言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 11 posts, 15 favorites)

糸を取った後、蚕のサナギは死んでしまうが、佃煮にして食べたり、魚のエサ、肥料などとして使われた。岡谷にあった小口製肥合資会社は、各地の製糸工場の近くに支店を作って肥料を製造しており、大宮には「マルキュウ」という支店を作った。大正三年「大宮案内」https://t.co/1WeF4oHEZZ https://t.co/wQ39twSWUb
大正3年『大宮案内』では開市定日は四九五十で五十は織物の取引に限られるとある。大宮では大正期には市日が増えていたようだ。 国会図書館デジタルコレクション https://t.co/nRBTToWoll
大正3年『大宮案内』では牧場の解説がある。 国会図書館デジタルコレクション https://t.co/9FiRRZGDC1 https://t.co/67BVGAu0ng

収集済み URL リスト