著者
星 貴之
雑誌
情報処理学会論文誌 (ISSN:18827764)
巻号頁・発行日
vol.57, no.12, pp.2589-2598, 2016-12-15

音響浮揚は強力な超音波を発生させる装置が必要であることから,これまで研究所など限られた場所でのみ行われていた.本研究では,一般人にも購入可能な材料を用いた音響浮揚装置の実現を目指す.前報において,市販の超音波実験キットの駆動回路をそのまま使用し,超音波振動子を球面に配列することによって,ポリスチレン粒子を浮揚できることを示した.本報では,3Dプリンタを用いて作製した安定な球面アレイと,それを用いて実現された浮揚現象とのインタラクションについて報告する.

言及状況

Twitter (22 users, 24 posts, 47 favorites)

@hoshistar81 その結晶が、例えばこれです → https://t.co/YOEcqTaWM3
このあいだの超音波スピーカーでモノが浮かんでいたのはこれかなぁ? | 「電子工作キットで自作するインタラクティブ音響浮揚装置 星 貴之」 | 情報学広場:情報処理学会電子図書館 https://t.co/jH13UzD9sh
@a33_amimi 事後の御礼になってしまいましたが、よい画だったのでゲスト登場いただきました。ありがとうございます。 https://t.co/YOEcqTaWM3

収集済み URL リスト