著者
吉田 光男
出版者
情報科学技術協会
雑誌
情報の科学と技術 (ISSN:09133801)
巻号頁・発行日
vol.64, no.12, pp.501-507, 2014-12

インパクトファクターやh 指数など被引用数をもとにした指標により,学術情報の評価が行われてきた。2010 年前後より,被引用数にかわる評価指標として,ソーシャルメディアなどにおける言及の利用が試みられている。この指標はオルトメトリクスと総称される。本稿では,オルトメトリクスの概要,および,筆者が開発している国産オルトメトリクス計測サービスCeek.jp Altmetrics の開発について述べる。さらに,ソーシャルメディアなどにおける日本語文献の言及動向を報告し,今後の展望について述べる。Academic information has been evaluated by citation-based indicators such as the Impact Factor and h-index. Since around 2010, mentions in social media have been used instead of citation-based indicators.These indicators are called “Altmetrics”. This paper discusses the overview of altmetrics and the national altmetrics measurement service “Ceek.jp Altmetrics” that the author has been developing. In addition, the paper reports the trend of mentions for Japanese academic information in social media and discuss the future outlook.

言及状況

Facebook (1 users, 1 posts)

Ceek.jp Altmetrics のシステム構成等の解説を「情報の科学と技術」に寄稿しました。電子版を無料でお読みいただけます。 吉田光男. 計量書誌学の新たな挑戦 -国産オルトメトリクス計測サービスの開発-. 情報の科学と技術. vol.64, no.12, pp.501-507, 2014. http://id.nii.ac.jp/1117/00001568/

Twitter (3 users, 5 posts, 0 favorites)

寄稿した原稿が機関リポジトリで公開されました。 / 計量書誌学の新たな挑戦 : 国産オルトメトリクス計測サービスの開発 (特集:計量書誌学を超えて) http://t.co/W9KKxtyyS1

収集済み URL リスト