著者
リュッターマン マルクス
出版者
国際日本文化研究センター
雑誌
日本研究 : 国際日本文化研究センター紀要
巻号頁・発行日
vol.28, pp.13-46, 2004-01-31

「畏まりました」「恐れ入ります」の類の言葉を日本列島ではよく耳にする。拝して曲腰をして恐縮する姿を型としている作法に合わせて「恐れ」の感を言い表わす礼儀は依然として根強く育まれている。「型」である。拙論では、仮にそれを「恐怖の修辞」と呼び、観察の焦点を挨拶の言葉に限定し、その普及と徹底的な定着の所以を問う。要するに「恐怖の修辞」形成過程の復元と、その由来の歴史的考察とを五段階を経て行いたい。

言及状況

Twitter (4 users, 4 posts, 2 favorites)

RT: リュッターマン,マルクス(2004)「日本語修辞の挨拶用語に於ける「恐怖」 : 礼儀の一面をめぐる史的考察の試み」『日本研究 : 国際日本文化研究センター紀要』28, 13-46.… https://t.co/tBihMqunA0

収集済み URL リスト