたる教授の法則】より【(ロ) 教授は幼者の自然の発展階段に従ふべし。】https://t.co/CG2RZvs2BE。126ページに14歳前後で【理性も…理想構成の作用となりて発現す】とは抽象作用か? https://t.co/GPRgqzdd5V
小西重直「殉敎者ジエステルウェヒを叙し新ペスタロッチー主義に及ぶ」『教育思想の研究』小西重直 東京、広文堂、1923年、133-60ページ。https://t.co/YxXZ0qzyyt #超算数 人物伝。戦後にはディースターヴェーク研究会が東京教育大に設立されるが、戦前もそれなりに知られた教育家だったようだ。

2 0 0 0 OA 欧洲教育史

#超算数 同じ大瀬による一般編の紹介 大瀬甚太郎『続欧洲教育史』東京、成美堂、1907年。https://t.co/OBsrKqYXhK 発達段階とかいっているが、一生涯使う知識でなければ教えるべきではないといっている。 鈴木筆太郎は大瀬・中谷(1901)から算術の必須条件を引用。ちょっとだけ改変あり。

2 0 0 0 OA 教授法沿革史

#超算数 大瀬甚太郎、中谷延治『教授法沿革史』東京、育成会、1901年。https://t.co/PocnVxhGCH 言語科や算術科でディースターヴェークに言及。Wegweiserの算術編を引用していると思われる。これはディースターヴェーク本人の手になると思われる。第1版では確実にhttps://t.co/prwH4gjSMP。 https://t.co/8e0rJyXtHl
#超算数 ディースターヴェークのWegweiserの、日本における初期の紹介 ヂーステルウェッヒ、フリードリッヒ・アドルフ・ウィルヘルム『ヂーステルウェッヒ教育要義』立柄教俊訳 東京、三育舎、1899年。https://t.co/7hw5rzMc33 Wegweiserの一般編(第2版以降は第一巻)を抄訳したもの。

1 0 0 0 OA 教育大辞書

#超算数 あまり目くじらを立てるのもよくないと思うが、ちょっと面白いので紹介する。『教育大辞書』単位項https://t.co/2RBp9L6A5Hは、富永岩太郎執筆。富永によると3×5が5×3に等しいのは、【単位の方にて加へたるだけ、数の方にて減ずれば】こそだそうだ。じゃあ4×4が15にならないのはおかしいね。

1 0 0 0 OA 教育大辞書

#超算数 鈴木筆太郎が何度か参照したのはhttps://t.co/cRbZxYs7Gc、 ×教育大辞典 ではなく ◯ 教育大辞書(1908)だったhttps://t.co/32lYwwyQ7h。日本大百科辞書の一環として出版された。この後改訂版が出るが、鈴木(1911)が参照しえたのはこれだった。
#超算数 一方、クニリングについては、かなり関心を持って調べたようで、『真髄』以降に日本の教育学者がクニリングにもらった書簡を紹介している(195)。槙山栄次宛のクニリング書簡はこれhttps://t.co/8Mfq03b0BY。 槙山栄次『教育教授の新潮』東京、弘道館、1908年。 https://t.co/9nrm5N9Rq6
#超算数 宮本は、クニリング(1906)、Knilling (1897)は、彼が批判を受けて元の考えを修正した結果だとも。その意見は鈴木筆太郎に依拠。鈴木(1911:196,7)は修正後のクニリングさんの意見を【むしろ「直観的数へ主義」といは稍その実に近い名であらうと思ふのである】と評すhttps://t.co/F7ZSnQ7DDR。 https://t.co/du3fE1o3Tr
#超算数 その中に 宮本俊光「算数科授業実践を指向した第一期算術国定教科書に関する一考察」『東北数学教育学会年報』第42号 (2011年3月)、74-83ページ。https://t.co/bkKdGf3iV7 宮本俊光さんによれば、佐藤武(1938)「数へ方の指導」がクニリングに【直接的影響】を受けているらしい。
#超算数 部分的に再掲。143ページhttps://t.co/bthqeYaNtPでクニリングさんは【此の新式の書き方は、全く自然のまゝの話し方に基くものなること、…通常の口語の通りにこの数を読むこと】ができるといっている。原著は131ページhttps://t.co/ExXjzctUBO。 https://t.co/ysYPy0MUwH

3 0 0 0 OA 筆算微積入門

RT @LimgTW: @miyuki_MathT 7コマが分かりやすいかな。 https://t.co/GtTOrF4IT4 多項式の微積分を考えるとき、 係数×変数の順に書くから a x の順。 その微分はやはり a dx の順。a が微分係数。 その積分は自ずと∫a d…

3 0 0 0 OA 筆算微積入門

RT @LimgTW: @miyuki_MathT あーと、歴史的というのは具体的に、 微分は dy = f'(x) dx を指し、 dy と dx が微小量で、f'(x) は微分係数。 f'(x) dx ってのは係数×量の順。 https://t.co/2Zkdjvo4wq
#超算数 142ページは、交換法則は具体的状況に適用されないと例示。143ページにかけて、現代算数教育界のいう包含除と等分除にあたる概念について述べるhttps://t.co/uFpRjbnwq3。放蕩区別を主張した学者として【師範学校派】の人々が名指しされているのが面白い。クニリングは彼らを支持。 https://t.co/0v7NvlXT1G
#超算数 クニリングはまた、数式と自然言語の乖離を問題視し、自然言語たるドイツ語に寄せた数式を考案したhttps://t.co/cUQ99N0pge (140)。三乗根を³√125と表すように副数を小さな文字で表すことに、想を得たとあるとおり、彼の思弁のなかにも必然性がある。 https://t.co/cfavDNno3g
#超算数 名数には、六歌仙、五十三次などの例があるが、クニリングはこれを【論理的雑多】と呼び、次のような例を挙げるhttps://t.co/GSOgdowtuC。三種の文房具(ペン、インク、消し砂)、二種の飲料(牛乳、ビール)、4教科(読み、書き、絵、計算)、五感、7つの章、十戒。7つの章の意味は分からなかった。 https://t.co/e7IM54sQWY
#超算数 主数の分類よりも、主数でないものの分類の方がはるかに今日の算数教育界に問題点には関与的。則ち、副数は【順序数】、名数 (算数教育以外の日本語の意味での)【運算数】https://t.co/lgDrhpAJka (51-4ページ)。クニリングによれば順序数は【物の多】を表さないので本来の数ではないのだ。 https://t.co/BbV1pIOZ4F
#超算数 クニリング(= クニルリング)について調べている理由。 根本力雄「数概念の発達とその導き方について」『保育論叢』第6巻 立正女子大学短期大学部児童科編 1971年12月、30-46ページ。https://t.co/8dFqmurhlO で根本力雄が下手な引用者だと分かったため。【書写真】? 出典ページも誤る https://t.co/LscIPPksnY
#超算数|の古いの。 クニルリング、ルドルフ『算術教授法真髄: 数へ主義』上巻 佐々木吉三郎訳解説 東京、同文館、1906年。https://t.co/lgDrhpAJka 主数と副数という枠組み。#掛算 も関係あるようだ。数え主義とは藤沢利喜太郎が国定算術教科書の原則として取り入れた考え方。できるだけ直観を排す。
#超算数 TaKuさんはこれ読んでる。 岸本忠之「算数科教科書における小数の乗法の歴史的変遷: 『黒表紙教科書』から『算数』までを分析対象として」『富山大学人間発達科学部紀要』第13巻第1号 (2018年10月)、15-25ページ。https://t.co/IdvyComUq1 乗法の意味指導は中村兎茂吉の第3期からと述べるが、
#超算数 北大生が卒業論文の一部を紀要向けに書き直した。 須永辰美「黒表紙教科書の内容構成の原理」『教授学の探究』第6号 (1988年3月)、17-54ページ。https://t.co/1N55TZpKk7 21ページ「乗法」「除法」。24ページ「分数」、ここで乗除を機械的に定義。注47の真意は何か。https://t.co/m2ODBys2s8 https://t.co/guPnBFXba2
#超算数 北大生が卒業論文の一部を紀要向けに書き直した。 須永辰美「黒表紙教科書の内容構成の原理」『教授学の探究』第6号 (1988年3月)、17-54ページ。https://t.co/1N55TZpKk7 21ページ「乗法」「除法」。24ページ「分数」、ここで乗除を機械的に定義。注47の真意は何か。https://t.co/m2ODBys2s8 https://t.co/guPnBFXba2
#超算数 さて、 河野麻沙美「算数授業における図が媒介した知識構築過程の分析: 『立ち戻り』過程に支えられた子どもたち同士の足場がけに注目して」『質的心理学研究』第6巻第1号 (2007年)、25-40ページ。https://t.co/3sAYEB14Ks である。子供たちが考えだした図を画像で引用(29ページ)。 https://t.co/5BZOIYMLIs
#超算数 1.2倍と言いなさい、1.2個はダメという指導の起源はどの時代かという話。1914年以降であることは確かそうだ。 話は前後するが、中条(1889:39,40)https://t.co/Zjsnl1tAkDは、名数の概念を導入し、名数は乗数にならないことを規定している。その後で注をつけて複雑な体系を作っている。 https://t.co/BIodu3qINi
#超算数 今の理科大の同窓会が与えた解は、 【或数に他の数を乗ずるときは1より倍加及び等分によりて乗数を作ると同様に被乗数を以て或他の数を作ることなり。】というもの。 東京物理学校同窓会編『文部省教員検定試験数学科問題解義集 』東京、東京物理学校同窓会、1914年。https://t.co/SAwPuyqjju
#超算数 中条は数理社を設立、本格的数学雑誌『数理会堂』を発行するように。 中条澄清『算数学原理正解』巻之1 東京、数理社、1889年。https://t.co/2eJa5fbN3b この頃までに中条の掛け算の定義、用語は完全に洋算のそれになる。×記号の左が被乗数。実数法数は乗数被乗数に置き換えられた。 https://t.co/HfLkmiHuEe

1 0 0 0 OA 算学教授書

#超算数 ロビンソンとデイヴィーズを合わせて抄訳したものに中条澄清の『比例新法』がある。その2年後、 中条澄清訳述『算学教授書』巻之1 大阪、中川藤四郎、1876年。https://t.co/E00Jz4aHMC を著した。これも書目は不明だが複数の算術書の抄訳らしい。少なくとも掛け算については和算の影が濃い。 https://t.co/IaoFgamHiS

3 0 0 0 OA 算術教育汎論

#超算数 ここに書いてあったのだ! 新宮恒次郎(1934:161)【之は珠算を認めず全然洋算から入った海軍としては当然である。】https://t.co/bCn7MJ3h1O https://t.co/pd8KLTq3fl

1 0 0 0 OA 数学教授書

#超算数 おまけ。海軍でも発足間もない頃、総九九を採用していた。これは海軍が算盤ではなく筆算を徹底したことと関係あると読んだことがある。 長田清蔵編『数学教授書』巻1 東京、海軍兵学校、1877年。https://t.co/jtndS0ohTj 表に乗数被乗数の記載はないので、乗数被乗数の順序は不明(25r)。 https://t.co/aBlalCvMsZ

1 0 0 0 OA 筆算摘要

#超算数 日本語で総九九紹介はかなり早い。 ロビンソン [魯賓遜]『筆算摘要』巻1 神津道太郎訳 東京、東京書林、1875年。https://t.co/9U12yFDfCJ 20rページの総九九の表は、横が実数(被乗数)で、縦が法数(乗数)だ。【同法に関て?「ニホヘ」のしるしある数は即ち四、六、二十四にして…】と乗数先唱。 https://t.co/f9quUSBsP8
RT @takusansu: #超算数 「授業「算数教材研究」における一つの試み の雑感」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/hAP8KQoxQf 以下の文献を見た雑感です。 授業「算数教材研究」における一つの試み 〔付〕 大学生の量認識 新海 寛…

1 0 0 0 OA 漢風と国風

目加田さくを「漢風と国風: 好色(すき)の否定と肯定」『中古文学』第21 巻 (1978年)、1-11ページ。https://t.co/has33J4rAz 貧窮問答歌や梅花歌三十二首并序にも言及あり。三善清行も。好色否定を漢風または儒教風とすると早とちりだろうが、恋が官製文学集に取り上げられるのは日本文学の特徴かも。
RT @takusansu: #超算数 「算数科教育学の教育内容と方法に関する一考察 の雑感」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/x7U5fhy1um 以下の文献を見た雑感です。 算数科教育学の教育内容と方法に関する一考察 学生の認識の観点より 新…
RT @takusansu: #超算数 纏める気力がないので、文献の紹介だけしておきます。 算数授業における図が媒介した知識構築過程の分析 「立ち戻り」過程に支えられた子どもたち同士の足場がけに注目して 発行日:2007年 公開日:2020/07/06 https://t.c…

2 0 0 0 OA 教授法提要

@kazuhiro_art @genkuroki @coJJyMAN #超算数 同じ年、お隣の神奈川県では【7人にて35人を除す】という言い方を許容しない師範学校の先生がいました(140頁)。当時の算術(今の算数教育界も?)は、表記の正確さを残忍なまでに追求する傾向があったようです。 中沢忠太郎『教授法提要』東京、文学社、1900年。https://t.co/oFWp2o6eCx https://t.co/n5uahv53E6

8 1 0 0 OA 新教授法

@kazuhiro_art @genkuroki @coJJyMAN #超算数 は #義務教育の敗北 ではなく、#師範学校の勝利 じゃないかと思います。 内藤慶助編『新教授法』黒田定治閲 東京、水野書店、1900年。https://t.co/SUS477ZPzn 内藤と黒田は東京高師の先生。127ページで算術記号に今と同じ書き順を指定しています。 https://t.co/ArpMGMQoob

2 0 0 0 OA 西算新書

#超算数 水野訳は36面(でいいのか? 左右異なる紙が一つの面を構成する)https://t.co/BeVE1vOnTZ、Davies (1873)は47,8頁でhttps://t.co/PTEIFKQ8S9で乗数またはfactorに因数と素数との二つの意味を暗黙に与え混乱を来している。composite numberの前に素数を定義しなかったためだ。 https://t.co/3zP2N9ULBx

2 0 0 0 OA 西算新書

#超算数 忘れそうなので、行論を中断することになるがメモ。デイさんのことはNDL電書にある 第維『西算新書』巻1 水野行敏訳 東京、成允堂、1875年。https://t.co/cOdDpRQuLW を読んで知りました。国会図書館の人たちが第維(Diwei)をデイと誤ってくれた、まさにくれた、おかげ。本当はDaviesがネタ本。 https://t.co/NqiTz8cQjZ
RT @genkuroki: @temmusu_n #超算数 数直線図への評価を https://t.co/x4NyAVKvwQ から添付画像に引用。 【算数教科書で扱われている説明にも関わらず,2本の数直線図をかかない生徒が大多数であることから,指導者が有効なツールであ…

2 0 0 0 OA 初等近世算術

#超算数 これも怪しいかけ算記号の説明。 上野清編『初等近世算術』訂7版 東京、吉川半七、1896年。https://t.co/cvFvUfDi7t 12頁に【乗号× (In to) を壱数の前におくときは其前にある数に其数を乗ずることを示す、例へば5×3は5に3を乗ずることにして…】と、×の前の数は被乗数、後は乗数と定める。 https://t.co/leOe3qB7zt
#超算数 センセー掛順間違ってますよ編 那須理太郎編『理論応用新式算術』訂3版 東京、目黒甚七等、1893年。https://t.co/DUdY1ZivyW 50頁。一日に8里走る飛脚甲と一日に7里走る乙が同時に反対方向に出発したら26日後の互いの距離はという問題に【26×8+26×7=390】という式で解答。名数を文字で論証。 https://t.co/aGw2HbPDRr
#超算数 香川県の小学校尋常本科准教員の検定試験のうち、1897年(明治30年)前期のものに名数とかけ算わり算の関係を問う出題あり。 多田志津雄編『香川県小学校教員検定試験問題集』高松、亀友堂、1898年。https://t.co/nnFm9AvdOE 186頁【乗法及除法に於て法数は名数なることありや】 法数=乗数or除数 https://t.co/Z0EPblfQNx
#超算数 松岡文太郎、山田万太郎編『不名数及名数算術答解軌範: 応試及自修用』東京、共益商社、1894年。https://t.co/yRnVBLh1EZ 高等師範学校(当時は1886年に東京に設置されたものだけ)の入試問題に【乗法の定義を明に説け】というのが出題された。編集者らが粗雑な回答をつけて出版した。 https://t.co/oyxlSvln43
RT @temmusu_n: @OokuboTact #掛算 #超算数 忘れないうちに。算数数学の好悪と得意不得意の自己評価に相関があることを主張する論文。今井敏博「小学校教員免許取得希望学生の算数・数学の好き・嫌いと成績に関する意識について: 和歌山大学教育学部学生を対象とし…

3 0 0 0 OA 学校試験法

#超算数 松本卯之助『学校試験法』東京、金港堂、1892年。https://t.co/AiDzygquq3 160,1頁【而して答へを算出するには計算により式を立つるには思考力によるものにて…世//人は日常計算を三分一とし思考力錬磨を三分二と定むるのなり然れども此は是れ学校により生徒により問題により其の価値の比を https://t.co/zXoMiqcDt3

3 0 0 0 OA 簡易中等算術

#超算数 ついでにこの本、かけ算の表記法もかなり粗雑に定義している。 21頁【36. 乗法の符号。乗法の符号は×にして、に乗ずる又はに掛けると読み、之を被乗数の右、乗数の左に記す。】https://t.co/nDyeanKlMU

3 0 0 0 OA 簡易中等算術

#超算数 帝国通信講習会編『簡易中等算術』東京、金港堂、1898年。https://t.co/vvaBvPjtgo
#超算数 同じ研究者の別の論文 坂本美紀「小学生における割合文章題の問題表象: 子どもたちは問題をどのように図示するか」『愛知教育大学教育実践総合センター紀要』 第2巻 (1999年3月)、47-54ページ。https://t.co/RZCeXDV6S4 子供に割合の文章題を図示させたが、くもわは言及されていない。 https://t.co/8m28DYH9BE
RT @takusansu: #超算数 「小数の乗法の学習水準に関する研究 の雑感」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/9BQ8VwFcbE 以下の文献を見た雑感です。 小数の乗法の学習水準に関する研究 岸本 忠之 1999年06月10日 筑波大学…
#超算数 参考情報 坂本美紀『算数の文章題解決に関する認知心理学的研究: 解決過程・関連する知識・教育的介入の観点から』博士論文 京都大学、1997年。https://t.co/drxnIYbpp5 石田、子安 (1988)や麻柄など、参考文献でみて読んだものがあるので、紹介。
@tsubu_02 @OokuboTact @sekibunnteisuu 王暁曦「児童の加法的可換性の理解に関する文献展望」『早稲田大学大学院教育学研究科紀要 別冊』第18巻第2号 (2011年3月)、111-20ページ。https://t.co/MxobtHYyjU が、単項演算の方が易しいという考えを否定する観察結果から出た新たな理論を概説。むしろ合併(二項演算)の方が速く発達。#超算数
#超算数 大久保さん情報 四方實一「函數觀念」『新教科書に立脚せる算術学習の心理と其取扱』武政太郎編 東京、モナス、1939年、43-79ページ。https://t.co/1EhJN4Gc7R 四方氏は戦後も算数教育界の権威者として活躍。この一編は函数といいつつ児童の心理を解説。いろいろ面倒な内容だ。 https://t.co/idvKXqn828
#超算数 既報の 石田淳一、子安増生「小学校低学年の算数文章題における計算の意味理解の研究: 演算決定および式のよみに焦点をあてて」『科学教育研究』第12巻第1号 (1988年)、14-21ページ。https://t.co/76tQXU75Hv 1,2年生の正解率は 増加 = 合併 = 求残 = 求小 > 求差 = 求部分 > 求大 > 増加 (逆)
#超算数 進藤方徳 「かけ算の導入場面における実践的指導の考察: 数える活動に焦点を当てて」『山形大学大学院教育実践研究科年報』第7号 (2016年2月)、88-95ページ。https://t.co/IVms8HaI4K 進藤先生がかけ算の授業5時間目で子供に【2×5の図】を描かせると、1/3程度が[●●]×[●●●●●]と描いた。 https://t.co/OgoMqWCSMJ
RT @temmusu_n: #超算数 そして336頁https://t.co/WcQ0cFM0fOには「立式上の条件」が提示され、【其の他の要件として、第一に、問題に表はれてゐない数を無条件で使用してはならぬものとして指導すること。・・進むにつれて必要に応じて、不十進諸等数、…
RT @temmusu_n: #超算数 同じく332頁からの「立式指導に就て」https://t.co/kjcULyR4R8。和田義信が1951年指導要領の特色として自分の考えを人に説明できるようにすることを目標として掲げたと説明していたが、同じような考えがすでに戦前の山本孫一…
#超算数 これも大久保さん情報のメモhttps://t.co/t7va7nlLo2 学習指導大系刊行会編『尋常小学算術科指導書』上巻 東京、帝国地方行政学会、1927年。https://t.co/ewREaMnInf 59頁に【8人×4…を4×8人でもよい訳だといふので、斯様な立式をしたりしては式の意味をなさない。 】と述べる。 https://t.co/4fA5eS7j27
@OokuboTact #超算数 おまけ。ここでスレッド分岐だな。『算術教授法に関する新研究 』の巻末には宝文館の刊行書の宣伝があるhttps://t.co/FNPA0j4oQa。そこで長沢亀之助が『算術辞典』なるものを出していることを知った。残念ながらNDL電書で一般公開なのはその『見出』だけだったhttps://t.co/0s9KEgO4Nq。
@OokuboTact #超算数 おまけ。ここでスレッド分岐だな。『算術教授法に関する新研究 』の巻末には宝文館の刊行書の宣伝があるhttps://t.co/FNPA0j4oQa。そこで長沢亀之助が『算術辞典』なるものを出していることを知った。残念ながらNDL電書で一般公開なのはその『見出』だけだったhttps://t.co/0s9KEgO4Nq。
@OokuboTact #超算数 鈴木筆太郎(1927: 302,3)https://t.co/6szXlaQX88が自身と前著(1911)について述べている。即ち、鈴木は【中等教育をすら受けてゐない】。これは最終学歴が高等小学校ということだろうか? また、前著が4人の著名な教育者から推奨を受けたことも記す。沢柳政太郎、小西重直、林鶴一だろうか。 https://t.co/R1w1vAajSC
@OokuboTact #超算数 それは諸等数指導の箇所、449頁でhttps://t.co/iezWHPeXB0、【 全く運算上の便宜…から出たものではあらうけれども、それでは、平生八ヶ間しく言つて教へて居る所の「乗数は必ず不名数である」…ということを、事実上破壊することになりはせぬであらうか。 】という表現です。 https://t.co/JXejvYiAMV
@OokuboTact #超算数 大久保さんが教えてくれた 鈴木筆太郎『算術教授法に関する新研究』東京、宝文館、1911年。https://t.co/W8bqplKXPQ は、22頁の【 (5) 乗数、被乗数の叙列を転倒するもの多し。   イ、5ケ×42=420ケとすべきを42×5ケ=210ケとする類。 】以外にも掛順を歴史的に理解する手がかりがあります。 https://t.co/SYMXJcHVnm
RT @OokuboTact: @temmusu_n > 鈴木筆太郎さんの諸等数指導。ただし服部は鈴木のどの著書を見たのか明らかにしていないです。 これですね https://t.co/Io7jKjsZPI
RT @OokuboTact: @temmusu_n 鈴木筆太郎にはもう1冊ありますね。 『算術教授法に関する新研究』 明治44年(1911年) > 乗数、被乗数の叙列を転倒するのも多し。 イ、 5個×42=210個とすべきを42×5個=210個とする類。 https://t…

お気に入り一覧(最新100件)

どうもそのよう。 要旨からツッコミどころ満載だが、正直ではある。 https://t.co/e9si57710Y 【国際的にはこれが方程式の表記法に反映されない理由は、今のところ分からない。】とあるが、等式の左右に意味があると勘違いするのは日本の教育だけかもしれん。 https://t.co/EaDAamnnlJ
全米アカデミーは約8割が連邦政府機関からの支出(1億6000万ドル)。 英王立協会は55%(2587万ポンド)が国費。 https://t.co/vakjGdwrDN 割合の差こそあれ、ほぼ全てのアカデミーが政府から支援を受けている。 https://t.co/AHLEU4t43K https://t.co/7gRMdqcRKL https://t.co/EcEnd2HfCl
「主要国の科学アカデミーの組織と機能」 - J-Stage 2001 https://t.co/b6iy2wPUZu こちらに、各国の科学アカデミー機関の概要や「予算」がまとめられています。 #日本学術会議
@kankichi57301 @sekibunnteisuu 面積は「矩形の面積は底と高さとの積に等し」と長さ×長さで新しい量(面積)を定義する。2m×3m=6m^2は、m^2という量(単位は1m^2)を考えて、2×3の数値の式の乗数は不名数という理屈なのだろう。 高木貞治『師範教育:算術及代数』https://t.co/idaxMuYBgz 『平面幾何』https://t.co/uHGCFAMeRB
@kankichi57301 @sekibunnteisuu 面積は「矩形の面積は底と高さとの積に等し」と長さ×長さで新しい量(面積)を定義する。2m×3m=6m^2は、m^2という量(単位は1m^2)を考えて、2×3の数値の式の乗数は不名数という理屈なのだろう。 高木貞治『師範教育:算術及代数』https://t.co/idaxMuYBgz 『平面幾何』https://t.co/uHGCFAMeRB
これは生々しい時代の証言。「日本学術会議は(中略)戦後間もない時期にGHQが日本の「軍国主義」を廃絶し「民主主義」を根付かせるためには、学者を組織し学界を日本社会の思想的バックボーン形成の中心に据えようとして、日本政府に作らせたものである」 https://t.co/zJM4zuVWF3
中島敦の「文字禍」に出てくるアッシリア関連の記述が何の本を典拠に書かれているのかを調べた論文。おもしろい。 https://t.co/lYqCOc6q35
#超算数 「タイトル負けしている文献」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/1P4sdcTVgJ 以下の文献を見た雑感です。 算数作問の認知過程とその教育的効果に関する実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-19730536) 金田 茂裕 https://t.co/c8ks85DbYt
@temmusu_n > #超算数  鈴木筆太郎さんを引用する人、戦前の算数教育界で見たことがないんですけど、 引用ではないのですが、名前が出てくる本を見つけました、 清水甚吾や山本孫一の名前も出てきます。 『明治大正教育教授物語』<算術教育 55頁〜76頁> https://t.co/eDmtAgO4ZU
@temmusu_n 岡野勉の論文の127頁〜132頁に、片桐重男の戦前の算数教育研究を検証しています。 https://t.co/vDdBtJAZdx

19 0 0 0 OA ヨミカタ

文部省編『ヨミカタ 教師用 第一』昭和16 >「ヱ」は「エ」”e” 「ヲ」は「オ」”o”と発音させ ”we” “wo”と発音させるくせをつけてはならない。地方によって「ヱ」を「イェ」”ie”と発音するところがあり[…]、何れも注意して矯正すべきである。 https://t.co/vHuQOuUfU6

3 0 0 0 OA 筆算微積入門

@miyuki_MathT 7コマが分かりやすいかな。 https://t.co/GtTOrF4IT4 多項式の微積分を考えるとき、 係数×変数の順に書くから a x の順。 その微分はやはり a dx の順。a が微分係数。 その積分は自ずと∫a dx の順。変える必要性が無い。

3 0 0 0 OA 筆算微積入門

@miyuki_MathT あーと、歴史的というのは具体的に、 微分は dy = f'(x) dx を指し、 dy と dx が微小量で、f'(x) は微分係数。 f'(x) dx ってのは係数×量の順。 https://t.co/2Zkdjvo4wq
#超算数 「授業「算数教材研究」における一つの試み の雑感」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/hAP8KQoxQf 以下の文献を見た雑感です。 授業「算数教材研究」における一つの試み 〔付〕 大学生の量認識 新海 寛 発行日:1980年 公開日:2020年08月14日 https://t.co/H1KrkqBL0V https://t.co/fzhXdakFun

8 1 0 0 OA 新教授法

#超算数 +, -, ×, ÷ の書き順教育が1900年まで遡れた! 天むすさん、いつも、本当にすごいな。 内藤慶助編『新教授法』黒田定治閲 東京、水野書店、1900年 https://t.co/bAxHkHLN04 https://t.co/rkciboJVQ8 https://t.co/t0tsM3i8Jr
#超算数 「算数科教育学の教育内容と方法に関する一考察 の雑感」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/x7U5fhy1um 以下の文献を見た雑感です。 算数科教育学の教育内容と方法に関する一考察 学生の認識の観点より 新海 寛 発行日:1994年 数学教育学会研究紀要 https://t.co/9MypbSnvBD
#超算数 纏める気力がないので、文献の紹介だけしておきます。 算数授業における図が媒介した知識構築過程の分析 「立ち戻り」過程に支えられた子どもたち同士の足場がけに注目して 発行日:2007年 公開日:2020/07/06 https://t.co/wKpk1hUpBs
@temmusu_n 科研費 https://t.co/MYJLdYvvno で「分数の乗除の指導の変遷」が調べられているようです。
#超算数 「小数の乗法の学習水準に関する研究 の雑感」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/9BQ8VwFcbE 以下の文献を見た雑感です。 小数の乗法の学習水準に関する研究 岸本 忠之 1999年06月10日 筑波大学大学院教育学研究科 科学教育研究/23巻(1999)2号 https://t.co/2UkbrRaFMx
@temmusu_n @sekibunnteisuu #超算数 #算数教育の歴史 参考 以前ツイッターで話題になっていた後藤学氏の論考。 どういう人物が算数教育に影響を与えたかを知る上でとても勉強になる! https://t.co/uRJKkwlvq7
@takusansu @temmusu_n #超算数  #算数の歴史 大正4年(1915年)の割り算の2種類の意味について 川上滝男『国定算術教科書の活用』 https://t.co/izUnNqPS57 https://t.co/ExbnwNSpMR
@temmusu_n > 検証の手段は、名数なしの式で > 3×◻︎=12 を包含除 > ◻︎×3=12 を等分除 > と無前提に呼んでいるかどうか?とか。 これはどうでしょう? https://t.co/GIrpBsbO4S 富永岩太郎『算術教授法精義』 明治36年(1903年) #超算数 https://t.co/RGc0QNlEqF
@temmusu_n 鈴木筆太郎にはもう1冊ありますね。 『算術教授法に関する新研究』 明治44年(1911年) > 乗数、被乗数の叙列を転倒するのも多し。 イ、 5個×42=210個とすべきを42×5個=210個とする類。 https://t.co/feCerQv5Rr https://t.co/2TPWdd8VTl

3 0 0 0 OA 尋常小学算術

@temmusu_n @takusansu @sekibunnteisuu @miyuki_MathT > 中島健三によると戦前図形を初めて小学生に教えた緑表紙でも包摂関係は教えない方針だったそうです。 参考 『尋常小学算術. 第4学年 教師用 下』 昭和13年(1938年) https://t.co/2icqm4jcaF #超算数 https://t.co/uVgeGZORci
@temmusu_n @sekibunnteisuu @miyuki_MathT 昔の図形指導が分かり難かったであろうとうかがい知れる文献もありました。 https://t.co/EDCffuCyTE 教授過程の実験的研究 アルゴリズムの教授を中心に 駒林 邦男 1963年 教育学研究 https://t.co/yKFWV79apj
あ、SARS発見者と言うのはSARS-Covを病原体として特定したという意味です。今回の新型コロナウイルスでも、ドロステン氏のグループがいち早くPCR検査のプロトコル開発に関わっていました https://t.co/Ph9lhBV7A5 ポッドキャストを日本語に訳し公開してる方もいます https://t.co/uPSy84mA7Y https://t.co/kWs0QWFUug
同じ著者の研究で、大正期東京の伝統的システムを利用した屎尿処理が一定の成果をもたらしたことを示し、イギリス型の大規模インフラ整備だけが公衆衛生状況改善成功の「唯一の」モデルではないことを示したのが永島(2011)だったかと思います。 https://t.co/SXIi6U7Gte
むしろこうした研究こそが、貧困・差別と疾病を過度に関連付けてきたのではないのかという反省があります。それを認識させた研究の一例が大正期東京の上下水道問題と腸チフス流行を論じた永島剛(2005)ではないかと。 https://t.co/jhXXQz9axK
この機会に、石原修『衛生学上ヨリ見タル女工の現況』1914(T3)をぜひ。今風に言えば、結核のSuper Spreading Environmentとしての紡績工場、製糸工場、帰された先の農村などを調査したもの。この調査は工場法の施行に大きな意味を持つことになりました。国会図書館で読めます。https://t.co/4plB0J9Jun https://t.co/UiSM5owLGJ

5 0 0 0 OA 医用器械図譜

日本におけるマスク 1886(明治19)年 白井松之助編『医用器械図譜』107–108頁 ジェフレー氏濾氣器(濾気器)(レスピラートル)、小濾氣器 https://t.co/2Iy3bO94nL https://t.co/9WhqHwDJSw

6 0 0 0 OA 医療器械図譜

日本におけるマスク 1878(明治11)年 松本市左衛門編『医療器械図譜』95–96頁 英式三層護息器、鼻口護息器、ヱフライ氏ノ護息器 https://t.co/45zbks0uxX https://t.co/VDs3uONNBj

7 0 0 0 OA 医術用図書

日本におけるマスク 1877(明治10)年 石代十兵衛編『医術用図書』23頁 https://t.co/sZTiV5IICG https://t.co/xDOzRM6oCS
サイゴクは明治にあるとは言っても、「西国立志編」の頃は、サイコクが規範なので、サイコクリッシヘンと読んで(読み仮名をつけて)欲しいものです。 https://t.co/vkZj7FvxNS 明治21年の銀花堂版の絵入りの表紙には、Saikoku とローマ字書きがしてあります。国会デジコレでは分かりにくいですが。 https://t.co/9sZ0rJjkkS
心的回転の神経回路モデル  https://t.co/QbDm9MPD2t 視点変換・心的回転に関わる脳内基盤の検討:fMRI研究 https://t.co/4vMjWZHUMC 定型・非定型発達児を対象とした他者視点取得に関する 神経基盤の解明 https://t.co/WLgH7Dr69i 特に最後の論文が今回のテーマに直結しますね。
心的回転の神経回路モデル  https://t.co/QbDm9MPD2t 視点変換・心的回転に関わる脳内基盤の検討:fMRI研究 https://t.co/4vMjWZHUMC 定型・非定型発達児を対象とした他者視点取得に関する 神経基盤の解明 https://t.co/WLgH7Dr69i 特に最後の論文が今回のテーマに直結しますね。

18 0 0 0 OA 箋注倭名類聚抄

@JUMANJIKYO 狩谷棭斎の箋注倭名類聚抄の「浴斛」「由布禰」で「尼證摂状云2湯舩1即是」と言っているのが《東南院文書3-41ー101》ですね。平安遺文「尼證摂施入状」 https://t.co/EsteSXuGkT
逆に今これらの先生を含む先生方が切り開いて継承されてきた「ユーラシア史」の流れを、どう「中国史」と接続するのか、という点も問われてきてますね>たしか岡本先生がこれ(だったと思う、今手元にない)でもいってる https://t.co/fBbfwBatrm あと中国の新清史批判もこの文脈といえるかなと
数えたことがないので正確にはわからないけど、根無一力さんの論文「外小破と立量: とくに「成唯識論述記」を中心として」https://t.co/S5H6UlBksb によれば、『成唯識論』巻一・二にある通称「外小破段」の中だけで論証式が「三〇〇ほどある」らしい。
#掛算 #超算数 1つ上のツイートで引用した「論文」は現在では https://t.co/OspOAd1pJ6 で読めます。
アフガニスタン庶民文化としての詩歌謡については,以下の論文に詳しい。 鈴木道子(1980)「アフガニスタンの歌謡」『オリエント』23(1): 127-144. https://t.co/mJmqcoJfYB だが生きた文化の本質を捉えここまで平明な「詩的言語」で語る中村哲医師の慧眼には唸るしかない。 https://t.co/FzK4DVI1DI
いろいろ見ましたが、ネットで見れて胥吏というものがどうであるかという点については下記三論文が古いですがよさそうです。 ていうか私もこれから読む。 https://t.co/eZ1E49hVjE https://t.co/60p4spVgL9 https://t.co/hxPVi9eZIt
いろいろ見ましたが、ネットで見れて胥吏というものがどうであるかという点については下記三論文が古いですがよさそうです。 ていうか私もこれから読む。 https://t.co/eZ1E49hVjE https://t.co/60p4spVgL9 https://t.co/hxPVi9eZIt
いろいろ見ましたが、ネットで見れて胥吏というものがどうであるかという点については下記三論文が古いですがよさそうです。 ていうか私もこれから読む。 https://t.co/eZ1E49hVjE https://t.co/60p4spVgL9 https://t.co/hxPVi9eZIt
何でそういうことするの(ガンギレ つっても私も現場での害とかそういう方面は全く……古典的な宮崎先生の「清代の胥吏と幕友」くらいしか投げられませんけど https://t.co/A6qGaUM5a5 っていいながら胥吏でcinii見たら面白そうなのいっぱい出てきましたね、ツリーで投げます https://t.co/DLS4vntB37
#超算数 案の定「はした」という用語の児童への定着が悪いという調査結果があります。添付画像は https://t.co/mmeQ91Opgf より。小4で半分くらいしか「はした」の意味を理解していない。半分が理解できない用語で算数を教えようとするのは不思議。(ひどい話) https://t.co/t2qPnSyiD8 https://t.co/j2RLwOZ8Co
#超算数 添付画像は https://t.co/mmeQ91Opgf 小学校低学年児童の算数語彙力の調査研究 志水廣 より。その調査結果によれば「4この2つぶん」の意味を理解している小学3年生は18.1%しかいない! 算数教育界は子供が理解できない言い回しで掛算を導入するやり方を導入普及させてしまったわけです。 https://t.co/dZFYNDXitM
#超算数 読むのが苦痛になるほど酷い論文 https://t.co/1xBfSv9MbQ >おばけ6体の足の数を問う問題 唐傘お化けは1本足。足がないのは幽霊だろうが! #そこじゃない
関東大震災時の朝鮮人虐殺と地域における追悼・調査の活動と現状 https://t.co/m81SCoFYta
大学入試における共通テストの複数回実施は実現可能か : 日本のテスト文化やこれまで見送られてきた理由などからの検討 https://t.co/hL3sNFDDqQ
日本人は世界宗教の波を全て祖霊崇拝に回収し、下階層に組み込んでやり過ごしてきた結果、他の先進国では通じるはずの普遍的価値を実際には共有していない。 日本人は実質的に極めて強固な唯一神教性を保持しているというこちらの指摘は興味深い↓ https://t.co/rOVLp9Ltkb
@totogasuki >明治26年の三陸大海嘯に際し,御真影を「奉遷」しようとして殉職した岩手県訓導栃内泰吉(中略)など,1937(昭和12)年までに御真影の「奉護」のために殉職した教職員は18名に上った。 https://t.co/1f7ATkVnuq まあ浮かばれませんよな。
#超算数 「算数の学び直しは、分かった気にさせるだけ?」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/h2xRhGdvBY 以下の文献を見た雑感です。 「算数の発見」学び直し(特別企画 行田稔彦教授退職記念) https://t.co/0AvPR0Hzhl
#超算数 「調査結果を冷静に分析しようとしない算数教育界w」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/NN6GXsjLPu 以下の文献を見た雑感です。 分数の乗法における意味の拡張に関する実践的研究 全国数学教育学会誌 https://t.co/7saAhaYrWQ https://t.co/j9GBL5pwAY
アラム文字からのユーラシア諸言語文字派生の経緯については, https://t.co/JsuDpyQgpR が図式以上の具体的説得的解説をしている。特にアラビア文字(文字連結の特性がナバタイ文字草書体に由来するという説など)。 著者ナヴェーはバクトリア出土アラム語文書を研究した人。 https://t.co/lck8qHGGsU
@kale_aojiru #超算数 https://t.co/u2oN0KTWIq での熊倉氏によれば 「かけ算記号が省略された部分については,優先 して計算を行う」 という暗黙のルールがあるらしいのですが、現実にはそのようなルールは教科書に一切書かれていません。 熊倉氏は教科書にある例示によって生徒が確認できると~続く https://t.co/PowTrOT7W9
Naveh, & Shaked eds. 2012: Aramaic documents from ancient Bactria (Fourth Century BCE.) from the Khalili collections https://t.co/9NcO8Xdcuu ハリーリーコレクション蔵前4世紀(アケメネス朝滅亡〜アレクサンドロス期)バクトリア出土アラム語文書。封緘文書もある。 https://t.co/32iPiFDLOT

45 0 0 0 OA 文選正文

万葉集の「初春の令月にして」の元ネタっぽい張衡の帰田賦も国会図書館デジタルコレクションで読める。  https://t.co/wUy2zhtoGb
@gishigaku @masanork あの論文の査読にかかわった警察官僚が摘発こそ抑止力という主張をしていることは知られるべき https://t.co/8Rmc3BqApR さらに渡辺の過去の実力 https://t.co/m5dsbc1N4O では書けない。あれは査読者が書かせたものだろう。 https://t.co/oBRPWByyTj
(続き)  #超算数 同じ本の割り算の説明 https://t.co/y1JjXpaT72 https://t.co/McW4gXOKbf
#超算数 大正時代から算数教育は、式を作ることにこだわってきたのか > 算式を立てて御覧なさい > 先生お答えが出来ました、15銭です > 何? 式を立てないでお答えが出来る理屈がありますか > さあ式を立てて見なさい https://t.co/y1JjXpaT72 https://t.co/KOJhZsdw2z
「暴力については、近代法は最初から、女性を無視するか、切り捨てるか、あるいは、男性の都合のいいように扱ったテーマでした。強姦罪がまさにそれですね。」  1986年に強姦救援センターのアドバイザーになった角田由紀子氏講演録「フェミニズムが見えない時代に」” https://t.co/FdFCj40JjR
@sekibunnteisuu @ruly0331 掲示板で取り上げる予定の文献 算数科教科書における小数の乗法の歴史的変遷:『黒表紙教科書』から『算数』までを分析対象として 岸本 忠之 2018年10月25日 https://t.co/mDT5nYSFSu #超算数 視点での分析になっています。
#超算数 (続き) この本は国会図書館デジタルで読めます。 https://t.co/bBq6WlbWpi
#超算数 アメリカ占領下での学習指導要領は、現在の指導要領とは目的が違った。 【『学習指導要領 一般編(試案)』の作成経緯について】古賀範理 https://t.co/GYpIITPVPc https://t.co/ueqH0LeI4B
深井先生の著作についての指摘、2010年には別の著作で注釈の不備が指摘されていたのか。『十九世紀のドイツ・プロテスタンティズム』(2009)に関する指摘。根っこは同じなのかな。https://t.co/dCdal2wjRd
こんなんでました。 Taiping Yulan “Calligraphy”: An Annotated Translation (1) https://t.co/nAVxP1RCEU
@temmusu_n > #超算数 1933年の東京市調査https://t.co/GsE3SdTJjB …は、ある問題のもっとも正しい解答(しき|答)を 他の頁を見ると、不名数では逆順でも正解のような? https://t.co/r2UevhdGwn
科研費報告「疑似科学的信念の獲得と維持に関わる心内情報処理過程の基礎的研究」 〜安定性を求める傾向が強い者は,あまり情報収集に積極的ではなく,疑似科学的信念も強いといった傾向があるの かも知れない〜 面白い! https://t.co/yqNddoQAnj
#超算数  https://t.co/rvHPbe7Lvo から孫引き  矢野健太郎編「数学小辞典」では、「比例関係」は画像のように説明されているらしい。 https://t.co/bWOth34L7m
ちなみにあります。 https://t.co/haFOfESOSb
この論文電子化時代に、紙の雑誌もらう、という、アナクロなことをメールで依頼する、というのはなんか変なもんですよ。 ちな、さいきんもろたのはこれ。自然誌系論文はどっかこっかで需要ありますからぬ。 株式会社日本海洋生物研究所年報 https://t.co/ez48TYD5CD https://t.co/SiQJ399j1L
@akitakenhachi @takusansu @sekibunnteisuu @neirumu #超算数 割合教育では「単位量あたりの大きさ」の強調から入る必要はないことについては https://t.co/rwQUoKP64U の https://t.co/DaUMINTar0 算数授業は児童の方略をどのように変化させるか 数学的概念に関する方略変化のプロセス 藤村 宣之, 太田 慶司 2002 でも支持されていますね。続く
@Hal_Tasaki ご参考までに;それに類する問題を証明論で分析した研究があります: https://t.co/GT9vqfUzfs
私、こういう論文をもう20年近く前に書いていたりするのです…(´・ω・`)  ↓ CiNii 論文 -  ヒンドゥー・ナショナリストの「一神教」批判 https://t.co/pJokKd4MxE #CiNii
@temmusu_n 私も未読です。 最近の流れだと、京都大学高等教育研究開発推進センターの指導的立場の人達が推進しているみたいですね。 参考 https://t.co/YPV8SQwc0f
#超算数 0の段のかけ算の学習援助 -授業内容の構想とその効果- https://t.co/8BVCRQP6U6 という文献が凄い。 4年生に洗脳指導 大学生にまで正しい順序wを求めている 順序指導を正当化する根拠が、ある文献に小学2年に対してありうる指導法とあったから 等々てんこ盛り。 https://t.co/Pq77l4FUJ8 https://t.co/p9aKuQz1U2
さて、さて答えはどうなるでしょうか。馬の家畜化問題は、本当に二転三転して面白いです。 こんな論文もあります。「馬の家畜化を巡る研究動向」 https://t.co/Yi1Jf0ScES
CiNii 論文 -  京阪式動詞音調の見方 https://t.co/XudW2VMKo5
CiNii 論文 -  世界の声調言語・アクセント言語(<特集1>世界の声調・アクセント言語) https://t.co/4NiSHNvTPu 関西弁も声調言語や!!
トップ10%論文数は例えば https://t.co/IH5zzCGxNX の60ページ下。10年間で全世界は+62%なのに日本だけ見事に減少。 https://t.co/Z0BEvm0f8a
日タイの絆 : 日本式刀剣 (日タイ修好130周年記念特別展 タイ : 仏の国の輝き) 末兼 俊彦 タイ国情報 51(5), 5-9, 2017-09 https://t.co/3KjzipULj5 多分これも同内容の文章。
もっとちゃんとした形なら、こちら。 2015 年度 研究成果報告書 基盤研究(B) タイにおける異文化の受容と変容  ―13世紀から18世紀の対外交易品を中心として― https://t.co/NK2UMHVZUo pdfファイルで研究成果の概要を閲覧可能。「タイにおける日本系刀剣につい て」(末兼俊郎)がおもしろい!
「楽」もglakがgakとlakとに分かれたというような話があったけれど、今日では二重子音を認めずに解釈することができるらしい。(リツイートの「上古音の開合と戦国楚簡の通仮例」 のリンクが切れているけれど、今は https://t.co/uZSgYLK6MR で見られる)
「武」の字形研究 武という字は、戈を止めるとか戈をもって進むとかいろいろ説があるけど、武という文字の形の変遷から見た論文。楷書時代の変化から唐代に演芸的側面が発達し戈の部分が武器を表すという認識が薄くなったのではないかと。大変面白い https://t.co/PnZEqYvNx5
これ: CiNii 図書 - A dictionary of modern star names : a short guide to 254 star names and their derivations https://t.co/P8SYqKhcu3 #CiNii ただ、この本の記述についてはクーニッチのドイツ語の研究書を見るべき。

71 0 0 0 IR 西南戦争と民衆

CiNii 論文 -  西南戦争と民衆 https://t.co/6xZp9gmz8j #CiNii 略奪、放火やりたい放題の西郷軍の様子。
この「ダブルリミテッド(=セミリンガル)」概念は、学術的には価値のないものとして術語自体が既に破棄されています。 第二言語習得研究などの学術書の場合、全く出て来ないか、「過去の歴史」として触れられるのみです。 ダブルリミテッド言説の歴史、批判はこちらの論文をhttps://t.co/qmUozOmTX5
喫煙者の方が生涯医療費が低い、という論文はこちらです。 https://t.co/7QXnOR8TrU
#超算数 主任教科書調査官の人をググってみた。 2004年に【掛算九九の習熟過程に関する調査・研究(2年次)】という研究をした人らしい。 https://t.co/NAw4DNiXcy
CiNii 図書 - ミャンマー概説 https://t.co/szMad7weFw #CiNii 700頁を越える大著だが「ヤカイン世界」はその中の1割ほど。ロヒンギャ(ロヒンジャ)も周辺的に扱われているにすぎないが、それでもミャンマー連邦の中でのヤカイン理解にはやはり一読を。
事実誤認があったので修正。ジャガイモ増産政策は金正日時代からで、思いっきり日本人と総連が関わってる事業でした https://t.co/ar7WjkmkyX https://t.co/ne2rTHHt97
@genkuroki 「余計な情報を問題文の中に入れておいてそれを適切に無視できるかを試す指導」を探しました。 ■事例1 https://t.co/yAgLEpKz8Y 9/9ページ、ジョギングの問題 ■事例2 https://t.co/NOBg2kBPSd 7/8ページ、「過剰情報問題・4題」 (続
あとまあ江戸時代には、竜の生態の謎についてとかそもそも竜骨は本当に竜の骨なのかとか日本に竜はいないが日本産の竜骨は何の骨やねんとか象の骨だろとかの論争があったらしい。 https://t.co/wGPGALpnjc
とはいえ「ググっていて見つかった程度」ではあるので、これと相反するような「規制改革・民間開放推進会議」に対する評価(教員免許法制への批判的意見は実は通っていて、後の法改正に生きているんだよ)という意見はそれはそれで見てみたいです https://t.co/aOhf5C4Chn https://t.co/e96umph6X6
CiNii 論文 -  再発/転移を経験した乳がん患者による情報入手のプロセスと背景 https://t.co/g3fB7mMNMM
野原 将揮 という方の博論『戦国出土資料と上古中国語声母研究 』 https://t.co/RYDdnJu0F5 上古音の声母(頭子音)に関する概論になりそう

69 0 0 0 OA 国史大系

「一二三四五六七八九十而布瑠部由良由良止布瑠部」は『先代旧事本紀』の天神本紀https://t.co/0AfZAeUkXcに記載されていますから、平安時代には遡れるはず。 https://t.co/Lcn9Y8P0pn
この中でインターナショナルスクールの生徒が電車内で会話(コードスイッチングで)してたら「英語だけを使ってちゃんと話せ!」と日本人に怒られたという話があって、ああCSやFCHってルー語みたいに聞こえるんやなあ、と。(実はよく使う) https://t.co/7ZiM376m5l
感情の言語化やその使い分けは日本語教育においてほとんど扱われていないのにも関わらず、多言語話者は自分の力で日本語と他の言語を使い分けて自分の感情や意志を表現していく。その背景には、日本語ではできない感情の表現や日本語でこそ… https://t.co/FuSMqDeYrY

フォロー(274ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

アイクナー編 「ポスト・ケインズ派経済学入門」の日本語書評が落ちていました。 これで、だいたいの話はわかりそう。 @goethe_chan @EveryDirtyJob https://t.co/9dTcDSwo9x

12 12 12 0 IR 源実朝の「晩年」

RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。少し前のですが、把握してなかった… 三田 武繁「源実朝の「晩年」」 東海大学紀要. 文学部 (108), 2018-03-30 https://t.co/VrItd672et

11 10 10 0 OA 官報

RT @GenderHistoryJP: 画像はこちら(国立国会図書館デジタルコレクション)で見ることができます。 『官報』1443号附録「市制町村制理由」(1888年4月25日) https://t.co/mTF1zia6LF (3頁下段4行目)
RT @khargush1969: 荻原眞子・福田晃編(2018)『英雄叙事詩 : アイヌ・日本からユーラシアへ』三弥井書店(伝承文学比較双書) https://t.co/P0yUcrXGX0 アイヌ・日本・韓国・中国・中央アジアの英雄叙事詩論,「英雄叙事詩とは何か」との視座を…
RT @khargush1969: 嶺崎寛子(2019)「イスラームとジェンダーをめぐるアポリアの先へ〔特集:ジェンダーとセクシュアリティ〕」『宗教研究』93(2): 191-215. https://t.co/ml7OjSzlVm 未クリップだった。ジェンダーにおけるオリエン…
RT @khargush1969: 鈴木道子(2007)「チンギス・ハーンとオリエンタリズム:日本人がチンギス・ハーンを物語る意味」『中京大学現代社会学部紀要』1(2), 89-119. https://t.co/mc562uA9TC
RT @PirateUni_HEL: #イギリスの文学ワイルド しかしながら『オシァン』は大ヒットし、ヨーロッパ中で読まれ、スコットランドやアイルランドの人たちにとっては神話への興味と愛国心をかきたてる作品として読まれていました。これについては担当教員が今年の春に出した論文をご…
RT @komatutenmei: 置き換わったものは、春秋左氏伝国字辨〔加藤正庵〕→春秋左氏伝国字解〔山口剛〕・伝習録筆記〔三輪執斎〕→伝習録講義〔東正堂〕の2種で、新しく追加されたものとして、論語證解〔桂湖村〕の1種がある。(https://t.co/dPSSwrQX1g)…
RT @komatutenmei: 明治版はこのホームページ(https://t.co/OjJbVEuXAR)にある内容なのだけれど、大正版になると明治版の1~12巻を再発行して(https://t.co/gsVQG3zM5T)それ以後は改定再編している(https://t.c…
RT @komatutenmei: 明治版はこのホームページ(https://t.co/OjJbVEuXAR)にある内容なのだけれど、大正版になると明治版の1~12巻を再発行して(https://t.co/gsVQG3zM5T)それ以後は改定再編している(https://t.c…
RT @genkuroki: #統計 赤池弘次さんの1980年の2つの論説もお勧め (前世紀の黒歴史を潰す成果とみなされる) https://t.co/rVEPngIsM6 統計的推論のパラダイムの変遷について https://t.co/foCDt7FZBK エントロピーと…
@KentaroOnizuka 論文の出典に関してはこちらを参照 https://t.co/vF3XzALS2y https://t.co/K2VEDng6Ve 中華民国領土地図の画像は13ページ目です

203 203 74 0 OA 月・惑星地震探査

RT @MIBkai: この論文とか見るとわかりやすいんだけど、月震は数十分から数時間続くとか言う完全な嫌がらせ仕様なんで、それが原因で精神ヤられてもまあ不思議でもなかろう。ってやつです。 https://t.co/5h25UxOgjS

フォロワー(625ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

アイクナー編 「ポスト・ケインズ派経済学入門」の日本語書評が落ちていました。 これで、だいたいの話はわかりそう。 @goethe_chan @EveryDirtyJob https://t.co/9dTcDSwo9x
@bunbunsenseikow この論文では、I129について語っていますあ、ごく微量とのことですね。『ヨウ素129の分析を通じた福島原発事故起源のヨウ素131の広がりと沈着量の再構築』 https://t.co/svtlgdltap
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  現代地政学への批判的アプローチ:―マルチスケールの視角と地政言説の分析― https://t.co/UuRIJ3bc6N #CiNii 実は特定の時間と空間の文脈から描き出されていることや、多様で複雑な現実を特定の視点か…
RT @kkakinuma: 半導体のシリコン単結晶を作る実験をバケツでやったという、よくも悪くも当時の日本の実力を示すと散々言われた話がここにある > 電子立国日本の自叙伝 ・草創期編 - J-Stage https://t.co/6rd9XUnl2I
RT @Ankhlore: こういう論文がワンクリックで読めるとはありがたい。https://t.co/GcOiVx2BPW ・大豆はナイジェリアの主要な穀物 ・1991年ごろ、日本人が豆腐作りを指導して普及 ・日持ちを良くするため、厚揚げみたいに揚げて食べる ・スナック感覚…
RT @fake__nws: https://t.co/oJwYhCzsg8 インド映画や香港映画を通してナイジェリアに伝わった忍者観はナイジェリア映画においてイスラム文化や現地の精霊文化などを取り入れさらに進化したのである――みたいな話(「五遁」の要素がナイジェリアの伝統宗教…
@tomonoritotani ご承知だと思いますが、設立当初の会員選出は、科学者による会員選出選挙によっていたのが廃止されたものですので、再度会員選出選挙制に戻されたいというご主張でしょうか? https://t.co/oOe1BWa9Ys
RT @hichachu: 村中璃子氏への抗議 PS:あなたの記事で匿名の医師の意見を載せて批判記事を書いていますが、卑怯なやりかたです。マスコミでは常套手段ですが。名前を明らかにしないコメントは引用すべきではないと思います。(中略) 私は「患者から学ぶ」を基本的なスタンスにし…
RT @masayashimox: 「かなしき女王」の抜けに関する研究ノート。未谷おとさんのお仕事で過去のものとなりそう。それにしてもこれだけの抜けがありながら、それをものともしない松村訳のすごさ。沖積舎版はやはりどうだって手放せません。 https://t.co/odSRj…
RT @PirateUni_HEL: #イギリスの文学ワイルド しかしながら『オシァン』は大ヒットし、ヨーロッパ中で読まれ、スコットランドやアイルランドの人たちにとっては神話への興味と愛国心をかきたてる作品として読まれていました。これについては担当教員が今年の春に出した論文をご…
RT @genkuroki: #統計 赤池弘次さんの1980年の2つの論説もお勧め (前世紀の黒歴史を潰す成果とみなされる) https://t.co/rVEPngIsM6 統計的推論のパラダイムの変遷について https://t.co/foCDt7FZBK エントロピーと…
安藤準「Newtonの運動方程式はF=maからma=Fか 第一報――日本ではma-Fが優位である――」『鶴見大学紀要第4部人文・社会・自然科学編』55号 (2018-02) pp. 145-151. https://t.co/Xv79Qg4QqH
@KentaroOnizuka 論文の出典に関してはこちらを参照 https://t.co/vF3XzALS2y https://t.co/K2VEDng6Ve 中華民国領土地図の画像は13ページ目です
どうもそのよう。 要旨からツッコミどころ満載だが、正直ではある。 https://t.co/e9si57710Y 【国際的にはこれが方程式の表記法に反映されない理由は、今のところ分からない。】とあるが、等式の左右に意味があると勘違いするのは日本の教育だけかもしれん。 https://t.co/EaDAamnnlJ