著者
板垣 史郎 内山 道子 金澤 佐知子 細井 一広 照井 一史 下山 律子 ????田 成紀 Ueno Shinya 早狩 誠
出版者
弘前大学大学院医学研究科・弘前医学会
雑誌
弘前医学 (ISSN:04391721)
巻号頁・発行日
vol.64, no.1, pp.50-57, 2013-05-31

本研究では,食事が多様な食品機能成分の摂取経路という一面を有し,疾病予防法を構築する上で有用な切り口であることを鑑み,アンジオテンシンIから強力な血圧上昇を有するアンジオテンシンIIへの変換を司るアンジオテンシン変換酵素(ACE)を標的として,青森県特産の農産物及び水産物に含まれるACE阻害物質の探索を行った.青森県特産食材より蒸留水で抽出した抽出液について,ACE阻害活性の評価を行った.ACE阻害活性を示した抽出液から各種カラム分画法にてACE阻害活性物質を単離・精製し,質量分析法により,ACE阻害成分を同定した.その結果,カボチャ,ニンニク,大豆,大鰐モヤシの抽出液に特に強いACE阻害活性を見出した.その中から,カボチャを対象としてACE阻害活性成分の特定を試み,分子量303のムギネ酸前駆物質,ニコチアナミンがその機能実体である可能性を強く示唆する結果を得た.

言及状況

Twitter (6 users, 7 posts, 7 favorites)

『味噌の持つ高血圧抑制物質について』には、「大豆由来ACE2阻害物質をニコチアナミンと同定した」とあるが、味噌(大豆)以外にも、カボチャ・モヤシ・ニンニクなど効果が高いものがあるらしい。(ニコチアナミンはACE阻害物質でもある https://t.co/zMI0npJUTs https://t.co/rJzCzR35Mo https://t.co/XsK3afUPTZ

収集済み URL リスト