著者
末武 康弘
出版者
法政大学現代福祉学部現代福祉研究編集委員会
雑誌
現代福祉研究 = The Bulletin of the Faculty of Social Policy and Aoministration : Reviewing research and practice for human and social well-being (ISSN:13463349)
巻号頁・発行日
vol.17, pp.7-29, 2017-03-01

本稿の目的は、カウンセリングやサイコセラピーの中でフォーカシング(Gendlin, 1981)およびTAE(thinking at the edge) (Gendlin, 2004; Gendlin & Hendricks, 2004)を、他のさまざまな方法と多元的に組み合わせながら活用するための理論的な枠組みと手続きを示し、それを1つのガイドとして作成することである。フォーカシングとTAEを中心にして他のさまざまな方法を多元的に活用するための理論的な観点と手続きが論じられ、「多元的フォーカシングセラピー(pluralistic focusing therapy: PFT)のガイド」が作成された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 3 favorites)

【参考文献】 気になる人は役に立つかもしれません。 フォーカシングとTAEをその他の方法とともに多元 的に活用するセラピーのためのガイドの作成 : 多元的フォーカシングセラピーのガイド 末武康弘 https://t.co/S52XMZBvFP

収集済み URL リスト