著者
芝 世弐
雑誌
ゲームプログラミングワークショップ2018論文集
巻号頁・発行日
vol.2018, pp.60-63, 2018-11-09

本研究はコンピュータ将棋における序盤定跡の自動生成を行おうとするものである.具体的な実装を行いその効果のほどを確認した後,公的な大会である電王トーナメント及び世界コンピュータ将棋選手権において有効性を示した.

言及状況

Twitter (9 users, 13 posts, 17 favorites)

芝先生の論文を読んだ。 学術の世界ではコンピュータ将棋はまだニッチなのでしょうか。 私の専門分野とは全く異なりますが、いつか将棋関連で科研費にチャレンジしてみるのも面白いかもしれないと思った。 コンピュータ将棋における定跡生成法… https://t.co/jcC2WXwybG
floodgateでのテスト運用中0秒指しで相手を屠ったことのあるshotgun、その定跡作成方法の論文です WCSC28の時点(2018/5/3)で優勝ソフトのHefeweizenは横歩取り勇気流の定跡を削除する決断を行っていた… https://t.co/2dZhtI0Q7p
芝さんの定跡理論。定跡を作る方法論としてとても良く纏まっていて素晴らしいです。非数学フレンズ向けに数理少なめで書かれていますが、この論文の実践例を覚えておくことで理論ベースの定跡作成にも役立つことでしょう。 https://t.co/6aUX8P36cY
情報処理学会の芝さんの論文を読む。 https://t.co/quEEwdpwhw 定跡生成については行き着くところまで行っているように見える。次のステップは。

収集済み URL リスト