1 1 0 0 OA 黄橙

著者
岡田八千代 著
出版者
春陽堂
巻号頁・発行日
1908

言及状況

Google+ (1 users, 1 posts)

今日は、長谷川時雨、大塚楠緒子、岡田八千代と、女流創生期(樋口一葉以降、林芙美子登場まで)の人たちを検索しながら拾い読みしていて、岡田八千代の小説「黄橙(たちばな)」を読み進むうちに、この人ただ者じゃないと思ってしまった。ページをめくればめくるほど、ただ者じゃない感が強くなる。目が離せなくなるのだ。後の大衆作家、山手樹一郎に近いのかもしれないが、人物それぞれに味があり手触りがありフレーズがある。非 ...

収集済み URL リスト