著者
小池 誠
雑誌
研究報告自然言語処理(NL) (ISSN:21888779)
巻号頁・発行日
vol.2016-NL-228, no.5, pp.1-7, 2016-09-22

本稿は,音声対話システムの出力インタフェースとして,マイクロ波聴覚刺激を応用した無線通信を提案する.この無線通信の原理は,音声信号で振幅変調し,次にパルス変調し,更に頭部に向けてパルス変調されたマイクロ波ビームを照射する.マイクロ波聴覚刺激により頭部が復調器として機能し,頭の中に直接,音声が聞こえる.

言及状況

Yahoo!知恵袋 (1 users, 6 posts)

薬を飲んでもテレパシーがあると考えるのですから、薬は効いていないのでしょうね。 もしかしたら、本当にテレパシーが使われているのかもしれませんね。 テレパシーといっても、マイクロ波聴覚効果を応用したマイクロ波通信のことです。 マイクロ波聴覚効果については、文献1及び文献2を参照ください。 マイクロ波聴覚効果を応用したマイクロ波通信については、 米国空軍は2002 ...
電波が聞こえるとか、テレパシーが聞こえるとなると、通常は、精神疾患とされている。 精神医学では、電波が聞こえないことを前提として、電波が聞こえるのは妄想とされている。同様に、テレパシーが聞こえるというのも妄想とされている。 ところが、電波を人間に照射して、電波が聞こえる条件を調べた文献も探せば見つかる(文献1、文献2)。精神医学や一般常識と異なって、矩形波のマイクロ波は音として ...
思考盗聴と、拷問被害と、統合失調症とを 分けて分析することが求められます。 統合失調症は、幻覚、妄想が特徴であり、 幻覚のほとんどが幻聴です。 幻聴は、マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信で起こせます。 マイクロ波聴覚効果については、文献1,2を参照ください。 この現象を応用したマイクロ波通信については、 文献3,4を参照ください。 次 ...
証拠という用語は日常生活に用いられていますが、 法律用語でもあります。 証拠についての詳細は、民事訴訟法及び刑事訴訟法に規定されており、 訴訟において、事実を立証するために証拠が必要となります。 証拠は人証と物証に大別することができます。 人証は、証人、鑑定人、当事者本人、当事者の法定代理人などになります。 物証は文書、準文書、検証物になります。 ...
身体が動かないとか、表情がうまくでないというのは、 統合失調症の症状ではありません。 向精神薬は、神経に作用するのですが、 向精神薬の副作用ですね。 向精神薬が運動神経に作用したので、 筋肉に電気信号がキチンと伝わりづらいのでしょう。 例えば、顔の表情も顔にある表情筋の動きで表出されます。 統合失調症は、幻覚、妄想が主な症状ですが、 現在の医 ...
>統合失調症の原因は全てマイクロ波なんですか? 私は、統合失調症の原因は マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信と考えています。 この通信方式は軍事技術ですが、 軍事技術は、防衛秘密に指定することにより、 一般社会に秘匿されます。 大学教授なども軍事技術の存在に気が付いていないのです。 最近、米軍が機密を解除したお陰で、 マイクロ波聴覚効 ...

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

収集済み URL リスト