著者
間島 雄一 坂倉 康夫 まじま ゆういち さかくら やすお Majima Yuichi Sakakura Yasuo
出版者
耳鼻咽喉科展望会
雑誌
耳鼻咽喉科展望 (ISSN:03869687)
巻号頁・発行日
vol.38, no.suppl. 2, pp.134-138, 1995-06-01

慢性副鼻腔炎患者の約半数に鼻粘膜粘液線毛輸送機能の低下が認められることが知られている。本研究では生理的食塩水エアロゾルが慢性副鼻腔炎患者の低下した鼻粘膜粘液繊毛機能にどのような影響を及ぼすか検討した。生理的食塩水0.7mlをジェットネビュライザーで鼻腔に投与し、投与前後のサッカリン時間(ST)粘液繊毛機能の指標として測定した。23名の正常人では生理的食塩水投与前後のSTに有意の変化は認められなかったが、慢性副鼻腔患者19名では生理的食塩水投与後に投与前に比し有意にSTが改善した。慢性副鼻腔炎患者の低下した鼻粘膜粘液繊毛機能に及ぼす生理的食塩水のこのような効果を本症における鼻粘膜粘液繊毛機能低あのメカニズムと併せて考察した。

言及状況

Yahoo!知恵袋 (8 users, 13 posts)

ここで起こる炎症は、鼻水と同じように粘液が流れることもあれば、症状が進行すれば痰のような粘液や塊が発生することもあるようですよ。 私も以前、似た症状で、知人のお医者さまに「粘膜が弱っているよ」って言われたことがあります>< とくに粘膜の乾燥は良くないようです。 そのときに下のブログにあるような食塩水を使う医療機器を勧められました。 http://kyuunyuu ...
ここで起こる炎症は、鼻水と同じように粘液が流れることもあれば、症状が進行すれば痰のような粘液や塊が発生することもあるようですよ。 私も以前、似た症状で、知人のお医者さまに「粘膜が弱っているよ」って言われたことがあります>< とくに粘膜の乾燥は良くないようです。 そのときに下のブログにあるような食塩水を使う医療機器を勧められました。 http://kyuunyuu ...
喉の部位の中で一番乾きやすい「上咽頭」で、何らかの炎症がおき、痰が絡む症状が起きているのでしょうね。 つらいでしょうが、早く改善していくしかないと思いますよ。 慢性化してしまうと、後々面倒です。 乾燥からの咳だけでなく、 痰の一部が気管支に流れ込むことで咳が出ることもあります。 さらに痰が喉ちんこまで落ちて絡まると、嘔吐反射(口に指を突っ込んだ時に出る反応)が ...
喉の部位の中で一番乾きやすい「上咽頭」で、何らかの炎症がおき、痰が絡む症状が起きているのでしょうね。 つらいでしょうが、早く改善していくしかないと思いますよ。 慢性化してしまうと、後々面倒です。 乾燥からの咳だけでなく、 痰の一部が気管支に流れ込むことで咳が出ることもあります。 さらに痰が喉ちんこまで落ちて絡まると、嘔吐反射(口に指を突っ込んだ時に出る反応)が ...
鼻咽腔炎になっているかもですね。 鼻咽腔炎は慢性化したら面倒なので早めに耳鼻咽喉科に行ったほうが良いと思います。 ただ、耳鼻咽喉科の治療だけでは治まらないときは 細微霧状の食塩ミストを吸入する機器を買って、毎日ケアしていたほうが早く改善すると思います。 根拠として次の研究論文があります。 ちょっと難しいことを書いていますが、、、 ▼三重大学医学部の研 ...
鼻咽腔炎になっているかもですね。 鼻咽腔炎は慢性化したら面倒なので早めに耳鼻咽喉科に行ったほうが良いと思います。 ただ、耳鼻咽喉科の治療だけでは治まらないときは 細微霧状の食塩ミストを吸入する機器を買って、毎日ケアしていたほうが早く改善すると思います。 根拠として次の研究論文があります。 ちょっと難しいことを書いていますが、、、 ▼三重大学医学部の研 ...
上咽頭付近で何らかの炎症がおき、痰が絡む症状が起きているのでしょう。 病名でいうと「上咽頭炎」だと思います。 その痰の一部が気管支に流れ込むことで咳が出ているものと思われます。 痰が喉ちんこまで落ちて絡まると、嘔吐反射がおきることもあります。 上咽頭で起こる炎症は、鼻水と同じように粘液が喉に流れることもあれば、痰のような粘液や塊が発生することもあります。 ...
後鼻漏、花粉症のセルフケアの方法をお教えしますね。治療を併用することで良い結果が得られると思いますよ☆ 花粉症や後鼻漏のケアには生理食塩水を使います。 ただし、生理食塩水を使って鼻洗浄(鼻うがい)をするのではありません。 洗浄で使用すると少々危険な場合があるからです。 危険な理由の一つは、 粘膜にはもともとIgA(抗体)という免疫成分があって粘膜を守っています ...
鼻の奥から喉にかけての痛みは、上咽頭付近で炎症がおき、喉の奥に鼻水や痰が絡む症状がおこっていると思われます。 上咽頭での炎症は、鼻水と同じように粘液が流れることもあれば、症状が進行すれば痰のような粘液や塊が発生することもあります。 この場所は、ノドちんこの裏側上部のとても見づらい部分で、耳鼻咽喉科でもスルーされることがあるようです。 ノドちんこの裏側上部ということは、 ...
鼻うがいができない人の方がむしろ多いと思います。 鼻うがいは洗浄力はあるのですが、粘膜機能の低下や中耳炎などの危険が伴うことがあるので、あまりお勧めできないです。 副鼻腔炎(蓄膿症)でしたら、生理食塩水のミストを吸入する鼻スチーム療法がいいですよ。 歌手や司会者の方などもノドを良く使う職業の人たちは鼻やノド疾患の予防や粘膜機能向上でしている人は多いようです。 根拠 ...
上咽頭付近で炎症がおき、喉の奥に痰が絡む症状がおこっているとおもわれます。 その痰が気管支に流れ込むことで咳が出ているものと思われます。 頻繁に起こると、嘔吐反射がおきることもあります。 ここで起こる炎症は、鼻水と同じように粘液が流れることもあれば、症状が進行すれば痰のような粘液や塊が発生することもあります。 上咽頭の場所は、のどちんこの裏側上部のとても見づらい部 ...
蓄膿症(=慢性副鼻腔炎)でも書かれている症状がでることがあります。 しかし、蓄膿症というよりは上咽頭の部分で炎症がおきて喉の奥に痰が絡む症状がおこっている可能性が大きいです。 ここで起こる炎症は、鼻水と同じように粘液が流れることもあれば、症状が進行すれば痰のような粘液や塊が発生することもあります。 上咽頭の場所は、のどちんこの裏側上部のとても見づらい部分で、耳鼻咽喉科 ...
根拠と主観にもとづいて回答します。 結論から先に言いますと、「有効」です。 もちろん、100%有効ではありません。 当然のことながら、状況によって有効性には差があります。 例えば… 鼻や喉に先天性疾患がある場合は有効性は低くなりますし、鼻の構造が原因の場合には効果なしと聞いたことがあります。 逆に他の治療と併せて吸入器を使えば高い確率で有効性は上がる ...

収集済み URL リスト