10 1 0 0 OA 新燕石十種

著者
国書刊行会 編
出版者
国書刊行会
巻号頁・発行日
vol.第5, 1913

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 9 posts, 2 favorites)

八百屋お七の話の原文は割とえっちで良かったなというメモ 新燕石十種.  第5 天和笑委集/1p 11巻―13巻 https://t.co/Oumy86aLGI 近代日本文学大系. 第3巻 (井原西鶴集) 好色五人女 卷四 戀草からげし八百屋物語 https://t.co/8DpRzVHXE6
「国学者が唐の事を考へると、儒者が日本の事をいふと、力がありたげで、儒者の方がすかたんが多い」(「膽大小心録」中) https://t.co/BLeShlXf9C 出た「すかたん」(^^;)。有名な一節。
「絵は応挙が世に出て、写生といふ事のはやり出て、京中の絵が皆一手になつた事じや。これは狩野家の衆がみな下手故の事じや」(上田秋成「膽大小心録」中) https://t.co/9qqHnq80Mj このあと応挙への一方的な悪口雑言が続きます。
なんと近代デジタルライブラリーで読める! http://t.co/y88i6SUgiq

Wikipedia (3 pages, 3 posts, 2 contributors)

収集済み URL リスト