8 1 0 0 OA 婦人問題

著者
上杉慎吉 著
出版者
巌松堂書店
巻号頁・発行日
1910

言及状況

Twitter (8 users, 18 posts, 8 favorites)

「(娼婦を)金銭を以て誘い、貞操を買う男子をこそ、人道の怨敵と為すべけれ」(上杉慎吉著『婦人問題』巌松堂書店、1910、147~148頁。コマ番号の81~82)。上杉慎吉は売春よりも買春の方を問題視していた。 https://t.co/N6ZCyrQZmY … …
試験投稿(その2) https://t.co/N6ZCyrQZmY
「(娼婦を)金銭を以て誘い、貞操を買う男子をこそ、人道の怨敵と為すべけれ」(上杉慎吉著『婦人問題』巌松堂書店、1910、147~148頁。コマ番号の81~82)。上杉慎吉は売春よりも買春の方を問題視していた。 https://t.co/N6ZCyrQZmY …
「(娼婦を)金銭を以て誘い、貞操を買う男子をこそ、人道の怨敵と為すべけれ」(上杉慎吉著『婦人問題』巌松堂書店、1910、147~148頁)。上杉慎吉は売春よりも買春の方を問題視していた。コマ番号の81~82を参照。 https://t.co/N6ZCyrQZmY …
「(娼婦を)金銭を以て誘い、貞操を買う男子をこそ、人道の怨敵と為すべけれ」(上杉慎吉著『婦人問題』巌松堂書店、1910、147~148頁)。上杉慎吉は売春よりも買春の方を問題視していた。 https://t.co/N6ZCyrQZmY …
「(娼婦を)金銭を以て誘い、貞操を買う男子をこそ、人道の怨敵と為すべけれ」(上杉慎吉著『婦人問題』巌松堂書店、1910、147~148頁)。上杉慎吉は売春よりも買春の方を問題視していた。 https://t.co/cjC7u13Ryr
「公娼なるものは、国家が男子の不品行を公認し、保護するなり」。 上杉慎吉(上杉慎吉著『婦人問題』、巌松堂書店、1910、144頁)。 あの上杉慎吉が明治末期にこんなことを述べている。 https://t.co/N6ZCyrQZmY …
上杉慎吉は売春よりも買春の方を問題視していた。「(娼婦を)金銭を以て誘い、貞操を買う男子をこそ、人道の怨敵と為すべけれ」と断言している(『婦人問題』巌松堂書店、1910、147~148頁)。 http://t.co/cjC7u13Ryr
かの上杉慎吉は『婦人問題』(巌松堂書店、1910)という著書の中で、「娼婦存在の原因は、経済的窮迫の状況と、男子の強烈なる性欲に在りと雖も、要するに、婦人の価値を認めず、その人格を無視するに在り」と述べている(136頁)。 http://t.co/cjC7u13Ryr

収集済み URL リスト