著者
石崎 裕子
出版者
国立女性教育会館
雑誌
国立女性教育会館研究紀要 = Journal of the National Women's Education Center of Japan
巻号頁・発行日
vol.8, pp.61-70, 2004-08-01

1998年版『厚生白書』で紹介された「新・専業主婦志向」は、「男は仕事と家事、女は家事と趣味(的仕事)」という新たな性別役割分業意識に基づいた20、30代の女性を中心とした専業主婦志向である。パートタイマーとして補助的労働に従事したり、いわゆるキャリアウーマンとして男性に伍して働きながら、家庭と仕事を両立させるくらいなら、経済力のある男性と結婚し、専業主婦として、経済的、時間的に余裕のある生活を送りたいという若い女性たちの選択肢の一つとしての専業主婦願望が、この調査結果から読み取れる。本論では、女性雑誌『VERY』を資料に用いて、女性の生き方の選択肢が曲がりなりにも多様化する中で浮かび上がってきた若い女性たちの専業主婦志向が、どのように描かれているかを明らかにしていく。家庭の経済的基盤を夫に支えてもらい、ランチやお稽古事を満喫する『VERY』に登場する幸福な専業主婦たちの姿は、「新・専業主婦志向」を見事なまでに体現している。

言及状況

Twitter (5 users, 6 posts, 21 favorites)

『VERY』については2004年に石崎裕子がこんな論文も書かれています。「女性雑誌『VERY』にみる幸福な専業主婦像」 https://t.co/ktDeQ9YL0s
この背景が分かりやすくなる論文置いておく。 https://t.co/hbtzIQnl3Z これは15年前のもので、今はVERYの中身も新専業主婦からワーママにシフトしてる印象だけど。 医療業界のジェンダー観はまだ古そうだから、15年前の価値観でもいけるのでは

収集済み URL リスト