言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[これはひどい] 参考文献にECRRやらパンダジェフスキーやらYablokovやら。2013年6月。事故後間もないころに書いたのかしらん。//津田氏も同書の著者に名を連ねている。なんだかなあ。

Twitter (21 users, 28 posts, 4 favorites)

脳や心臓に蓄積し,急性死や精神活動を乱すこと(パンダジェフスキー 20ll) .白内障や高血圧などの老化現象が大人に加え子どもにまで顕在化 http://t.co/oZbF10KNUm
DS86(1986年に改良線量推定方式)公表時点で放射線影響研究所は「黒い雨に関連した「内部被曝」研究を停止させセシウムを体内から検出した事実とデータを隠ぺいしたことが 2011年 11月26日付の『琉球新報』の記事で明らかにされた http://t.co/oZbF10KNUm
「実効線量当量は,被曝の基準の緩和を質的に違った形で進めるために導入されたのである. マンガン 54の場合,実効線量当量では従来に比べ, じつに 13倍も過小に評価されることになった 放射能の水中濃度基準も同じように大幅緩和された」 http://t.co/oZbF10KNUm
「ヒバクを強要して人の生命を奪う原子力産業もまた「ヒパクの死の商人」と呼ぶことができょう.」 http://t.co/oZbF10KNUm 第四に,放射線被曝の金勘定,それと表裏一体の放射線の影響の過小評価は,ヒパク基準のいたるところに盛り込まれた
「一般人の場合に許容線量の用語を使うことは適当でないと ICRPが判断した のは,核実験のフォールアウト(放肘性降下物)による被曝から「直接的利益を何も受けないJと認めざるをえず,生物学的には許容される線量などないからである.」 http://t.co/oZbF10KNUm
故中川保雄氏が遺した『放射線被曝の歴史』(中川 1991,増補 2011) http://t.co/oZbF10KNUm 2  ICRP1950年勧告 ALAP 「可能な最低レベルまで」 「被曝を可能な最低レベルまで引き下げるあらゆる努力を払うべきである」 と勧告している.

収集済み URL リスト