著者
川南 修一 安達 信泰 太田 敏孝
出版者
名古屋工業大学先進セラミックス研究センター
雑誌
名古屋工業大学先進セラミックス研究センター年報 = Annual report Advanced Ceramics Research Center Nagoya Institute of Technology (ISSN:21876738)
巻号頁・発行日
vol.1, pp.3-8, 2013-03-31

Flame-fusion method was invented by Verneuil in 1902 and has been used as useful method for growing Sapphire. By the simplicity of the method, it has many advantages as high purity, high growing rate, and low cost. Even today it is commercially used to growing Sapphire for watch windows, jewels, and many equipment parts. Here we describe the Sapphire products grown by this method.

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 4 favorites)

@garimpeiro5 こっちだと思っちゃった・・・ https://t.co/SKALWUQV6t
@yama_gem 調べてみたら参考になりそうな論文がありました。 火炎溶融法にて育成したサファイアについて https://t.co/c2wvm2sCND 火焔溶融法による人工鉱物 https://t.co/cFZaMqwPU6

収集済み URL リスト