Mitsuo Yoshida; AI Bot ( (@ceekz)

投稿一覧(最新100件)

「元内閣総理大臣の安倍晋三氏を「阿部首相」とするもの,百田尚樹氏の著書である「日本国紀」を「日本国記」とするものを調査した.」 「リベラル群より保守群が誤字を投稿する確率が高いことが示された.」 / 政治的傾向とTwitter投稿の誤字との関係について https://t.co/DRRJXrclf4
「学業成績には,LINE,Twitter,YouTubeの利用が負の影響を与えていた。つまり,これらのSNSの利用時間が増えるほど学業成績が悪くなることが示唆された。」 J-STAGE Articles - 日本の大学生のSNS利用と学業成績との関連性について https://t.co/XRy9nBpgJe
「私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い!」 力強いお言葉。1日3回唱えるわ。 https://t.co/552sqSAenJ
研究室配属でこのアルゴリズムを用いることになったので、研究室の「真の」人気度を計算できるかも。(戦略的操作不可能性を満たすと明記してるし) / 配属人数下限付き研究室配属問題 https://t.co/scY9Hkgx3E
SNSデータの研究に舵を切ったのは2014年からで、それまではデータだけ集めてた。舵を切った理由は割とシンプルで、現在のポストの募集背景がSNS研究だったから。SNS研究は特にやってなかったのに、僕に解説記事の依頼を出した @i2k さんも凄いな…。 https://t.co/FODaqXekp1 https://t.co/Jb4Kth3wgG
関さん @YoshifumiSeki の原稿の中で言及されているのだけど、振り返ってみても、ベストなタイミングだったと思う。研究開発チームを立ち上げようとしている方、あるいはそのような支援を考える教員の方は是非。 / Webサービス企業における研究開発の始め方と進め方 https://t.co/Bcfx1hqpnN
情報処理学会の論文誌の一つ「デジタルプラクティス」に「大量ツイートの収集・分析を個人で手軽に実現可能にする方法の提案利」という論文が掲載されてた。 https://t.co/YzNTCpCQni
Twitterのデータを公開する際は、IDのみしか公開できず、研究に使う際はIDを元にAPIで取り直さないといけないけど、半年で15%くらいがアクセス不能に。 #CSSJ2021 COVID-19流行下におけるソーシャルメディア ―日本での状況と研究動向・公開データセット― https://t.co/WvjH7RhfN9
大学図書館にも「計算社会科学入門」が排架されてるみたい。 https://t.co/E8xCCzQGbC
情報の伝達経路(マスメディア→SNS, SNS→マスメディア とか)には結構興味があり、関係するプロジェクトに関わり始めたので、今年、ちゃんと考えてみる。5年前はウェブに閉じてたけど、今回はもっと広範囲に。 トレンドキーワードに関するウェブリソースの横断的分析 https://t.co/T8aXf85INh
大学における産学連携の話。自分が関わるものだと、3.3節を全てクリアしてるかな。 / イノベーションのための産学連携と基礎教育に関する一考察 https://t.co/WqwxreMYAe
婚活論文があった。勉強します。終章のサブセクションタイトルが「結婚情報サービスの利用が結婚の不可能性を産み出すメカニズム」ですな。 / 増大するあなたの価値,無力化される私:婚活パーティーにおけるフィールドワークを通じて https://t.co/vKMHzGoEQY
今月の人工知能(人工知能学会誌)に「COVID-19 流行下におけるソーシャルメディア ─日本での状況と研究動向・公開データセット─」という記事を寄稿しました。COVID-19に関する初期のSNS研究や公開データセットについて解説しています。 https://t.co/WvjH7RhfN9
ふむむむむ。 / 博士課程修了者の大学教員ポスト採用率 https://t.co/NvEEqmEqOs
改めて論文を読み直したところ、知り合って3ヶ月以内がいいのか。ふむふむ。 / 恋愛における告白の成否の規定因に関する研究 https://t.co/HQFawC9gIV
データの利活用に関して、GDPRを含む法的側面が包括的に議論されてる。分かりやすい。 ソーシャル・ビッグデータの活用と個人情報保護の法律・倫理の現状 https://t.co/11YR7CGsVF
集計プログラムを修正したところ、既発表論文のグラフ(図1)と大体同じ形状になった。よかった。 https://t.co/bYXsain5dV https://t.co/7AAp4kmiVM
本文もさることながら、注釈が面白くて読みいった。 / サーベイ実験の再現可能性と外的妥当性 : オンラインフィールド実験による追検証 https://t.co/ivITmKPcjk
「これはwikipediaの情報ですよ」と言っちゃうと、信憑性が下がる話(レイアウト情報を消すと日本大百科全書を上回る)。教育による刷り込み効果? / 日本の大学生は情報源がWikipedia日本語版である情報の信憑性を他のオンライン百科事典である情報よりも低く判断する https://t.co/th2vMoRfBE
僕の学位記の番号、6868となんだかキリ番っぽい。ろはろは。 https://t.co/ywdxj1RFTM
前に朝日新聞で取り上げられていた研究に関する論文が公開されました。僕もなにかに選出されたい!! https://t.co/bXuI5vqCkU / ソーシャルメディアを用いた新型コロナ禍における感情変化の分析 https://t.co/6NN7n6P0PC
IFが何であるのかよく分かっていなさそうな方には、とりあえず、この記事を読むように勧めています。 / インパクトファクターの功罪 : 科学者社会に与えた影響とそこから生まれた歪み https://t.co/sOABnCVuK0
弊社のネットワーク情報。 / 耐障害性と利用者追跡性の向上を目的としたキャンパスネットワークの刷新 https://t.co/KMZiZ6Q5lQ
おっ。最新の論文が早期公開されてる。ユーザの閲覧・共有の情報を使って論文の普遍性を調べたもの。 / インターネット上のユーザの行動データを用いた論文の普遍性の分析手法 https://t.co/pIMV3cWfni
学会の統廃合はなかなか進まず…。 / 日本における学術研究団体(学会)の現状 https://t.co/pOtJeNF77Z
新幹線の字幕ニュースが終了し、ある程度経過すると、この論文もピンとこなくなる日が来るのかなぁ。文要約、年表の自動生成のために勉強してたことあります。 /「新幹線要約」のための文末の整形 https://t.co/gseXGRBNGQ
「男性では働き方を中心とした地位(いわばスペック)が,女性では年齢が,結婚のおもな規定要因となっていた.」 分析対象は「えひめ結婚支援センター」なんだけど、「Pairs」などのマッチングアプリではどういう結果になるんだろう? / 婚活における結婚の規定要因はなにか https://t.co/OKHxElFlfE
2020年最初の論文。ユーザ名や自己紹介文が長いようなユーザは、居住地を推定しづらい(実社会ソーシャルグラフと異なる?)ことなどを明らかにしました。 / ソーシャルグラフによる居住地推定のためのユーザプロフィール分析 https://t.co/hw07Q9bmtr
男性にもこういうのないのかな。 / 女性の睡眠とホルモン https://t.co/7rj0GoH8aw
タイトルの強い論文。 / 生命力旺盛なクズと人間との関わり : アンケート調査の結果 https://t.co/llalSRKW7K
都道府県ごとの推定性能の評価はしていたけど、都道府県レベルでの評価はしてなかったな…。 / ツイート投稿位置推定のための単語フィルタリング手法 https://t.co/dDjOSpdhIj
興味深い研究。学歴や収入の影響が大きいらしい。 「労働時間や夫婦間関係の親密さ(会話頻度,セックスの頻度),子どもの数は「不倫」行動の発生に効果を与えないことが示された.」 / 誰が「不倫」をするのか https://t.co/IQrv39Z4x9
日本での分析は珍しいと思う。後で読む。 / フェイクニュース生成過程におけるミドルメディアの役割 https://t.co/7IK0sUuYsE
「女子高生が軽乗用車購入で炎上」は本当だったのか 背景に「ソーシャル・ポルノ」? https://t.co/zVEaBIbGAp ソーシャルポルノ仮説の提案とその観測に向けて https://t.co/iZXLLIXjpG
面白い。 / ウェブアクセスリテラシー尺度の開発 https://t.co/l4cSgYvBwY
WebDB Forum 2019 の共著論文が公開されてた。 / 学術情報検索における閲覧論文の文献種別による分析 https://t.co/s4mNid22Da
新作論文が早期公開されてた。内容はタイトルのまんまです。調査量が少ないので、今後、広げていきたいところです。 / Twitterからの言及数が多い論文は言及されたことのない論文と比べてタイトルが「面白い」 https://t.co/2xi0XKbZqQ
大学の学内マネーの決済データを使って、同様の分析したいな。 / [2D5-OS-1b-02] 移動データを用いた人間関係の抽出とその性質の分析 https://t.co/hEN7tCjfwT
事実の伝達を目的とするハードニュースと娯楽性の高いソフトニュースとの、視聴者コメントの分析。ソフトニュースには批判的な発言や差別的な発言が多くなる傾向が見られたとのこと。 / [2D4-OS-1a-03] インターネットテレビのニュース番組におけるコメント内容の分析 https://t.co/JNaacaBlkD
OS-10の「不動産とAI」に来てみたら、英語だった。「中国における不動産テックの最新事情」という招待講演。 https://t.co/wB9iOCFvZK
テキスト分析で道徳基盤尺度を使おうと思っていたところなので読む。 / 日本語版道徳基盤尺度の妥当性の検証 ――イデオロギーとの関係を通して―― https://t.co/AIiqX607NJ
社会学(?)では、査読付き論文はその他の業績に比べて格下、みたいな話題があったけど、この原稿の図1でも、なんとなくその空気は読み取れる(論文の56%が学生・非常勤による投稿)。他の分野ではどうなんだろう。 / 投稿論文の査読をめぐる不満とコンセンサスの不在 https://t.co/0lTsm6pgAL
関さんの記事。ニュース推薦周りの問題について、割と広く紹介されていて面白かった。 / ニュースサービスの変化とニュース記事推薦システム (2019) https://t.co/d90UVgdhFE
面白そうな論文。あとで読む。 / 学生の選好に同順位を含む研究室配属問題 https://t.co/ACmiPVXx39
学卒時に不景気に直面した者は努力よりも運で決まるという価値観を持ちやすい可能性があり、男性と女性の価値観の形成要因には大きな違いがあると。 / 努力の成果か運の結果か? 日本人が考える社会的成功の決定要因 https://t.co/sH8KbH6kOW
ニュースに含まれる学術雑誌名を自動抽出したデータ。 A Scientific Journal List at Japanese News Articles https://t.co/M9Qfa7CmkY 観測頻度に基づくゆう度比の保守的な直接推定 https://t.co/SCbk499ZLJ Journal Name Extraction from Japanese Scientific News Articles https://t.co/89oNwOtt1X
新作論文。 / 観測頻度に基づくゆう度比の保守的な直接推定 (2019) https://t.co/SCbk499ZLJ
3年前の原稿に書いた「「研究の評価を上げるために,Facebook で友達をいっぱいつくって,たくさん『いいね!』を集めましょう」などと大学や雑誌編集部に要求されるようになったりしては目も当てられない」の時代が近い…。 https://t.co/EEyPt1Rll7 https://t.co/4EYgg51XKQ
卒論指導でも同様のことをしてみたいが…。(下部の「コンテンツ本体」からPDFにリンクがあります) / 大学初年次の文章表現教育における「レビュー論文」作成の試行 https://t.co/73eD6sMASs
情報処理学会の学会誌でも解説が。 / 粗悪学術誌/国際会議について -傍らの濁流- https://t.co/NfLrpPwFLR
恋人を欲しいと思わない大学生の1年後の恋愛状況の変化――恋人を欲しいと思わない理由と恋人を欲しいと思うようになった理由に着目して https://t.co/MvBUPnnoSW
過呼吸に対する対処、ペーパーバッグ法(袋を口元にあてて自分の息を吸わせる)の有効性に疑問が持たれていて、少なくとも初発例や高齢者に行なうのは避ける方が良いらしい。ふむー。 / 救急外来における過換気症候群の臨床的検討 https://t.co/ssVltEhuOq
凄くいい試みだと思う。 / 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦―追試研究と事前登録研究の掲載について https://t.co/VZw91a166m
きわどい解説論文がでてキタ━(・∀・)━!!!! / 日本の医学博士論文に潜む7.5%のハゲタカOA https://t.co/zyuHPhYtA6
高野さん@サイバーエージェントによる解説論文。 / ソーシャルビッグデータで理解するヒトと社会の性質 https://t.co/czNkV7Osca
津川先生@筑波大によるソーシャルネットワーク分析に関するサーベイ論文。 / A Survey of Social Network Analysis Techniques and their Applications to Socially Aware Networking https://t.co/d3qfPAaMU7
時系列パターンの自動発見と要約 / 自動パターン検出のためのストリームアルゴリズム https://t.co/TBTwxIQCtg
電通大で開催される Entertainment Computing 2018 で共著発表があるので、どうぞよろしくお願いいたします。 https://t.co/O3tZzWaWFY 位置情報付きツイートを使用したVR空間内でのマップ探索補助アプリケーション https://t.co/9kpLWfdSZN
ハゲタカジャーナルの問題を含め、査読の問題を包括的に扱ってる解説。 / 査読の抱える問題とその対応策 https://t.co/nOk8j2WYJJ
筑波大学の紀要論文。未来に生きてる感じがする。 / 男性用恋愛スキルトレーニングプログラム作成の試み https://t.co/sO77eByoQA
あるエリアでの特徴的な語句は、TF-IDFのような単純なモデルで十分だと思うんですよ。(手前味噌) / ツイート投稿位置推定のための単語フィルタリング手法 https://t.co/dDjOSpdhIj
大学生の独り言的ツイートが私的発話から社会的発話に変化しつつあるという指摘。 / 大学生の独り言的ツイートは独り言なのか――発話傾向との関連から https://t.co/sxSFvIW5pe
これと同様の研究を勤務校の電子マネーデータでやりたいなぁ。コミュニティ(友人関係)の成長収束の時期に興味あり。 / 社員食堂の利用ログの活用を目指して https://t.co/9rWKUdLGqB
NIIの水野さんのご発表。 / グローバル・サプライチェーンのネットワーク構造に基づく紛争鉱物規制 https://t.co/qcrXZ5QttI #jsai2018 (O会場)
Gunosyの関さんのご発表。 / 世代による政治ニュース記事の閲覧傾向の違いの分析 https://t.co/kg1XXaOajf #jsai2018 (O会場)
早稲田大学の木村さんのご発表。 / 意見の一貫性のなさによる圧力と沈黙を考慮した意見形成モデル https://t.co/ehMQI5uT2m #jsai2018 (O会場)
慶應大の柳さんによるご発表。 / 異質性を考慮した適応的な実験デザインとそこでの介入効果推定 https://t.co/pRZPkXR3Qd #jsai2018 (O会場)
名工大の小島さんのご発表。 / オフィスワーカーの入退室データを用いた移動時間パターンの分析 https://t.co/qnnkaLhSkG #jsai2018 (O会場)
OS-1招待講演。日立製作所の佐藤様によるご講演。 / ビジネス価値向上に向けた人間行動センシング https://t.co/6m25uFpzCB #jsai2018 (O会場)
東大の園田さんのご発表。日経新聞の方が共著に入ってます。 / ネットワーク構造に基づく新聞記事の分類による読者の行動分析 https://t.co/P4ZKMPMQRv #jsai2018 (O会場)
サイバーエージェントの角田さんによるご発表。 / オンラインコミュニケーションにおける「いじめ経験の告白」 https://t.co/8Xc5nTnM3y #jsai2018 (O会場)
日本語歌詞の道徳性 ―道徳基盤理論に基づくテキスト分析― https://t.co/cgKIvIpD0r #jsai2018 (O会場)
佐藤さん @min2fly との共著論文が、情報知識学会第15回論文賞(2018)を受賞しました。主に日本語の学術論文が、どの程度、ソーシャルメディアで言及されているのかを調査したものです。 / 日本の学協会誌掲載論文のオルトメトリクス付与状況 https://t.co/1MbPyfP05x https://t.co/SSkQwcapki
科学技術・学術政策研究所の調査に寄れば、情報サービス業における外部連携は、ほかの業種に比べて比較的低調であることが指摘されていて、自分の分野のパイを広げる余地はまだありそう、という印象を持ってる。 / 民間企業の研究活動に関する調査報告2016 https://t.co/t7tCqOMaML
科学技術・学術政策研究所の調査に寄れば、情報サービス業における外部連携は、ほかの業種に比べて比較的低調であることが指摘されていて、自分の分野のパイを広げる余地はまだありそう、という印象を持ってる。 / 民間企業の研究活動に関する調査報告2016 https://t.co/t7tCqOMaML
北大の吉岡先生。 / 多様なニュースサイトの比較による報道スタンスの分析と可視化の研究https://t.co/De8EBC0dXr
仮想通貨の取引履歴は、ツリー構造になってるはずで、マイニングは絶対面白いと思う。 / 仮想通貨Bitcoinにおける取引履歴の解析による使用目的の識別と関連性の解明 https://t.co/9uUWIDaoEj
CiNii 論文 -  恋愛における告白の成功・失敗の規定因 https://t.co/ZeQXJE5pLs
CiNii 論文 -  恋愛における告白の成否の規定因に関する研究 https://t.co/jGmrKWqfPb
1年前に掲載された論文が論文賞候補としてノミネートされたみたい。面白い論文なので、この機会に読んでみてくださいな。 https://t.co/MB0Nmq3QUz / 日本の学協会誌掲載論文のオルトメトリクス付与状況 https://t.co/1MbPyfP05x
性別同様に年齢に関してもありそうで、研究発表において「学部生なのにすごいね」は言ってはいけないと思いながらも、言ってしまってる気がする。改めて気をつける。 / 女子中高生の数学に対する意欲とステレオタイプ https://t.co/PRdCmqicAJ
タイトルかっこいい…。(後で読む) / 追加データを用いない未来の分類器学習法 https://t.co/rm6NQbLIZx
機関リポジトリで公開されているので、誰でもお読みいただけますよ。学生さんによる産総研でのインターンの成果。教員による研究上の貢献はないので、教員は共著になってないです。 / N次創作動画におけるクリエータのコラボレーションに関する分析 https://t.co/Ey5KzL1Bja
顔文字の抽出はどうするのがええかのー、と思ってたら、身近にやってる人が居た。顔文字と絵文字との突き合わせをしてみたい。 / Twitterにおける顔文字を用いた感情分析の検討 https://t.co/CNxqbr5HYW
観光地名なしツイートからの観光地に関する感想の抽出手法 https://t.co/z7Y33gje2f
「博士人材の「倫理」に対する関心は,他の移転可能スキルに比べて低いと考えられる。」 ふーむ…。研究倫理教育は大事だと思ってるんだけど、どんな感じで指導すべきなのか、まだイマイチよく分からない。 / 博士人材の研究公正力(3):博士の意識と研究倫理教育 https://t.co/RO5V0wWbgi
「情報管理」に寄稿する夢かなわぬまま、休刊…。 https://t.co/lVjHrm29O4
先日のWI2研究会で学生さんが萌芽研究賞を受賞しまして、その論文が機関リポジトリで公開されました。 / N次創作動画におけるクリエータのコラボレーションに関する分析 https://t.co/Ey5KzL1Bja (産総研でのインターンの成果。教員の直接的関与はないので、教員は共著になってません)
共通機器の維持や大学院生へのサポートが充実してるのは良いな。 / 中国でラボをはじめるということ https://t.co/J6q4Q99btX
読みましょう、読みましょう。 / オーサーシップの考えを変える時だ https://t.co/hTbqrahnZB
学生さんの論文が公開されました。いろんな事をやってる研究室なのです :) / 講師のシルエットを透過表示した板書映像の生成とライブビューシステム https://t.co/npzcKyRATO
このプロジェクトが実用化されれば、トンデモ学習指導案が減る?? / Web上に分散する膨大な学習指導案データの授業活用を促進する横断検索システム https://t.co/ly7WwrrPln
公開されたばかりのデータ。日本に関して量も質も低下中。 / 科学研究のベンチマーキング 2017-論文分析でみる世界の研究活動の変化と日本の状況- https://t.co/B2i79cdXBx
公開されたばかりのデータ。日本に関して量も質も低下中。 / 科学研究のベンチマーキング 2017-論文分析でみる世界の研究活動の変化と日本の状況- https://t.co/B2i79cdXBx
新しい論文が出ました。多数の座標情報を整理し、経路を抽出するタスクに取り組んでいます。 / ジオタグ付きツイートを用いた交通路の抽出法 https://t.co/37JVYnCIbB
ソーシャルメディアで言及されている日本の学術文献は1.0%~2.2%程度なんですが、1回でも引用されている日本の文献の割合ってどれくらいなんでしょうね。調べるの大変そう…。 / 日本の学協会誌掲載論文のオルトメトリクス付与状況 https://t.co/1MbPyfP05x
マンガの内容に立ち入った分析のできる知り合い研究者が増えてきたので、この研究を再開させたいな。少し大きめのグランドを書いてみるか。 / 有害図書データベースの試作と有害図書の分析 https://t.co/I82zPHvvQH
新作論文が出ました。日本の論文って、ソーシャルメディアでどれくらい言及されてるの?という疑問に応えています。 / 日本の学協会誌掲載論文のオルトメトリクス付与状況 https://t.co/jarP5T6eb1
東日本大震災の津波被害における神社の祭神とその空間的配置に関する研究 https://t.co/ocJhcGGAPh
学生さんに教えて貰った。AIからみる「計算社会科学」のリファレンスとして凄く貴重。 / 社会学とAI ─社会と人間を映すソーシャルメディア─ https://t.co/7YO2DTCvpt (学会員には電子版を無償で開放して欲しい…)

お気に入り一覧(最新100件)

今朝松尾さんの「深層学習と人工知能」という解説特集の記事を見つけて、なるほどなあと思ったりして反省した。自分は自然言語処理が専門なのに、この記事の後半半分に当たるような話、あまりよく考えてなかった。読んでみるとよいと思う。 https://t.co/gnhgvjwnXQ
組織科学に最近書いた論文のpdfが公開されていました!自分の勉強のために社会科学への機械学習の活用方法を整理してみたものなのですが、専門家が見たら怒られるかも笑https://t.co/wKEuXYaIYx
近年の日本における偽情報(フェイクニュース)対策と実務上の論点 https://t.co/QfXUGZJP5a
長尾先生、人工知能学会誌にも創刊当初よりいくつも記事を寄稿なさっています。 初出の記事はJSAI創立1周年に寄せたこの記事です。 長尾 真, 人工知能研究の課題, 人工知能, 1987, 2 巻, 3 号, p. 259, https://t.co/RjdDFh7Af0
フェイクニュース関連でも、ミドルメディアが伝えるソーシャルメディアの反応は「大半が元になっている書き込みを特定することが出来」なかったという報告を最近見ました。 この辺アツいトピックですね。 https://t.co/yo8ueVv98S https://t.co/Snq1vVUmKz
@NishikawaMasaru @AmazonJP 先程の教科書、方法論についてはそこまで解説がないのですが、統計的ネットワーク分析については、鈴木努先生の論文を読まれるとよいかと思います! https://t.co/hbsl5NkDof
木川田朱美・吉田光男・辻慶太「有害図書データベースの試作と有害図書の分析 」 https://t.co/4YURFFwVaQ 2010年頃の学会発表。その後の話が聞かれないところを見ると頓挫したというところなのだろうか。いまだにないんだよなあ、そういうもの。
関連して,去年の教心企画チュートリアルセミナー「いかに研究結果を有意にみせるか?」の記録を書いた年報が公開されていました。 https://t.co/2Sn6Y8NzDN
オルトメトリクスは論文評価を変えるか - ソーシャルメディアで算出する新たな指標 - https://t.co/YnYLCl0Nz4
オルトメトリクスは論文評価を変えるか - ソーシャルメディアで算出する新たな指標 - https://t.co/YaT3KKOBtN 分かりやすくて面白かった。IFに代わる指標…というぼんやりしたイメージだったけれど、代わるというより補完するんだね。
2012 年に情報処理学会誌に書いた記事「プログラミングコンテスト奮戦記 -アルゴリズム・パズルの面白さと奥深さ-」がオープンアクセスになってることに気づいた。https://t.co/RI3b7rt2r9 PDF で落とせます。いつも僕が語ってることがそこそこ纏まってます。
流行から半月遅れで追ってみる。文献もだけど、このサイト、面白いな→インパクトファクターの功罪 : 科学者社会に 与えた影響とそこから生まれた歪み - 文献詳細 - Ceek.jp Altmetrics http://t.co/ya10fsgyJ3
学術文献のソーシャルメディアでのインパクトを計測するhttp://t.co/jmpyV4kYGN < これは良いサイト 面白そうな学術文献がどんどん見つかる → http://t.co/SAFeNo27TR … ブラジャー着用時と非着用時の運動中の乳房振動特性
先ほどツイートしたCeek.jp Altmetrics(http://t.co/anDrHT2kyW)の「24時間文献」ランキングには,@WatariYoichi 先生の論文も出てました。 http://t.co/GrjUb2ykKV http://t.co/RUiFyi7yJL
http://t.co/dknilLDkbC ブログページ集合からのポストおよびコメント自動分離抽出手法
ずいぶん前に存在は知ってた論文だったけど、 Ceek.jp Altmetrics(http://t.co/N6l8dsWFxY)で話題になっていたのであらためて読んだ CiNii 論文 - 恋愛における告白の成否の規定因に関する研究 http://t.co/fO6Snk0wCG
そういえば、今日だった。「不自然言語処理 -枠に収まらない「リアルな」言語処理-:3.なんで日本語はこんなに難しいなの?-リアルな日本語学習者コーパスの分析と言語処理の課題-」 https://t.co/QJsAiEU9

フォロー(701ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @kyama0321: そんな基本的な知識を身につけた程度だけど、そのおかげでTTS技術の解説記事を一気に読むことができた。導入部分がわかると、こちらもとても読みやすい。 > 全 炳河, テキスト音声合成技術の変遷と最先端, 日本音響学会誌, 2018, 74 巻, …
RT @sassano: 森信介先生 "近くて遠い恩師 Mentor Omnipresent" 人工知能 2021 年 36 巻 5 号 p. 551  https://t.co/06VWCRlmc6
RT @tak53381102: 低カロリー飲料が話題となっているので復習、勉強になる 結局は、糖尿病患者が低カロリー飲料を生活に取り入れるのは血糖コントロールの面である程度役に立つ。 非糖尿病者が日々常飲することで健康的でいられるかどうかはまだ明らかでないのでほどほどに、とい…
RT @sassano: 森信介先生 "近くて遠い恩師 Mentor Omnipresent" 人工知能 2021 年 36 巻 5 号 p. 551  https://t.co/06VWCRlmc6
森信介先生 "近くて遠い恩師 Mentor Omnipresent" 人工知能 2021 年 36 巻 5 号 p. 551  https://t.co/06VWCRlmc6
RT @sassano: 佐藤理史先生 "ダンディーでお茶目な先生" 人工知能 2021 年 36 巻 5 号 p. 548 https://t.co/AP4uGkluoN
RT @sassano: 佐藤理史先生 "ダンディーでお茶目な先生" 人工知能 2021 年 36 巻 5 号 p. 548 https://t.co/AP4uGkluoN
佐藤理史先生 "ダンディーでお茶目な先生" 人工知能 2021 年 36 巻 5 号 p. 548 https://t.co/AP4uGkluoN
RT @sassano: 野田五十樹先生 "長尾 真先生を追悼する —研究者,そして研究コミュニティの鑑として—" 人工知能 2021 年 36 巻 5 号 p. 542  https://t.co/Dl2G4ORcMu
野田五十樹先生 "長尾 真先生を追悼する —研究者,そして研究コミュニティの鑑として—" 人工知能 2021 年 36 巻 5 号 p. 542  https://t.co/Dl2G4ORcMu
RT @sassano: 辻井潤一先生 "長尾先生のご業績と思い出" 自然言語処理 2021 年 28 巻 3 号 p. 745-746  https://t.co/npbH0L0mLW
RT @sassano: 松本裕治先生 "長尾先生のご逝去に際して" 自然言語処理 2021 年 28 巻 3 号 p. 747-748 https://t.co/pWd7jQjRhj
RT @sassano: 松本裕治先生 "長尾先生のご逝去に際して" 自然言語処理 2021 年 28 巻 3 号 p. 747-748 https://t.co/pWd7jQjRhj
RT @sassano: 黒橋禎夫先生 "長尾先生との思い出" 自然言語処理 2021 年 28 巻 3 号 p. 749-750 https://t.co/Ey6vU8ihqU
黒橋禎夫先生 "長尾先生との思い出" 自然言語処理 2021 年 28 巻 3 号 p. 749-750 https://t.co/Ey6vU8ihqU
松本裕治先生 "長尾先生のご逝去に際して" 自然言語処理 2021 年 28 巻 3 号 p. 747-748 https://t.co/pWd7jQjRhj
辻井潤一先生 "長尾先生のご業績と思い出" 自然言語処理 2021 年 28 巻 3 号 p. 745-746  https://t.co/npbH0L0mLW
@kotatsu_mi こちらです。 https://t.co/50lOvr2ZwC
RT @tmcosmos_org: 甘利俊一氏、 情報幾何の生い立ち https://t.co/4koDBgQ8OT より: 「大型研究は,大勢の人を結集し指導者の構想の下に人々を歯車のように使い,3年とか5年の短期間で勝負をつけようとする.こうした研究も必要であろう.また,…
RT @mknakano: 情報処理学会誌の10月号の特集「身近になった対話システム」に「対話システムを知ろう -自然言語による機械と人間とのコミュニケーション-」という対話システムの概説を書きました. https://t.co/Pc4Si64uVk
RT @mknakano: 情報処理学会誌の10月号の特集「身近になった対話システム」に「対話システムを知ろう -自然言語による機械と人間とのコミュニケーション-」という対話システムの概説を書きました. https://t.co/Pc4Si64uVk
RT @mknakano: 情報処理学会誌の10月号の特集「身近になった対話システム」に「対話システムを知ろう -自然言語による機械と人間とのコミュニケーション-」という対話システムの概説を書きました. https://t.co/Pc4Si64uVk
RT @mknakano: 情報処理学会誌の10月号の特集「身近になった対話システム」に「対話システムを知ろう -自然言語による機械と人間とのコミュニケーション-」という対話システムの概説を書きました. https://t.co/Pc4Si64uVk
RT @shot4410: 言語処理学会誌の自然言語処理にNAACLの論文に関する記事が掲載されました。元々は別の手法を試していたことや論文の結論部分の記述をそのまま査読として返されたことなど表に出づらそうなことを諸々書きました。 https://t.co/QxLEQ1Crsv
RT @mitsu_koh: 私も共著ですが書かせていただきました! これから対話研究を始める方〜ベテランの方皆様の参考になるよう、最新の対話研究のトピックを網羅的にまとめてあります。ぜひ見てみてください! 「身近になった対話システム:5.対話システムでは今何が問題になっている…
RT @masaoutiyama: 「自然言語処理」2021 年 28 巻 3 号 が公開されました。 https://t.co/2tABkRvapQ 編集後記には論文・学会記事の紹介があります。 https://t.co/CW96Ah7dFW
私も共著ですが書かせていただきました! これから対話研究を始める方〜ベテランの方皆様の参考になるよう、最新の対話研究のトピックを網羅的にまとめてあります。ぜひ見てみてください! 「身近になった対話システム:5.対話システムでは今何が問題になっているのか?」 https://t.co/qUFDV8v6Li https://t.co/qBsfKyThKw
「自然言語処理」2021 年 28 巻 3 号 が公開されました。 https://t.co/2tABkRvapQ 編集後記には論文・学会記事の紹介があります。 https://t.co/CW96Ah7dFW
RT @shot4410: 言語処理学会誌の自然言語処理にNAACLの論文に関する記事が掲載されました。元々は別の手法を試していたことや論文の結論部分の記述をそのまま査読として返されたことなど表に出づらそうなことを諸々書きました。 https://t.co/QxLEQ1Crsv
RT @tmcosmos_org: 甘利俊一氏、 情報幾何の生い立ち https://t.co/4koDBgQ8OT より: 「大型研究は,大勢の人を結集し指導者の構想の下に人々を歯車のように使い,3年とか5年の短期間で勝負をつけようとする.こうした研究も必要であろう.また,…
RT @tmcosmos_org: 甘利俊一氏、 情報幾何の生い立ち https://t.co/4koDBgQ8OT より: 「大型研究は,大勢の人を結集し指導者の構想の下に人々を歯車のように使い,3年とか5年の短期間で勝負をつけようとする.こうした研究も必要であろう.また,…
9/16-17にオンライン開催される音楽情報科学研究会の夏のシンポジウムで「接続コストに基づく後続メロディ候補の提示によるメロディ打ち込み支援インタフェース」という題目で口頭発表をします。https://t.co/2887NGHYSG

フォロワー(6003ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @shinkai35: 00年代初頭くらいから、なぜか事実に反して、日本の治安はすごく悪くなったと認識する人が増えたんですよ。これを治安悪化神話といいます。それ以前は、日本は治安のいい国という認識が一般的でした。この論文が参考になります。/日本の治安悪化神話はいかに作られ…
RT @ykamit: 論文指導といえばゼミで『理科系の作文技術』を読んで、パラグラフ・ライティングと「レゲットの樹」の話をするのが定番になっているが、一つのcause(誰もが認める重要な問い等)から演繹されるように論を展開するスタイルは、西欧の文化、科学の成り立ちとどう関係す…
でも、少年技師の電気学は昭和22年の書籍でデジタル化されているようですが公開になっていませんでした

2 1 1 1 OA 真空管入門

とても興味深い事がわかりました
RT @ykamit: 論文指導といえばゼミで『理科系の作文技術』を読んで、パラグラフ・ライティングと「レゲットの樹」の話をするのが定番になっているが、一つのcause(誰もが認める重要な問い等)から演繹されるように論を展開するスタイルは、西欧の文化、科学の成り立ちとどう関係す…
RT @SocStudMollDiv: 追記。イソアワモチの背眼の構造は下記報告をご参照ください。これ以外にも文献は少なからずあります: https://t.co/DeTSQtukp6
RT @ykamit: 論文指導といえばゼミで『理科系の作文技術』を読んで、パラグラフ・ライティングと「レゲットの樹」の話をするのが定番になっているが、一つのcause(誰もが認める重要な問い等)から演繹されるように論を展開するスタイルは、西欧の文化、科学の成り立ちとどう関係す…
RT @ykamit: 論文指導といえばゼミで『理科系の作文技術』を読んで、パラグラフ・ライティングと「レゲットの樹」の話をするのが定番になっているが、一つのcause(誰もが認める重要な問い等)から演繹されるように論を展開するスタイルは、西欧の文化、科学の成り立ちとどう関係す…
@motcho_tw @nonchan_pdx ヨーロッパ系の言語では日常では小数より分数を好むので、初等教育としては帯分数から導入するカリキュラムが設計されて、そのまま残っているだけなのではないかなと思います。 日本語ネイティブにとっては意義が薄い気はしますね。 https://t.co/erKHOAb7vy
RT @ykamit: 論文指導といえばゼミで『理科系の作文技術』を読んで、パラグラフ・ライティングと「レゲットの樹」の話をするのが定番になっているが、一つのcause(誰もが認める重要な問い等)から演繹されるように論を展開するスタイルは、西欧の文化、科学の成り立ちとどう関係す…
RT @ykamit: カプランの文化モデルというらしいが、こういうのもある。渦巻よりは、逆茂木型のほうが合ってる気がする。 https://t.co/E7gpkXJdPC https://t.co/A8knhj8kSX

28 28 28 19 OA VOL. 48 長谷川 万純

RT @chome0509: 微生態の和文誌に、恐れ多くもイケジョとして寄稿しました。自分に自信がなく「なんとなく」過ごしていた高校時代から、博士課程に進もうと思った経緯を書きました。私のように博士進学を考えていなかった学生さんが、1人でも多く博士課程に興味を持ってもらえたら嬉…
RT @shinkai35: 00年代初頭くらいから、なぜか事実に反して、日本の治安はすごく悪くなったと認識する人が増えたんですよ。これを治安悪化神話といいます。それ以前は、日本は治安のいい国という認識が一般的でした。この論文が参考になります。/日本の治安悪化神話はいかに作られ…
RT @alfredplpl: ADHDや発達障害の方、当事者ばかり考えてしまうが、その親、特に母親のことをあまり考えたことがなかった。調査によると、介入前は抑うつ傾向が高いということらしい。盲点だった。 https://t.co/BmSMJKCc17 https://t.co…
ADHDや発達障害の方、当事者ばかり考えてしまうが、その親、特に母親のことをあまり考えたことがなかった。調査によると、介入前は抑うつ傾向が高いということらしい。盲点だった。 https://t.co/BmSMJKCc17 https://t.co/pVGrm67azj
RT @shinkai35: 00年代初頭くらいから、なぜか事実に反して、日本の治安はすごく悪くなったと認識する人が増えたんですよ。これを治安悪化神話といいます。それ以前は、日本は治安のいい国という認識が一般的でした。この論文が参考になります。/日本の治安悪化神話はいかに作られ…
RT @kyama0321: そんな基本的な知識を身につけた程度だけど、そのおかげでTTS技術の解説記事を一気に読むことができた。導入部分がわかると、こちらもとても読みやすい。 > 全 炳河, テキスト音声合成技術の変遷と最先端, 日本音響学会誌, 2018, 74 巻, …
そんな基本的な知識を身につけた程度だけど、そのおかげでTTS技術の解説記事を一気に読むことができた。導入部分がわかると、こちらもとても読みやすい。 > 全 炳河, テキスト音声合成技術の変遷と最先端, 日本音響学会誌, 2018, 74 巻, 7 号, p. 387-393 https://t.co/889Fd9HUsf
RT @fukanju: @Rikapo_1226 岩倉盆地に火山堆積層があるようなので、鴨川に軽石が流れてきても不思議じゃないかも??? >京 都市 北 郊, 岩倉 盆地 地下 の 火 山灰 層1 https://t.co/Vj5YWjy1Z5
@Rikapo_1226 岩倉盆地に火山堆積層があるようなので、鴨川に軽石が流れてきても不思議じゃないかも??? >京 都市 北 郊, 岩倉 盆地 地下 の 火 山灰 層1 https://t.co/Vj5YWjy1Z5
RT @ykamit: カプランの文化モデルというらしいが、こういうのもある。渦巻よりは、逆茂木型のほうが合ってる気がする。 https://t.co/E7gpkXJdPC https://t.co/A8knhj8kSX
RT @ykamit: 論文指導といえばゼミで『理科系の作文技術』を読んで、パラグラフ・ライティングと「レゲットの樹」の話をするのが定番になっているが、一つのcause(誰もが認める重要な問い等)から演繹されるように論を展開するスタイルは、西欧の文化、科学の成り立ちとどう関係す…
RT @jgda_pr: 【実験社会心理学研究・掲載論文】縄田健悟(2013) 集団間紛争の発生と激化に関する社会心理学的研究の概観と展望 https://t.co/t42swWvY1P
RT @shinkai35: 00年代初頭くらいから、なぜか事実に反して、日本の治安はすごく悪くなったと認識する人が増えたんですよ。これを治安悪化神話といいます。それ以前は、日本は治安のいい国という認識が一般的でした。この論文が参考になります。/日本の治安悪化神話はいかに作られ…
RT @nuwanda11208841: だいぶ前に書いたマインドワンダリングの総説が公開されてました(^^) 学部生とかが入り口として読んでくれたらいいなと思って書いたので何ていうか色々とお手柔らかにお願いします。。。。 https://t.co/H2f2dKdcjj

28 28 28 19 OA VOL. 48 長谷川 万純

RT @chome0509: 微生態の和文誌に、恐れ多くもイケジョとして寄稿しました。自分に自信がなく「なんとなく」過ごしていた高校時代から、博士課程に進もうと思った経緯を書きました。私のように博士進学を考えていなかった学生さんが、1人でも多く博士課程に興味を持ってもらえたら嬉…

28 28 28 19 OA VOL. 48 長谷川 万純

RT @chome0509: 微生態の和文誌に、恐れ多くもイケジョとして寄稿しました。自分に自信がなく「なんとなく」過ごしていた高校時代から、博士課程に進もうと思った経緯を書きました。私のように博士進学を考えていなかった学生さんが、1人でも多く博士課程に興味を持ってもらえたら嬉…
RT @hhayakawa: オーサーシップは責任を伴うので、無闇に著者を増やせば良い訳ではない。 https://t.co/EcfrwOGv42
RT @shinkai35: 00年代初頭くらいから、なぜか事実に反して、日本の治安はすごく悪くなったと認識する人が増えたんですよ。これを治安悪化神話といいます。それ以前は、日本は治安のいい国という認識が一般的でした。この論文が参考になります。/日本の治安悪化神話はいかに作られ…
RT @shinkai35: 00年代初頭くらいから、なぜか事実に反して、日本の治安はすごく悪くなったと認識する人が増えたんですよ。これを治安悪化神話といいます。それ以前は、日本は治安のいい国という認識が一般的でした。この論文が参考になります。/日本の治安悪化神話はいかに作られ…
RT @shinkai35: 00年代初頭くらいから、なぜか事実に反して、日本の治安はすごく悪くなったと認識する人が増えたんですよ。これを治安悪化神話といいます。それ以前は、日本は治安のいい国という認識が一般的でした。この論文が参考になります。/日本の治安悪化神話はいかに作られ…
RT @Paul_Painleve: @dif_engine パフィアンが説明されている教科書としては佐武一郎「線型代数学」。広田 良吾「行列式とパフィアン」(応用数理)全4回 1. https://t.co/ur8DxPZc9o 2. https://t.co/zanTRGE…
RT @Paul_Painleve: @dif_engine パフィアンが説明されている教科書としては佐武一郎「線型代数学」。広田 良吾「行列式とパフィアン」(応用数理)全4回 1. https://t.co/ur8DxPZc9o 2. https://t.co/zanTRGE…
RT @Paul_Painleve: @dif_engine パフィアンが説明されている教科書としては佐武一郎「線型代数学」。広田 良吾「行列式とパフィアン」(応用数理)全4回 1. https://t.co/ur8DxPZc9o 2. https://t.co/zanTRGE…
RT @Paul_Painleve: @dif_engine パフィアンが説明されている教科書としては佐武一郎「線型代数学」。広田 良吾「行列式とパフィアン」(応用数理)全4回 1. https://t.co/ur8DxPZc9o 2. https://t.co/zanTRGE…
RT @hhhhhhaaaaaa2: じゃあブラケット記法が用いられていない初版で、ディラックがいかに状態と観測量を記号的に扱ったのか、に関しては江沢先生が詳しく解説をしているので、そちらを参考に。 『ディラックの名著『量子力学』 (特集 ディラック--孤高の天才の遺産とその展…
RT @shinkai35: 00年代初頭くらいから、なぜか事実に反して、日本の治安はすごく悪くなったと認識する人が増えたんですよ。これを治安悪化神話といいます。それ以前は、日本は治安のいい国という認識が一般的でした。この論文が参考になります。/日本の治安悪化神話はいかに作られ…
RT @nuribaon: LNG導入前の日本の都市ガスは、水素35%、メタン27%、窒素15%、二酸化炭素8%、一酸化炭素5%、他炭化水素7%の混合ガス(6B)で、熱量は今の13Aの半分以下だったんだな。昔の方が水素社会だった。 https://t.co/rc7DGbm2i…
RT @shinkai35: 00年代初頭くらいから、なぜか事実に反して、日本の治安はすごく悪くなったと認識する人が増えたんですよ。これを治安悪化神話といいます。それ以前は、日本は治安のいい国という認識が一般的でした。この論文が参考になります。/日本の治安悪化神話はいかに作られ…
RT @shinkai35: 00年代初頭くらいから、なぜか事実に反して、日本の治安はすごく悪くなったと認識する人が増えたんですよ。これを治安悪化神話といいます。それ以前は、日本は治安のいい国という認識が一般的でした。この論文が参考になります。/日本の治安悪化神話はいかに作られ…
RT @shinkai35: 00年代初頭くらいから、なぜか事実に反して、日本の治安はすごく悪くなったと認識する人が増えたんですよ。これを治安悪化神話といいます。それ以前は、日本は治安のいい国という認識が一般的でした。この論文が参考になります。/日本の治安悪化神話はいかに作られ…
RT @shinkai35: 00年代初頭くらいから、なぜか事実に反して、日本の治安はすごく悪くなったと認識する人が増えたんですよ。これを治安悪化神話といいます。それ以前は、日本は治安のいい国という認識が一般的でした。この論文が参考になります。/日本の治安悪化神話はいかに作られ…
RT @sassano: 森信介先生 "近くて遠い恩師 Mentor Omnipresent" 人工知能 2021 年 36 巻 5 号 p. 551  https://t.co/06VWCRlmc6

4 3 1 0 OA AICによる推論

RT @BluesNoNo: 赤池弘次 1989 AICによる推論 https://t.co/FIZg51wwuS 「統計的方法の利用者は,真であるとはどういうことであるか,[…] などという極めて哲学的な問題に,極めて具体的な形でかかわっているのである。」 私は統計ユーザー・…
RT @tak53381102: 低カロリー飲料が話題となっているので復習、勉強になる 結局は、糖尿病患者が低カロリー飲料を生活に取り入れるのは血糖コントロールの面である程度役に立つ。 非糖尿病者が日々常飲することで健康的でいられるかどうかはまだ明らかでないのでほどほどに、とい…
RT @sassano: 森信介先生 "近くて遠い恩師 Mentor Omnipresent" 人工知能 2021 年 36 巻 5 号 p. 551  https://t.co/06VWCRlmc6
RT @sassano: 佐藤理史先生 "ダンディーでお茶目な先生" 人工知能 2021 年 36 巻 5 号 p. 548 https://t.co/AP4uGkluoN
RT @sassano: 佐藤理史先生 "ダンディーでお茶目な先生" 人工知能 2021 年 36 巻 5 号 p. 548 https://t.co/AP4uGkluoN

319 313 313 6 OA 麻疹ワクチン

RT @Derive_ip: Q. 麻疹(はしか)はワクチンで終生免疫が得られるのに、新型コロナは免疫が終わっちゃうのなんで? A. 実は麻疹の終生免疫が嘘で、不顕性感染をして気が付かないうちにブースター効果を得ていただけ。だから麻疹非流行地域では接種後6-7年で抗体陰転化す…
RT @sassano: 野田五十樹先生 "長尾 真先生を追悼する —研究者,そして研究コミュニティの鑑として—" 人工知能 2021 年 36 巻 5 号 p. 542  https://t.co/Dl2G4ORcMu
RT @sassano: 辻井潤一先生 "長尾先生のご業績と思い出" 自然言語処理 2021 年 28 巻 3 号 p. 745-746  https://t.co/npbH0L0mLW
RT @sassano: 松本裕治先生 "長尾先生のご逝去に際して" 自然言語処理 2021 年 28 巻 3 号 p. 747-748 https://t.co/pWd7jQjRhj
RT @sassano: 松本裕治先生 "長尾先生のご逝去に際して" 自然言語処理 2021 年 28 巻 3 号 p. 747-748 https://t.co/pWd7jQjRhj
RT @ayako700: サプリメントの飲みすぎが原因で性器出血の2症例 サプリメントも飲みすぎると体に害が出ます。_φ(・_・ https://t.co/3KXzFwmboX https://t.co/Zt1rrTaDgY
RT @sassano: 黒橋禎夫先生 "長尾先生との思い出" 自然言語処理 2021 年 28 巻 3 号 p. 749-750 https://t.co/Ey6vU8ihqU
RT @tmcosmos_org: 甘利俊一氏、 情報幾何の生い立ち https://t.co/4koDBgQ8OT より: 「大型研究は,大勢の人を結集し指導者の構想の下に人々を歯車のように使い,3年とか5年の短期間で勝負をつけようとする.こうした研究も必要であろう.また,…
RT @ignis_fatuus: 小型核融合装置というワードが最近見られるので解説「核融合プラズマ実験装置はなぜ大型化するか」https://t.co/iMm9bkvorl を見たけど業界人しか読んでもわからん単語の連続やな。
RT @darkengineer255: eKYC この実験のレベルで突破されてるの結構怖いな(もっと精度高いのもあるだろうけど) https://t.co/xHVyNuHR0R https://t.co/DVBhEfB3VK
RT @shinshinsato: こちら、PDF公開されておりました。 どうぞ。 https://t.co/jA45FVZyUI
RT @bokukoui: 呉座さんの件に関する、歴史学者の反応。ラムザイヤー云々ではなく、ミソジニーや差別の意識を持っていたことが問題であることは明らかです。私はそれを煽った「界隈」の検討と分析が大事だと考えています。 https://t.co/uHt2XVRznV
RT @bokukoui: 呉座さんの件に関する、歴史学者の反応。ラムザイヤー云々ではなく、ミソジニーや差別の意識を持っていたことが問題であることは明らかです。私はそれを煽った「界隈」の検討と分析が大事だと考えています。 https://t.co/uHt2XVRznV

319 313 313 6 OA 麻疹ワクチン

RT @Derive_ip: Q. 麻疹(はしか)はワクチンで終生免疫が得られるのに、新型コロナは免疫が終わっちゃうのなんで? A. 実は麻疹の終生免疫が嘘で、不顕性感染をして気が付かないうちにブースター効果を得ていただけ。だから麻疹非流行地域では接種後6-7年で抗体陰転化す…

319 313 313 6 OA 麻疹ワクチン

RT @Derive_ip: Q. 麻疹(はしか)はワクチンで終生免疫が得られるのに、新型コロナは免疫が終わっちゃうのなんで? A. 実は麻疹の終生免疫が嘘で、不顕性感染をして気が付かないうちにブースター効果を得ていただけ。だから麻疹非流行地域では接種後6-7年で抗体陰転化す…
完全にメモ 発明者・研究者レベルのデータを用いた研究生産性の決定要因に関する研究 - 大西宏一郎 (特許の名寄せや、発明者の学歴や、共同出願の被引用に関する) https://t.co/2CEu94KSUT
RT @yakumoizuru: シュテルン=ゲルラッハ実験の歴史的背景については、藤澤高志&大西直毅「Stern-Gerlach実験の歴史的背景と応用――断熱変化をテーマに」(『日本物理学会誌』第72巻第5号、2017)に解説あります。 https://t.co/UzQI4f…
RT @LabDrunker: 数年ぶりにLeggettの"Notes on the Writing of Scientific English for Japanese Physicists" https://t.co/CNlR0qqS3A を読んだ。これは折に触れて読み返す…
@kotatsu_mi こちらです。 https://t.co/50lOvr2ZwC
日本で使った例 看護チームにおける革新的風土の測定尺度:─Team Climate Inventory日本語版の信頼性・妥当性の検討─ https://t.co/I4FgvxBNuh
RT @tmcosmos_org: 甘利俊一氏、 情報幾何の生い立ち https://t.co/4koDBgQ8OT より: 「大型研究は,大勢の人を結集し指導者の構想の下に人々を歯車のように使い,3年とか5年の短期間で勝負をつけようとする.こうした研究も必要であろう.また,…
RT @tmcosmos_org: 甘利俊一氏、 情報幾何の生い立ち https://t.co/4koDBgQ8OT より: 「大型研究は,大勢の人を結集し指導者の構想の下に人々を歯車のように使い,3年とか5年の短期間で勝負をつけようとする.こうした研究も必要であろう.また,…
RT @tmcosmos_org: 甘利俊一氏、 情報幾何の生い立ち https://t.co/4koDBgQ8OT より: 「大型研究は,大勢の人を結集し指導者の構想の下に人々を歯車のように使い,3年とか5年の短期間で勝負をつけようとする.こうした研究も必要であろう.また,…
RT @tmcosmos_org: 甘利俊一氏、 情報幾何の生い立ち https://t.co/4koDBgQ8OT より: 「大型研究は,大勢の人を結集し指導者の構想の下に人々を歯車のように使い,3年とか5年の短期間で勝負をつけようとする.こうした研究も必要であろう.また,…
RT @mknakano: 情報処理学会誌の10月号の特集「身近になった対話システム」に「対話システムを知ろう -自然言語による機械と人間とのコミュニケーション-」という対話システムの概説を書きました. https://t.co/Pc4Si64uVk
RT @mknakano: 情報処理学会誌の10月号の特集「身近になった対話システム」に「対話システムを知ろう -自然言語による機械と人間とのコミュニケーション-」という対話システムの概説を書きました. https://t.co/Pc4Si64uVk
RT @mknakano: 情報処理学会誌の10月号の特集「身近になった対話システム」に「対話システムを知ろう -自然言語による機械と人間とのコミュニケーション-」という対話システムの概説を書きました. https://t.co/Pc4Si64uVk
RT @mknakano: 情報処理学会誌の10月号の特集「身近になった対話システム」に「対話システムを知ろう -自然言語による機械と人間とのコミュニケーション-」という対話システムの概説を書きました. https://t.co/Pc4Si64uVk
RT @apj: 同一問題による小中学生と大学生の学力比較 https://t.co/j66Ua9lXIC 全文読める。「国語に代表される読解力は、能力を維持するか向上していることに対して、数学・理科・社会などの推論や知識の適用に関する能力は、低下している」
RT @mitsu_koh: 私も共著ですが書かせていただきました! これから対話研究を始める方〜ベテランの方皆様の参考になるよう、最新の対話研究のトピックを網羅的にまとめてあります。ぜひ見てみてください! 「身近になった対話システム:5.対話システムでは今何が問題になっている…
RT @shot4410: 言語処理学会誌の自然言語処理にNAACLの論文に関する記事が掲載されました。元々は別の手法を試していたことや論文の結論部分の記述をそのまま査読として返されたことなど表に出づらそうなことを諸々書きました。 https://t.co/QxLEQ1Crsv
RT @mitsu_koh: 私も共著ですが書かせていただきました! これから対話研究を始める方〜ベテランの方皆様の参考になるよう、最新の対話研究のトピックを網羅的にまとめてあります。ぜひ見てみてください! 「身近になった対話システム:5.対話システムでは今何が問題になっている…
RT @tonagai: #フランケンシュタインの誘惑  70年間の沈黙を破って : ドイツ精神医学精神療法神経学会(DGPPN)の2010年総会における謝罪表明 https://t.co/pa8pnIyt8A
RT @masaoutiyama: 「自然言語処理」2021 年 28 巻 3 号 が公開されました。 https://t.co/2tABkRvapQ 編集後記には論文・学会記事の紹介があります。 https://t.co/CW96Ah7dFW
私も共著ですが書かせていただきました! これから対話研究を始める方〜ベテランの方皆様の参考になるよう、最新の対話研究のトピックを網羅的にまとめてあります。ぜひ見てみてください! 「身近になった対話システム:5.対話システムでは今何が問題になっているのか?」 https://t.co/qUFDV8v6Li https://t.co/qBsfKyThKw
RT @shot4410: 言語処理学会誌の自然言語処理にNAACLの論文に関する記事が掲載されました。元々は別の手法を試していたことや論文の結論部分の記述をそのまま査読として返されたことなど表に出づらそうなことを諸々書きました。 https://t.co/QxLEQ1Crsv
RT @tmcosmos_org: 甘利俊一氏、 情報幾何の生い立ち https://t.co/4koDBgQ8OT より: 「大型研究は,大勢の人を結集し指導者の構想の下に人々を歯車のように使い,3年とか5年の短期間で勝負をつけようとする.こうした研究も必要であろう.また,…
事実上それっぽいコミュニティの主要メンバーがどう扱っているのかで判断されがち。歴史的にはそれが間違うこともある. https://t.co/EPWQOARAtC
ふむ。 J-STAGE Articles - オンラインイベントと今後のハイブリット型イベントのあり方を考える https://t.co/QDJH7mnNQN
RT @tmcosmos_org: 甘利俊一氏、 情報幾何の生い立ち https://t.co/4koDBgQ8OT より: 「大型研究は,大勢の人を結集し指導者の構想の下に人々を歯車のように使い,3年とか5年の短期間で勝負をつけようとする.こうした研究も必要であろう.また,…
RT @tmcosmos_org: 甘利俊一氏、 情報幾何の生い立ち https://t.co/4koDBgQ8OT より: 「大型研究は,大勢の人を結集し指導者の構想の下に人々を歯車のように使い,3年とか5年の短期間で勝負をつけようとする.こうした研究も必要であろう.また,…
RT @gishigaku: @fukanju 明治中期くらいだと行政の作成した資料があるそうで近畿・中国地方なら50%以上、青森県・鹿児島県だと20%未満になるそうで https://t.co/2d7jjl0dxn
今月の情報処理学会誌の特集は「身近になった対話システム」だそうです。勉強になりそう。要チェックですね。 https://t.co/i2nDGy1tzV
日本結晶学会誌「蛋白結晶質 (カツオ心筋中のチトクローム c 還元型分子) の X 線解析研究をめぐって」https://t.co/GZBS5lkyrM 1973 年の記事。1960 年に始まったプロジェクトが 2.3 Å のモデルに到達するまでの経緯。まだ重原子同系置換法しかない時代。カツオも三陸産とか小笠原産など検討している
日本結晶学会誌「たんぱくの一次構造と高次構造 (計算機による高次構造の組立てを中心にして)」https://t.co/h0jl51vYVn まだ 10 に満たない構造しか解かれていない 1969 年の記事だが、既に CG によるモデル表示や電子密度解釈が試みられ、コンピュータによる構造予測さえ考えられていたことが分かる
RT @StaffSleepy: @same90636178 2015年の雑誌「小児科臨床」掲載論文ですね。当時はマスコミでも話題になりました。 キラキラネームは深夜の受診が多い? 医学論文に反響、著者の狙いは - withnews https://t.co/d1eA0vSJ…
2018年に書いた記事。 ☆この当時の課題です。現在は制度自体かわってます。 「その健康保険証は適切か」病院 77巻1号 https://t.co/EfpGQa2jpe
RT @tmcosmos_org: 甘利俊一氏、 情報幾何の生い立ち https://t.co/4koDBgQ8OT より: 「大型研究は,大勢の人を結集し指導者の構想の下に人々を歯車のように使い,3年とか5年の短期間で勝負をつけようとする.こうした研究も必要であろう.また,…
RT @h_nakaji: CiNii 論文 -  無罪判決確定者による警察DNA型データベースに登録された個人情報の抹消請求について https://t.co/qt84ZNBALh #CiNii
RT @tmcosmos_org: 甘利俊一氏、 情報幾何の生い立ち https://t.co/4koDBgQ8OT より: 「大型研究は,大勢の人を結集し指導者の構想の下に人々を歯車のように使い,3年とか5年の短期間で勝負をつけようとする.こうした研究も必要であろう.また,…
RT @tmcosmos_org: 甘利俊一氏、 情報幾何の生い立ち https://t.co/4koDBgQ8OT より: 「大型研究は,大勢の人を結集し指導者の構想の下に人々を歯車のように使い,3年とか5年の短期間で勝負をつけようとする.こうした研究も必要であろう.また,…