著者
加藤 行夫
出版者
筑波大学文藝・言語学系
雑誌
文藝言語研究. 文藝篇 (ISSN:03877523)
巻号頁・発行日
vol.35, pp.1-20, 1999-03-30

やはり問題の発端は、作品を読んでいて、その箇所に来たときに必ず抱き、いかなる解説書によっても払拭できない「心残り」といった感覚だ。『マクベス』のなかでそれを感じるのは、劇の終幕近く、マクダフとの決闘の際に明かされる予言 ...

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 3 favorites)

加藤行夫「帝王切開と 〈女〉の死 『マクベス』の 〈謎〉は解かれたか?」 死んだ者は、女ではない? 帝王切開の背景。 https://t.co/Q1HL4MMOgG
https://t.co/xewDaHoXSW
帝王切開と《女》の死 : 『マクベス』の《謎》は解かれたか? - https://t.co/mozKuOaEB9

収集済み URL リスト