著者
山田美妙 (武太郎) 著
出版者
香雲書屋
巻号頁・発行日
1886

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

@haruran0111 「…少年心の恥かしく、愁ふる如く笑む如き、面色をして燈火に、背けば頬の笑窪さへ、また顕然と現れて、なお愛らしき増鏡…」 みたいな感じですが、ここで読めますw https://t.co/F16p2nFRps

収集済み URL リスト