亀井麻美 (@kameiasami)

投稿一覧(最新100件)

2 1 0 0 OA 帰省

ヴヰカア・オヴ・ウヱーキフヰルドはオリヴァー・ゴールドスミスの小説。 宮崎湖処子『帰省』民友社、明治23年7月再版 https://t.co/m4DhAumi9q 巻頭附録「本書に関する各新聞雑誌の批評」を読むと、アーヴィング… https://t.co/wR4HTINS6f
とあるのが丁度秋聲が笹島宅に厄介になっていた時期に相当します。 https://t.co/UbwrHyi9Ng とはいえ、秋聲の記述に該当する事件を私は未だ確認していません(当時の新聞探さないと無理かな)。

1 0 0 0 OA 黙阿弥脚本集

河竹黙阿弥『天衣粉上野初花(河内山と直侍)』(「黙阿弥脚本集」第13巻。春陽堂、大正10年5月) https://t.co/y7JOmBZhfN よく出来た芝居ですね。初演の団菊左に当書きした擽り(三幕目、太守居間の場。87コマ… https://t.co/2dyMgC4V9c
「ゴーゴリ」(ツルゲーニエフ『文学的回想――文学及び生活の回想に関する諸論文』宮原晃一郎訳、聚芳閣、大正15年6月)。 https://t.co/fY53UNpSpe よく知られている回想ではありますけど。
「私聚百因縁集」巻二の一 因果長者ノ事 https://t.co/lPdQ05B66w 「女能ク自ラ身ヲ煑ル。後釜ヨリ出テ、自ラ肉村(シヽムラ)ヲ喰イテ亦釜ヲ負テ行ク。」 「行信ナク空シク信施ヲ食スル者此果報ヲ受クル。次ニ釜ヲ負… https://t.co/oQdshaa7ht
岡田洋司「『紅雪録』における泉鏡花の地方観」 愛知学泉大学現代マネジメント学部紀要 2013;1(2):25-36. https://t.co/SsSa7B9IN0 キーワード:泉鏡花、地方観、「紅雪録」、「名古屋見物」、名古屋

1 0 0 0 OA 女の秘密

年刊1月刊(あとがきは前年12月署名)なのに、後者の和座幸子解説がこのへんの事情に全く触れていないのは不思議なことです。 【参考】国立国会図書館デジタルコレクション『女の秘密』 https://t.co/wrFMsjRzVT 『… https://t.co/kWmOonRTBo
〈レノーレ譚〉の後継ジャンルであることに、疑念の余地はないだろう」 飯田梅子「ロシアにおける『レノーレ』受容」脚註4。 「文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要」2011; 75: 137-172。… https://t.co/z13E462NfD

7 0 0 0 OA 官報

【金使用規則】 「官報」1937年12月28日 https://t.co/IWLOPMLGOb 「金使用規則 第二条 金又ハ金箔、金糸、金粉若ハ金液ハ当分ノ内左ノ各号ニ掲グル用途ニ供スルコトヲ得ズ(中略) 二 天金、金文字、装幀… https://t.co/zgtufyrbHB

9 0 0 0 OA 官報

【皮革使用制限規則】 「官報」1938年07月1日 https://t.co/TIs8agz5BA 「皮革使用制限規則 第二条 左ニ掲グル物品又ハ其ノ材料ハ牛革、馬革、羊革、豚革、鯨革又ハ鮫革ヲ使用シテ之ヲ製造スルコトヲ得ズ(中略) 十 書籍及帳簿、アルバム其ノ他ノ文房具」
@vp7jgwTnTHvXK7B 柴田南雄のラフマニノフ評は、以前こちらで紹介しました。 https://t.co/SIDTrBYE0c 山田耕筰の《死の島》評はこちらです。 「セルゲイ・ヴアスイリエヴイツチ・ラクマーニノフ」… https://t.co/PJI5nw6CiF

5 0 0 0 OA 灰皿 : 随筆集

【徳田秋聲俳句】   〔詞書〕潮来途上吟 牛のせて舟泛びけり春の水 水郷の春まだ浅し島隣り 梅さくや藁屋々々の日章旗 (『昭和文学全集11 徳田秋聲集』角川書店、昭和28年1月、より) 底本、「花・水郷」(『灰皿』砂子… https://t.co/mV7XrAZKwK
https://t.co/AtW9xNH4cp によると、鮫の調理法のうち、炙る料理としては、大正・昭和期には焼き物(田楽、塩焼き、味噌付け焼き)、干物(焼き干し)などがあって、現代の調理法には、焼き物(塩焼き、味噌焼き、醤油焼… https://t.co/QJdEEEyQNv

1 0 0 0 OA 三人叢書

徳田秋聲『運命』(「読売新聞」明治37年9月4日~18日連載)。のち小栗風葉・柳川春葉・徳田秋聲『三人叢書』(東京国民書院、明治41年6月)に収録。秋聲唯一の時代小説です。 国立国会図書館デジタルコレクション:『運命』(『三人叢書… https://t.co/jZGg46E9WK

1 0 0 0 OA 秋声叢書

られていますが、臭いどころではないですね。 尤もこの作品に感動した人もいたようで、国立国会図書館デジタルコレクション公開本には目次のところに https://t.co/uxeJ24pyqQ 「諸士危機の一篇を見よ/嗚呼惨か悲か恋… https://t.co/FenC3cTdgT
症例報告 木下順弘、蒲原英伸ほか 「多発外傷の治療中に脳死状態となり妊娠25週で出産した1例」 日外傷会誌 28巻4号(2014)  https://t.co/LW8BeyV9tG これ読んで感動しました。胎児だけでも助かって、ほんとうによかった

1 0 0 0 OA 心の勝利

https://t.co/lrNCFCAnM5 不二家が「コミ」とは、どういう意味でしょうか。 コミュニティ? だとすると、亮子は千駄ヶ谷在住だから、この不二家は銀座店でなく昭和5年開店の新宿店てことになるけれど。でもコミュニティ… https://t.co/NrgN7dNCpc

13 0 0 0 OA 現代史学大系

@hikariopopote 巻末小記に後藤興善が「先生(国男)の御講義を聴き、それを筆録したものを土台として、出来るだけ先生の御著述を渉猟してまとめ上げた」と書いています。 https://t.co/YdkZ4IF1pc
@niina_noriko 正しくは、 「チヨツキに黄色のぼたんをつけてゐるからあなたの友人でせうか」 です。尾形 亀之助(bot) @ogatakamenosuke の誤入力でしょう。 「黄色の夢の話」(尾形亀之助『色ガラスの街… https://t.co/3RnGt9pHFA

3 0 0 0 OA 官報

が、この小説が発表された3年後の 昭和16年11月15日勅令第971号 https://t.co/YEz41KPdBx により 、丙種などの「第二国民兵」も召集が可能となります。 木山に語らせているように、秋聲は「灰皿」(「… https://t.co/HhzQf9bs85

2 0 0 0 仙臺新報

@mukouto @niina_noriko こちらです。 篁洲逸人「斬鰐復譬」(「仙臺新報」1908(23)13、9~10頁  https://t.co/jyMUX68xk6 京都府民でしたら、府下の図書館送信参加館であれば、どこででも閲覧可能です(京都府立図書館等)。

16 2 0 0 OA 国訳漢文大成

弱葼係實、輕葉振芳、奔龜躍魚、有
【銭がもの言う(≒金が物を言う Money talks)】   おもはくさまを揚屋の約束 上書を人々よろこひ引明たり  鴻池 西六   唯世中は銭か物いふ 白い鳥月に村雲花にかゝ  川内 宗孟 https://t.co/xKO0WAYijh 西鶴「物種集」上巻(延宝6年)より。
@tonton1965 「汝一人が智慧で無い、サア譲状が物を言ふ、三つ鉄輪で読でみよ」 近松門左衛門「卯月の紅葉」上(宝永3年) https://t.co/wWl9uiIZTo

2 0 0 0 OA 夜と朝

【~が物をいう】 例えば、リットン著、益田克徳訳述『夜と朝』(博文館、明治26年10月)の「第二十七回 災厄得救再会有歓」に、言文一致で 「なアにそんなに荒ツぽい事をせずとも、金が物をいふ世の中だ……サア之を持て行け」 があります… https://t.co/TmqukgRxfk

1 0 0 0 OA 時事年鑑

『時事年鑑』昭和12年版「文芸美術/文壇近事」(昭和11年10月) https://t.co/AvkYKSBx9D ちなみに、『文壇出世作全集』(中央公論社、昭和10年)に収録されている秋聲作品は、大正2年の『足袋の底』です。

1 0 0 0 OA 黄昏の薔薇

来日コンサートについては、今のところ私は確認できていません。 徳田秋聲『黄昏の薔薇』「化粧くづれ」三 https://t.co/LfrtyAHaQo に書かれている「青年会館」(日本青年館か)におけるミユンツの2度目の来朝公演は… https://t.co/rrwtUeqVyx

1 0 0 0 OA 黄昏の薔薇

徳田秋聲『黄昏の薔薇』中央公論社、昭和9年3月 https://t.co/oEayb3uOPK この貧しき物語を   島崎 藤村氏   小倉 正恒氏   鶴田 久作氏   中村武羅夫氏     にさゝぐ
女優になった藤代の台詞です。行きつけの美容室ってことでしょうか。 当時のハリウッド美容室の入り口の写真。 メイ・ウシヤマ『近代美しき粧ひ』(岡田文祥堂、昭和3年)より。 https://t.co/7Ll1Ip9kxj
レオニード・アンドレエエフ作、吉田甲子太郎訳『殴られる「あいつ」』(玄文社出版部、大正12年) https://t.co/QSeH2puNXc こちらは国立国会図書館/図書館送信参加館内公開。 徳田秋聲『道尽きず』からの引用に「伯… https://t.co/SDkkeKxBtt
「楽屋には(中略)舞台では仲の悪かつた伯爵に扮した男と、道化役に扮した男と、演出家とが残つてゐるだけであつた」 徳田秋聲『道尽きず』「花形」より。 レオニイド・アンドレエエフ『横っ面をはられる「彼」』熊沢復六、北村喜八共訳、原始… https://t.co/eOydEB2Q6i
『源氏物語』の批判史については、小谷野敦さんの「『源氏物語』批判史序説」がよく纏まっていて、分かりやすいと思います。 初出: https://t.co/uazzqGs1R7 PDF: https://t.co/2l9acv9Se6

4 0 0 0 OA 小説神髄

ているとおり(後に「源語の或部分が猥褻なりしも」と修正)。 坪内雄蔵『小説神髄』松月堂、明治18年4月 https://t.co/pHEgBkdyF2
杉村喜光様(@tisensugimura)、 「今日新聞」1884年(明治17年)10月20日の記事の写しを見付けました。 『新聞集成明治編年史』第五巻(林泉社、昭和15年10月再版)534頁 「末松謙澄の英訳源氏物語 津田梅子ス… https://t.co/5CmFrtXzFr
鈴木淳一:В.В.コージノフ『19世紀ロシア抒情詩論(スタイルとジャンルの発展)』翻訳の試み(2) https://t.co/Qz2NfIXG7d 訳注29「イワン・セミョーノヴィチ・バルコーフ(Иван Семенович Ба… https://t.co/GumQXwiv3a

3 0 0 0 OA 職業婦人調査

中央職業紹介事務局編『東京大阪両市に於ける職業婦人調査 女給』(中央職業紹介事務局、大正15年3月) https://t.co/qYCSfFuu3B の「第四十三表 固定給調査」(107頁)によると、東京の女給で固定給なしの者が1… https://t.co/nFBYR3qlpJ

7 0 0 0 OA 元凱十著

『廣島蒙求』より。 https://t.co/bEIJW4qH3v 「杏坪先生はむつかしき歌を詠む人にて」云々。 #備忘録
真ん中で蛙が踊ってるベッドカバー、かわいいな(^^;) 次頁に実際にかけたところの写真もあります。 久保田義雄『KKS式毛糸編物図解』下巻(大阪毎日新聞社、大正14年11月)より。 https://t.co/onQEV9UEpf
昼のつり狐 https://t.co/aVBszXhpgx 大学生の時、世之介が女の起請の化けたのに悩まされる「夢の太刀風」が、版本のお化けの挿絵が面白いから、ということで、女友達2人とゼミの発表で扱うことにしました(主導権は私)… https://t.co/SetjlY4BsD
昭和戦前刊行の「好色一代男」伏字だらけ。 https://t.co/5g2KiW1Ddw

2 0 0 0 OA 明治俳諧史話

勝峯晋風『明治俳諧史話』大誠堂、昭和9年12月。 https://t.co/wDRlaCv9SV 明治に入ってから、正岡子規の登場する明治中期頃までの俳諧が扱われる。
@taqueshix これのことでしょうか? 「近代犯罪科学全集」第15篇「演劇と犯罪」昭和5年。 https://t.co/ltGrHbSU5g

17 0 0 0 OA 日本歓楽郷案内

「ステッキ・ガール」の語の使い始めは文壇の不良、新居格?(酒井潔『日本歓楽郷案内』竹酔書房、昭和6年) https://t.co/useIuQY4qU ステッキ・ガールの対義語は「ハンドバッグ・ボーイ」かな。不良マダムがハンドバッ… https://t.co/uddcdfEghb

17 0 0 0 OA 日本歓楽郷案内

「ステッキ・ガール」の語の使い始めは文壇の不良、新居格?(酒井潔『日本歓楽郷案内』竹酔書房、昭和6年) https://t.co/useIuQY4qU ステッキ・ガールの対義語は「ハンドバッグ・ボーイ」かな。不良マダムがハンドバッ… https://t.co/uddcdfEghb

3 0 0 0 OA 銀座秘録

石角春之助『銀座秘録』東華書荘、昭和12年1月 https://t.co/LX3aVzEClZ #備忘録
不確かな噂や伝聞もあるとは思いますが、とにかく細かいです。 同上〈文士とカフェ〉 https://t.co/dRuHoOPrUG #銀座のカフェ #備忘録
小松直人『Café jokyû no uraomote』(二松堂、昭和6年5月)より「銀座」 https://t.co/gNEmFM6S89 徳田秋聲の『赤い花』が書かれたのと同じ時期の銀座のカフェの、どの店にどんな子がいるかとか… https://t.co/CYdcxkSK2w

47 0 0 0 OA 吾輩ハ猫デアル

夏目漱石『吾輩は猫である』五で、苦沙弥先生とその細君と多々良君とで「オタンチン、パレオロガス」を計7回も連呼してましたよね。 https://t.co/xeKHj2KHGe 「オタンチン、パレオロガスと云ふんです。オタンチンと云ふ… https://t.co/hGDVJr1Y02

5 0 0 0 OA 灰皿 : 随筆集

徳田秋聲のファンだから、猫の日には随筆「猫」(「行動」昭和9年1月1日初出)を読みます。 https://t.co/i05Hz3BbcF 同棲していた愛人の小林政子が森川町の秋聲の居宅を去って10日後に書いたという随筆。歴代の飼い… https://t.co/INmLwlkH2M
【カメチャボ】 「浅草では、人の往来の激しい通りの屋台で十銭のカメチヤボ(牛めし)を食つてゐようと、六区の看板をのぞいてゐようと、何をしてゐようと、誰も睨みはしない。」 高見順『私の小説勉強』(竹村書房、昭和14年)より、「人間時… https://t.co/fGbaTzBB9a
「たとへば、上らう、下らう、男女、僧侶〔イ僧俗〕、田夫、野人、こつじき、ひにんにいたるまで、花の枝を一ふさづゝかざしたらんを、をしなめて見るごとし。」 世阿弥『花鏡』「幽玄之入堺事」 https://t.co/08gQdCgrMv… https://t.co/B2KelygXKn

4 0 0 0 OA 運動年鑑

かりませんでした。 【例】昭和7年度『運動年鑑』(朝日新聞社)より、六大学、投手投球成績。 https://t.co/mHP27q1lDB ちなみに、南部忠平は昭和4年早稲田大学専門部商科卒。 https://t.co/E5Tp8T0GJf
かりませんでした。 【例】昭和7年度『運動年鑑』(朝日新聞社)より、六大学、投手投球成績。 https://t.co/mHP27q1lDB ちなみに、南部忠平は昭和4年早稲田大学専門部商科卒。 https://t.co/E5Tp8T0GJf

1 0 0 0 OA 宮内省職員録

同「昭和3年1月1日現在」では同じく第2番目ですが二等三級に階級が上がっています。 https://t.co/p5e6N6r2pC 八代豊雄は、これまで多くの本で「(大正)天皇の侍医団の一人」といった書かれ方をしてきたし、私もそう… https://t.co/54FT9RagGY

6 0 0 0 OA 宮内省職員録

八代豊雄(1879.9.9–1943.7.31)。 『大正15年1月1日現在 宮内省職員録』 https://t.co/BkVsOwtn5a によると、八代は14人いる侍医のうち3番目に名前が載っていて(三等一級、従五位、勲六等… https://t.co/ZEHSEWyG6V

1 0 0 0 OA 宮内省職員録

八代豊雄(1879.9.9–1943.7.31)。 『大正15年1月1日現在 宮内省職員録』 https://t.co/BkVsOwtn5a によると、八代は14人いる侍医のうち3番目に名前が載っていて(三等一級、従五位、勲六等… https://t.co/ZEHSEWyG6V

4 0 0 0 OA ラヂオ年鑑

名称は昭和16年からです。前者は短命な楽団で連載時すでに存在しなかったはずなので、後者の可能性が高いですね。 参考までに、日本放送協会編「ラヂオ年鑑 昭和7年」(昭和6年10月)より、「洋楽放送の傾向」「主なる洋楽放送」を引いてお… https://t.co/C6fKNRbBSu

45 0 0 0 OA 御伽草紙

センター試験に出題された『玉水物語』に高校生たちが萌えに萌えていると聞いて、私もこちらで読み返しました
の奥からさがしだして読んだりしたのである」と書いています。ご指摘の熊沢復六訳『アンドレエエフ戯曲選集』上下巻にも言及しています。 単独の短篇集は、「露西亜現代作家叢書」の1冊ですが、宮原晃一郎訳『アンドレエフ選集』(佐藤出版部、大… https://t.co/y3XIR1B61m
より殆んど払込なきに拘らず払込済と称して裁判所を欺き」 云々と書かれていますし、 https://t.co/hCXZV9sAo9 池島民理『株式会社の裏面』(精禾堂、大正8年9月)の十八章「幽霊の附く言葉」には、「幽霊株」「幽霊会… https://t.co/tFl3sLgXEy

3 0 0 0 OA 岩下清周伝

より殆んど払込なきに拘らず払込済と称して裁判所を欺き」 云々と書かれていますし、 https://t.co/hCXZV9sAo9 池島民理『株式会社の裏面』(精禾堂、大正8年9月)の十八章「幽霊の附く言葉」には、「幽霊株」「幽霊会… https://t.co/tFl3sLgXEy

1 0 0 0 OA 古事類苑

【江戸時代の伝書鳩】 「〔幕府抜抄 二〕相模屋又一相願、聞届置候米市場へ、堂島米相庭之高下を、飛脚ニて取来候処、抜商ひと唱、右高下を記、鳩之足ニ括付相放し、又は手品仕形等ニ而、相図いたし候もの有之趣相聞、不埒之事ニ候(後略) 天明… https://t.co/silzj4YZ51
いか」 「学校などでは『桐壺』と『箒木』ぐらゐを読ませて、それで『源氏物語』を鵜呑にさせてゐる形であるが、それではとても駄目である」 田山花袋『長編小説の研究』31より。新詩壇社、大正14年11月… https://t.co/TVSircbRzZ
わざとカーライルの話にしたのかしら。 慶應義塾大学三田メディアセンターは、前半はニュートンの逸話であることに一言触れておくべきでしたね。 中村正直訳述『改正西国立志編 原名 自助論』(原著 Samuel Smiles "SELF… https://t.co/LCxgUCo3tU
ますが、「女事務員」や「カウントレス」は収入が少ない、と。 他の用例、 「かの女は上海の女子商業銀行のカウントレスで」 吉行エイスケ「支那女のヒトミから」(『新しき上海のプライヴェート』先進社、昭和7年3月、171頁)。 https://t.co/sXTlBN99De
多くの愛読者を得るかも知れない」 等々と書かれています(下記で全文が読めます)。 https://t.co/sJvbmgciAF 白鳥の提案から今年で86年目です。
【参考論文】 相沢直樹「ツルゲーネフとピーサレフ」スラヴ研究 1990;37:43-83. https://t.co/fWPUaiP2cY ツルゲーネフとピーサレフとの関係についての好論文です。私がこれを初めて読んだのは、2007年だから、もう12年前かぁ……

2 0 0 0 OA 寄生木

@tonton1965 徳冨蘆花の『寄生木』ですね。 https://t.co/Q2pqlKVade 「ヘッペ」は北海道で女性器の卑称として使うそうですが。

13 0 0 0 OA 人事興信録

早矢仕四郎(有的二男、嫡子)の娘(りゆうが四女とすれば、五女)に、なつ(大正2年11月生)がいます。 この人が早矢仕なつ子でしょう。成蹊高女出身とあります。 よって父は早矢仕四郎ですね。 『人事興信録』第10版(昭和9年10月):… https://t.co/zSbbHDKfG8
バルトリン(丁抹国の医師兼文学者)の格言 「書なかりせば神は黙し、正義は眠り、自然科学は進歩を止め、哲学は跛に、文学は聾に。而して万物は闇黒の中に埋没せらるべし。」 (内村鑑三編『偉人と読書』山県図書館、明治33年9月) https://t.co/sGNhxoXifA

1 0 0 0 OA 蘇生

ビアキンド…… ビアキンド…… ビアキンド…… https://t.co/0LEqNGeeSL ビアキンド???

2 0 0 0 OA 憑き物

「渠はぱツたり演説を中止し、一堂を瞰みつけてゐたが、 『おれは宇宙の帝王だ! 否、宇宙その物だ! 笑ふとはなんだ?』  ドッとまた満堂笑ひ。  義雄は非常に怒つた。」 https://t.co/4m6qIcPZbs 岩野泡鳴『憑き… https://t.co/8hZ3zCzYxD
徳田秋聲『草は蔓る』「破れた翅」三。 https://t.co/wiptpMVmwf 藤江が遠(とおし)の子を身籠っていると判った後に、幾久男が藤江に掛ける言葉が優しい
徳田秋聲『草は蔓る』「破れた翅」三。 https://t.co/wiptpMVmwf 藤江が遠(とおし)の子を身籠っていると判った後に、幾久男が藤江に掛ける言葉が優しい
徳田秋聲『草は蔓る』「親愛」一で、奈賀子が兄の弘からの手紙で、藤江の実の母が誰かを初めて知ったかのように書かれていますが、 https://t.co/X0sb2PnaR0 「或る道程」四で、磯子と一緒に幾久男からその話を聞いていた… https://t.co/6XCtjSBULR
「いきなり自動車の音がした。藤江はよく其を飛行機と間違へて嗤はれた」 徳田秋聲『草は蔓る』「生活のなかへ」二。
徳田秋聲『草は蔓る』(文藝日本社、大正14年10月)「再生」二より、関東大地震の具体的描写(8-9頁)。 https://t.co/UuNTL8MYkU
「碧い水が泪々(べきゝゝ)と流れてゐた」 徳田秋聲『草は蔓る』(文藝日本社、大正14年10月)2頁6行目 https://t.co/ddH0zfeIop 『河浪』(「新小説」明治32年6月)五や『宇治の一日』(「中央公論」大正10… https://t.co/4qwgC259PJ
高名康文「『狐物語』における色彩――データと考察――」福岡大学人文論叢 41(4): 1547-1592. の1557-1558(11-12)ページ。 https://t.co/EfURNESy9u (↑ユダはいつ頃から赤毛にされたか、についての考察)

3 0 0 0 OA 漫遊人国記

https://t.co/YvKJez6uMG 角田浩々歌客『漫遊人国記』(東亜堂書房、大正2年2月)404頁「北陸(七)金沢の二日間」に、 「尾山神社側(をやまじんじやわき)の源円(げんゑん)に宿(しゆく)し」 とルビが振ってあ… https://t.co/dFUGtQb5Nr

2 0 0 0 OA 灰燼

こちらの題字は、秋聲の字ではなく、広川松五郎によるもののような気がしますが…… https://t.co/oksmPTcMbL

2 0 0 0 OA 灰燼

ところで、大正11年11月に金星堂から出た『灰燼』単行本の題字は、著者の「自刻」ということですが、この字もそうかしら。 https://t.co/NIGIAZ3bda 確かにそういう雰囲気の、ちょっと下手っぴで味のある文字ではあり… https://t.co/h4zXDIwzWN

1 0 0 0 OA

@kayanoyasan 気残り(氣殘り)は徳田秋聲の造語ではないですし、今でも使えますよ
る。〉 とあります。「低級な人たち」は階級の低い人々、という意味ですね。 「まう筍が出ましてせう」という例文が挙げられています。 以上は、 松下大三郎『標準日本口語法』中文館書店、昭和5年2月… https://t.co/DD0JNQg6CH

2 0 0 0 OA 新訳源氏物語

初訳(『新訳源氏物語』)では「何時の時代であつたか」なんですけどね。 『新訳源氏物語』第1巻: https://t.co/E9W1YKEwRn
このへんの事情は、 シャール・サンドラ「「女工哀史」言説を超えて──戦前日本における女性製糸業労働者の生活世界」ソシオロジ 48巻(2003~2004年)第2号 https://t.co/RJOanclVZA に詳しいです(P… https://t.co/Hc28ylw6nm

2 0 0 0 OA 労働調査報告

自動車は常に営業所に駐在し、乗客の注文に応じて所要の運転をなすもので」あった(大阪市社会部調査課編『タクシー経営と其の雇傭状態』労働調査報告第46号、大正15年8月 https://t.co/E4vsDqUM2P )。 因みに『二… https://t.co/JfJLedEiOA
徳田秋聲「老眼鏡」(「文芸春秋」昭和15年3月) 【参考】 泰西名著文庫『プルターク英雄伝』第2巻「リカルガス伝」(高橋五郎訳、国民文庫刊行会、大正3年12月) https://t.co/5vvTgSqQ9c

3 0 0 0 OA 摩耶子の冒険

大原武夫『摩耶子の冒険』(大阪毎日新聞社、大正12年7月)より「16 死の戦」。蜜蜂と熊蜂の戦い。 https://t.co/uhctcaejIO ワルデマル・ボンゼルス『蜜蜂マーヤとその冒険』(1912年)の翻訳。 現実の熊蜂は… https://t.co/u0BeUYhmBC

1 0 0 0 OA 今歳花時

https://t.co/sS7hYyn1s5 (翻字) 日蔭町で三両であら身を買(かつ)た故/どふぞためして見たさに夜半/じぶん(時分)に通り町の橋の上にねて居(ゐる)/こもかぶりを見てスラリとぬいてあや/またずすつばりいわせさ… https://t.co/Novco3iqXg
の翻案ですので、北アメリカの伝説ですね。ていうか、原典はホーソンの何々と書けば十分です。翻訳はいくつもあるので『霊泉』と読み比べれば明らかです。 例えば、 ホウソーン『ツワイストールド・テールス』明治39年9月:… https://t.co/vrtO3iKYrv

9 0 0 0 OA 微苦笑芸術

@tonton1965 久米全集を持ってないのでそれは分かりませんが、国立国会図書館デジタルコレクションに載ってます。 久米正雄「際物」(『微苦笑芸術』新潮社、大正13年2月) https://t.co/pIYnOFPD6q

1 0 0 0 OA 新吉原百人斬

神田伯竜 講演『吉原百人斬〔前編〕』(駸々堂、明治29年10月)より、 戸田川土堤の場(江戸節おたみ殺し) https://t.co/uYJmN3VUCb 桃川燕林 講演『新吉原百人斬』(金桜堂、明治29年9月)より、 戸田の河原… https://t.co/iCT1I1frl4

1 0 0 0 OA 吉原百人斬

神田伯竜 講演『吉原百人斬〔前編〕』(駸々堂、明治29年10月)より、 戸田川土堤の場(江戸節おたみ殺し) https://t.co/uYJmN3VUCb 桃川燕林 講演『新吉原百人斬』(金桜堂、明治29年9月)より、 戸田の河原… https://t.co/iCT1I1frl4
正岡容「吉原百人斬」(「あまとりあ」昭和26年4月) https://t.co/M0MR3KKTdC 竹柴金作(三代目河竹新七)『籠釣瓶花街酔醒』(寿永堂、明治21年5月)~戸田川お清(せい)殺の場 https://t.co/hEDatHSygF

3 0 0 0 OA 恋から愛へ

秋江に、なんか怨みでもあったのかしら。 https://t.co/BNdUxcIvVn これと https://t.co/3YLzHT0Yaq これ。 近松秋江『恋から愛へ』(春陽堂、大正14年)への落書き。 抱かれてる赤ん坊は、長女百合子です。

3 0 0 0 OA 恋から愛へ

秋江に、なんか怨みでもあったのかしら。 https://t.co/BNdUxcIvVn これと https://t.co/3YLzHT0Yaq これ。 近松秋江『恋から愛へ』(春陽堂、大正14年)への落書き。 抱かれてる赤ん坊は、長女百合子です。

1 0 0 0 北国文化

@tonton1965 倉本兵衛「思い出 特集 麻生種衛と私」(「北国文化」1950;5(54):15-17) https://t.co/cHdla1P1I1 これを読めば多分書いてあるのではないかと。国会図書館へ行けば見られるんですけれど……

1 0 0 0 黒髪

@tonton1965 昭和24年版も国立国会図書館デジタルコレクションに上がっていて、昭和22年版とコマ数が1つ違いますが、頁数は同じですね。態々2つ載せてるってことは、改版されてるんでしょうか。見較べてみないとわからないですね。 https://t.co/R5P9kST64c

1 0 0 0 OA 仇浪

徳田秋聲「あだなみ跋」 (尾崎紅葉『仇浪』文禄堂、明治34年6月) https://t.co/dKYTWSibsx 小栗風葉『院長』、柳川春葉(紅葉補)『白菫』、泉鏡花(紅葉補)『月下園』を併録。 媟ける(ふざけ‐る) https://t.co/QOvcaowDmb

お気に入り一覧(最新100件)

19 0 0 0 OA 官報

メモ。明治20年の出版条例改定に対応する「出版届」の新様式は、明治21年内務省令第1号で定められていて、そこでようやく明治8年以来の「族籍」記載が不要とされている。https://t.co/TiC2SBkYYb https://t.co/vYQQedggz8
近代デジタルライブラリーに、三四郎『漱石傑作坊ちゃんの其の後』なる図書があるんですが、内容よりも「この三四郎とは誰の何を騒ぐ馬の骨」「うそつけ!」など落書されており、そっちが気になります。 http://t.co/8u4B5V73kb http://t.co/NNOzY9FAhC

フォロー(267ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@kerai14 この本オススメです。https://t.co/ZBs9jDXeRw
RT @quiriu_pino: 同じ著者による別の論文。これはpdf 公開。 中尾七重「平行二棟造系民家の分布と肥前守護少弐氏・肥後守護菊池氏の支配地の関連について」 文化学園大学・文化学園大学短期大学部紀要 49, 29-38, 2018-01 https://t.co/…
RT @quiriu_pino: 中尾 七重「「九間」を持つ関東平野の民家と古河公方の関連について」 建築史学 (72) 2019-03 p.2-33 こんな論文が。 https://t.co/eEefngLPnO
RT @quiriu_pino: 同じ著者による別の論文。これはpdf 公開。 中尾七重「平行二棟造系民家の分布と肥前守護少弐氏・肥後守護菊池氏の支配地の関連について」 文化学園大学・文化学園大学短期大学部紀要 49, 29-38, 2018-01 https://t.co/…
@kawausohonto311 @masakazu_kaigo 目次はこんな感じみたいです。https://t.co/FZswU2Ah0Z
https://t.co/KVZW0XK4IS 木津川計「 大阪文化の特徴~ 大阪への偏見を正すために~」 (1) 宝塚型文化:都市的華麗 (2) 河内型文化:土着的庶民性 (3) 船場型文化:伝統的大阪らしさ (4) 千里型文化… https://t.co/cCmP0nl4Zi
RT @BungakuReportRS: 斉藤 みか-  かぐや姫の表現 ―奈良絵本・絵巻『竹取物語』と 現代版「かぐや姫」との乖離― https://t.co/hTa1mWsZaW
RT @feldlein: CiNii 論文 -  「線」に関する一考察--ハイデガーのユンガー批判・再説 http://t.co/INkMxmfCrz #CiNii

3425 3423 62 2 OA 裸に虱なし

RT @tiyu12sai: 100年前(1920年)の本の、女性は自転車に乗るなという主張 「身体の震動が陰部に快覚を喚起して」「性欲心を増長せしめること確実」「間がな隙がな情人を漁り廻る事になる」「自転車に乗る女の素行を調べてみたまえ、淫奔の性情でない者はあるまい」http…
手に入らないっつーのw CiNii 図書 - 多行形式百句 : 俳句詞華集 https://t.co/dhUGuOOzJL #CiNii
RT @mo_kusa_: KAKEN — 研究課題をさがす | 出雲国造北島家文書の総合的研究 (KAKENHI-PROJECT-18K00913) https://t.co/jxDnEO1R28

フォロワー(1010ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @seken_banasi: 発表者である伊藤慈晃さんは、社会学のメディア論の観点から現代オカルトを扱っています。これまでの論文の中では、2ちゃんねるのいわゆる「洒落怖」について論じたもの(https://t.co/g0P4RiOqu0)、怪談実話作家の幽霊観について短く…
RT @seken_banasi: 発表者である伊藤慈晃さんは、社会学のメディア論の観点から現代オカルトを扱っています。これまでの論文の中では、2ちゃんねるのいわゆる「洒落怖」について論じたもの(https://t.co/g0P4RiOqu0)、怪談実話作家の幽霊観について短く…
@kerai14 この本オススメです。https://t.co/ZBs9jDXeRw
RT @quiriu_pino: 同じ著者による別の論文。これはpdf 公開。 中尾七重「平行二棟造系民家の分布と肥前守護少弐氏・肥後守護菊池氏の支配地の関連について」 文化学園大学・文化学園大学短期大学部紀要 49, 29-38, 2018-01 https://t.co/…
RT @quiriu_pino: 中尾 七重「「九間」を持つ関東平野の民家と古河公方の関連について」 建築史学 (72) 2019-03 p.2-33 こんな論文が。 https://t.co/eEefngLPnO
RT @quiriu_pino: 同じ著者による別の論文。これはpdf 公開。 中尾七重「平行二棟造系民家の分布と肥前守護少弐氏・肥後守護菊池氏の支配地の関連について」 文化学園大学・文化学園大学短期大学部紀要 49, 29-38, 2018-01 https://t.co/…
@kawausohonto311 @masakazu_kaigo 目次はこんな感じみたいです。https://t.co/FZswU2Ah0Z
RT @mansaqu: 近年 #自己免疫性膵炎 #硬化性胆管炎 #後腹膜線維症 #等 これまで独立診断されてきた疾患が新しい疾患概念 #IgG4関連疾患 の一つの表現型の可能性が示唆 #耳鼻咽喉科 領域 #ミクリッツ病 #キュットナー腫瘍 #等 #硬化性唾液腺炎 #Ried…
https://t.co/KVZW0XK4IS 木津川計「 大阪文化の特徴~ 大阪への偏見を正すために~」 (1) 宝塚型文化:都市的華麗 (2) 河内型文化:土着的庶民性 (3) 船場型文化:伝統的大阪らしさ (4) 千里型文化… https://t.co/cCmP0nl4Zi
RT @seken_banasi: 発表者である伊藤慈晃さんは、社会学のメディア論の観点から現代オカルトを扱っています。これまでの論文の中では、2ちゃんねるのいわゆる「洒落怖」について論じたもの(https://t.co/g0P4RiOqu0)、怪談実話作家の幽霊観について短く…
RT @seken_banasi: 発表者である伊藤慈晃さんは、社会学のメディア論の観点から現代オカルトを扱っています。これまでの論文の中では、2ちゃんねるのいわゆる「洒落怖」について論じたもの(https://t.co/g0P4RiOqu0)、怪談実話作家の幽霊観について短く…
これは正しいかも。>「大学初年級の線形数学の授業は,統計家が担当したほうが,適切な応用例も簡単に見つ けることができて学生の興味も引くであろうことから,数学者よりも望ましいのではない かと考えている.」 https://t.co/WXexiJ3E6w
RT @farewell_rabaul: 陸軍将校の選抜・昇進構造(武石典史) https://t.co/0ZSEySQ0Wv 陸幼組は中学組に比べて都会出身で裕福、早くから軍に馴染んだため陸士・陸大でも好成績で、結果的に出世も早かった、ということを調査した論文。武石先生のご…
RT @BungakuReportRS: 斉藤 みか-  かぐや姫の表現 ―奈良絵本・絵巻『竹取物語』と 現代版「かぐや姫」との乖離― https://t.co/hTa1mWsZaW
RT @geekdrums: 全ての問題を網羅的に指摘していて良かった。自分が適当なこと言うよりもこれを読んでくれ。ゲームにも同じことが起こっている。>>「インターネット依存」研究の展開とその問題点 小寺 敦之 東洋英和女学院大学『人文・社会科学論集』第 31 号(2013 年…
CiNii 論文 -  フーコーにおけるパレーシアと預言者の真理陳述 : 古代社会における批判的言説の類型とその意義 https://t.co/csmhUv3Rfl
RT @feldlein: CiNii 論文 -  「線」に関する一考察--ハイデガーのユンガー批判・再説 http://t.co/INkMxmfCrz #CiNii

3425 3423 62 2 OA 裸に虱なし

RT @tiyu12sai: 100年前(1920年)の本の、女性は自転車に乗るなという主張 「身体の震動が陰部に快覚を喚起して」「性欲心を増長せしめること確実」「間がな隙がな情人を漁り廻る事になる」「自転車に乗る女の素行を調べてみたまえ、淫奔の性情でない者はあるまい」http…
手に入らないっつーのw CiNii 図書 - 多行形式百句 : 俳句詞華集 https://t.co/dhUGuOOzJL #CiNii
RT @HashimotoTomoya: 青木博史(2012).(書評)山田昌裕著『格助詞「ガ」の通時的研究』 日本語の研究,8(1),110-115.[PDF]https://t.co/VlGhx65ME0
RT @ninikatu: この「子供の夢」は国立国会図書館のデジタルコレクションで全ページ公開されています。 https://t.co/77su2xqAcn また日本初の「不思議の国のアリス」の翻訳本、丸山英観による「愛ちゃんの夢物語」も同コレクション及び“青空文庫”で読むこ…
RT @mo_kusa_: KAKEN — 研究課題をさがす | 出雲国造北島家文書の総合的研究 (KAKENHI-PROJECT-18K00913) https://t.co/jxDnEO1R28
立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1079「小児のがん、AYA世代のがん」 https://t.co/nGwUHunSSK
RT @archerknewsmit: @nana0504 「アイヌが食べていたものはあったでしょう。ただ、それは文化と呼べるようなものだったのか」などは見下ろす侮辱。アイヌを野蛮人扱いする小野寺とあまり活動なさらない方が良いのでは? 農耕 :https://t.co/hhBk…
RT @archerknewsmit: @nana0504 「アイヌが食べていたものはあったでしょう。ただ、それは文化と呼べるようなものだったのか」などは見下ろす侮辱。アイヌを野蛮人扱いする小野寺とあまり活動なさらない方が良いのでは? 農耕 :https://t.co/hhBk…
RT @nakashima001: 幼児の自由画にみられる性差の特徴|島田由紀子 https://t.co/78jY9YxpHH (pdf) 「幼児の4、5歳児クラスの自由画の表現に関する7つの評定項目のうち、5項目については、女児の方が評定の数値が高いことが確認された。特に「…