著者
崔 学松 サイ ガクマツ
雑誌
静岡文化芸術大学研究紀要
巻号頁・発行日
vol.20, pp.1-6, 2020-03-31

東南アジア史に類例のない頻繁な支配者の交替にもかかわらず、アヘンは一貫して植民地台湾の財政を支える重要な財源であった。オランダによる領有前後に起源をもつ台湾のアヘン問題は、日本の台湾領有当時、台湾人の武力抵抗とともに、内外の注目を引いた最も重要な問題であり、後発植民帝国日本の植民地統治能力の試金石でもあった。アヘン吸煙の禁断を期した漸禁政策の推移には、国際阿片会議の外圧の他に、良心的な台湾知識人の運動が貢献した。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

世界初台湾の阿片問題をハームリダクション政策で解決させた日本の後藤新平 植民地台湾のアヘン問題とその歴史的背景 https://t.co/QSN3brOIlz https://t.co/Xwv5zcexkR

収集済み URL リスト