著者
徐 瑞静
出版者
東洋大学法学会
雑誌
東洋法学 = Toyohogaku (ISSN:05640245)
巻号頁・発行日
vol.57, no.2, pp.69-74, 2014-01-15

言及状況

Twitter (5 users, 5 posts, 10 favorites)

日本の家裁は、中国みたいです (ただ、中国でさえ、離婚後の共同監護を認めているみたいですが) 中国法における監護制度 p71 「両親は、離婚後においても、子を継続的に扶養及び教育 の権利義務を負う」 https://t.co/9Sr3plJ2YH @Kamikawa_Yoko @KushidaOf @mitani_h @hmakihara @matsumoto_toki https://t.co/y6GvDnVWRg

収集済み URL リスト