著者
陸軍省 編
出版者
陸軍省
巻号頁・発行日
vol.第5巻 第3冊, 1924

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 10 posts, 8 favorites)

@q2Bh3BZIGylvp6f @s_shinako ちなみに、陸軍が日露戦争で麦飯導入した状況は『明治三十七八年戦役陸軍衛生史 第5巻 第3冊』(陸軍省編)に図で記載があります。 この資料は国立国会図書館デジタルコレクションにて公開されており、以下リンクで該当ページが参照できます。 https://t.co/5MD2IKJvAH
@sabuchanhakoda1 森鴎外は当時の医学会の主流派であった脚気細菌説の立場だと言えると思います。 ですが、日露戦争で陸軍は途中から麦飯を導入し始めているのですが、森が担当した第二軍だけ抵抗して白米にし続けたりはしていません。 下記リンク先の陸軍資料の図で時期がわかります https://t.co/8RAz0yABY8
明治三十七八年戦役陸軍衛生史 第五巻伝染病及主要疾患(第三冊) 第七編脚気 総患者の八分の一、諸種の傷病者中患者数において第一位・・・ https://t.co/7auT9TOe5L
明治三十七八年戦役陸軍衛生史 第五巻 第三冊 伝染病及主要疾患 第七編 脚気 https://t.co/7auT9TOe5L

収集済み URL リスト