8 1 0 0 OA 源平盛衰記

著者
石川核 校
出版者
有朋堂
巻号頁・発行日
vol.上, 1912

言及状況

外部データベース (DOI)

レファレンス協同データベース (1 libraries, 1 posts)

『源平盛衰記』(有朋堂文庫)を探している。

Twitter (7 users, 7 posts, 2 favorites)

『源平盛衰記』ではその頼光から家に伝る水破・兵破を4代後の頼政が使って鵺退治をするお話が描かれる。頼光といえばの土蜘蛛退治でも酒呑童子退治でもこの弓矢は使われていない。なお弓は名前を「雷上動」という。 https://t.co/uWabfsOaDO
龍神を理屈で説得して雨が降ったという話。話せばわかる幻想も信じるしかない? 源平盛衰記 巻三 澄憲祈雨事 https://t.co/ohgDBH3T3Y 澄憲天下の旱魃を歎、勧農の廃退を憂て、敬白に言を尽し、龍神に理を責て、雨を祈乞給けり。 ~ 龍神道理にせめられ、天地感応して、陰雲忽に引覆、大雨頻に下けり。
@Gohshi77 https://t.co/0wI7jSPuR6 コマ250⤴ 源平盛衰記ではやはり私の読みが正しいようです。 山内須藤刑部丞俊通(やまのうちすどうぎょうぶのじょうとしみち)。 貴殿が示して下さった吾妻鏡と整合性が史料により無くなってしまいます。 これは仮説ですが、姓(かばね)と官途を含むと苗字の“の”外れますか?
『源平盛衰記』第十六巻の「三位入道芸等事」より https://t.co/YktkF0OKE9 深夜に臨で媚物(あやしきもの)あり、玉体を侵し奉る、其期に及び明見仕れと仰ければ、頼政畏り承り候ぬとて、御前を罷立て、近衛川原の宿所に帰る。本の装束脱替て、朝敵を鎮る形にぞ出立ける。 #ゲゲゲの鬼太郎
レファ協事例より「「源平盛衰記」の原文が見たい。特に崇徳上皇についてかいてある部分を見たい。」 https://t.co/DSVoQlu4BL NDLデジコレ『源平盛衰記 上』(有朋堂文庫) https://t.co/YFaDokt8AK

収集済み URL リスト