著者
出口 毅
出版者
山形大学大学院教育実践研究科
雑誌
山形大学大学院教育実践研究科年報 = Bulletin of graduate school of teacher training Yamagata University
巻号頁・発行日
vol.2, pp.26-30, 2011-02-19

小学生から高齢者までを対象として,実験参加者に4つの記憶課題に取り組んでもらい,記憶機能の加齢に伴う変化を検討した。実験には小学生257名,大学生81名,40歳~80歳代まで78名の合計416名の協力を得て,参加者には作動記憶課題,短期記憶課題,長期記憶課題及び意味記憶課題における想起を求めた。実験は,小学生と大学生が学級または授業ごとに集団式で行い,40歳代以降の実験参加者については個別に実施した。そのため,実験方式により2つに区分して分析を行った。その結果,小学生と大学生の比較から,すべての課題において増加的な変化(実験I)と,40歳代以降から高齢者では加齢に伴う減衰的な変化(実験II)が確認された。さらに,全体的な変化を明確にするために各課題の記憶成績をZ得点に変換して,小学生から高齢者までの変化過程を検討した。 キーワード:加齢, 作動記憶, 短期記憶, 長期記憶, 意味記憶

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

@Haseyan_sys ごめんなさい、そもそも単語記憶という用語がわからないのですが、察するに「語句を使った短期的入出力」に限定する内容なんですね? どの年代同士を比較するかによりますが、短期記憶に関しては年齢差はたしかに少ないみたいです(小6と40代で同程度)。 https://t.co/BojtC5qGXt

収集済み URL リスト