言及状況

Yahoo!知恵袋 (3 users, 3 posts)

http://ir.nul.nagoya-u.ac.jp/jspui/bitstream/2237/16108/10/22.pdf#s... を見てください。 Maxwellにより変位電流の項が付加され、これによって 電磁波の存在も予言されることとなりました。
誘電率は、物質内で電荷とそれによって与えられる力との関係を示す係数です。 電媒定数ともいいます。 各物質は固有の誘電率をもち、この値は外部から電場を与えたとき物質中の原子(あるいは分子)がどのように応答するか(誘電分極の仕方)によって定まります。 誘電率はその物質を構成している各分子等の分極の総和で決まりますから、分極しやすいものをどれだけ含んでいるかで決まり、単純に密度だ ...
次の電磁気の問題について教えて下さい.ベクトルは$で表しています.問:図に示すように,半径aの微小円形電流ループが,極座標の原点におかれている.直流電流Iが反時計周りに流れている時に,原点から十分離れ た距離rにある観測点につくる,ベクトルポテンシャル$Aを求める.ただし,a<<rとしてもよい. $A(r,θ,φ) = μ0*I / 4π ...

教えて!goo (3 users, 4 posts)

No.4です No.5さんが「これは誤解で、電磁気学からくるものです。」と書かれているので思い出しましたが、アインシュタインの相対性理論はWikiにも書かれているように「電磁場理論」の非対称性とその解消を狙って構築されました。 初期の電磁気学におけるマクスウエル方程式は、絶対静止系であるエーテルに対する運動と考えられていたようです。 そのため、電磁気学は、「磁場と電場はどのような座標系 ...
電界に関するガウスの定理そのものの話で、ほとんど定義・定理に近いものです。 こんなものは考えてもわかるものでなく、調べるしかありません。 次に定理を丸暗記して練習問題をやって定理の心を把握することです。 参考URL: http://ir.nul.nagoya-u.ac.jp/jspui/bitstream/223 …
>>相対性理論は光の速さが一定であることを前提としているそうですが、 この部分について これは、名古屋大学学術機関リポジトリの「物質科学を学ぶための電磁気学の基礎事項/川邊  岩夫」の「27章電磁気学と相対論」に記載されていることと一致していると思います。 つまり、「光の速さ一定」とは、実験結果ではなく、仮定であり、公理です。 http://ir.nul.nagoy ...
電荷の周りには必ず電磁場が出来る。 ↓ 違います。 電荷の周りには、電場ができます。 電場が動くと(=電荷が動くと)磁場ができます。 1.(a)電子分極の図 これらは全体として「電気を通さない物はみんな誘電体」の話をしています。 つまり 電気を通す金属は誘電体ではありません。 なので、図の原子核や電子を、金属に関して考えてはいけません。 金属の中は(電気を通すので)電位 ...

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

収集済み URL リスト