5 1 0 0 OA 日本大蔵経

著者
日本大蔵経編纂会 編
出版者
日本大蔵経編纂会
巻号頁・発行日
vol.第38巻 宗典部 修験道章疏 3, 1920

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 7 posts, 0 favorites)

『役公徴業録』では、役行者が祈念した時、最初に弁才天女が降臨して天河に祀られました。次が地蔵菩薩が出現して芳野の川上(吉野郡川上村の金剛寺)又は伯耆の大山(大神山神社・奥宮)に祀られました。最後に金剛蔵王(釈迦・観音・弥勒の合体)が湧出しました。 https://t.co/5AaT0kZTxA https://t.co/b4uaAUkgS6
『金峰山秘密伝』https://t.co/DMxXKdpHoTによると「金精大明神 本地金剛界大日」 『金峰山創草記』https://t.co/Oh50ujYPaqによると「金精大明神 霊鷲山丑寅護法阿閦仏、或云釈迦、或云金剛界微細会大日」
1 1 https://t.co/4IfuGPLOt4
『役公徴業録』https://t.co/T9beJKzEZ3における蔵王権現感得譚: 弁才天女降臨。公曰。有威亦女身也。未也。天女于避天河(在大峯)。地蔵菩薩出現。公曰。温不厲。何以制悪魔。菩薩于避芳野川上(一曰。于避伯之大山。又曰。弥勒観音二大士也)。

収集済み URL リスト