著者
佐藤 正志
雑誌
経営情報研究 : 摂南大学経営情報学部論集 = Journal of Business Administration and Information (ISSN:13402617)
巻号頁・発行日
vol.22, no.2, pp.29-48, 2015-02

日本人は原爆(核)被害を受けたにも関わらず、「原子力平和利用」を受容し、世界第3 位の原発大国を作り上げていった。本稿では、最近の「原子力平和利用」に関する研究を整理しつつ、「平和利用」を推進した政治的リーダーのひとりであった岸信介の日米安保改定交渉や「反核外交」、事前協議に関する密約問題などを取りあげ、彼がいかに原子力技術を理解し、核政策を行ったのかを概観し、その思想的背景を考察する。

言及状況

Twitter (15 users, 16 posts, 5 favorites)

この時(日本人の核アレルギーを取り除く)「原子力平和利用」作戦の相棒が「大正力」こと、讀賣新聞の正力松太郎。言わずと知れた 岸信介のCIA エージェント仲間。https://t.co/NAQEATbZkD https://t.co/Qq1VEbXdgz
摂南大学学術機関リポジトリ 佐藤正志「『原子力平和利用』と岸信介の核政策思想」(PDFファイル) https://t.co/B3mqAs710J
資料論文:『「原子力平和利用」と岸信介の核政策思想』by 佐藤正志(摂南大学学術機関リポジトリ)(PDF) https://t.co/RMucXhn7gI
原子力平和利用」と岸信介の核政策思想 (佐藤正志) https://t.co/C38nKIgrpv
The first nuclear power plant introduced to Japan was made in UK. 日本で第一号の原発は英国製である。忘れてはならない。https://t.co/G9OPTxford

収集済み URL リスト