著者
瀧 大知
出版者
和光大学現代人間学部
雑誌
和光大学現代人間学部紀要 = Bulletin of the Faculty of Human Studies (ISSN:18827292)
巻号頁・発行日
vol.11, pp.149-168, 2018-03-13 (Released:2018-06-19)

本稿では、日本における排外主義勢力が、どのような言説をもって排外主義を「正当化」してきたかを考察することを目的としている。「中国」に関連した排外主義者の言説戦略が、「池袋チャイナタウン」と「横浜中華街」とでは差異があることに着目し、比較分析をおこなった。「池袋チャイナタウン」で現れた言説は、新華僑を「脅威」、老華僑を「同化」した存在であると認識することで、「同化主義」による排外主義の「正当化」がおこなわれていた。さらに「反日教育」による「反日」的な国民/民族であると規定されることによって、新華僑と老華僑が「分断」されていった。また2 つのチャイナタウンの文化的な差異にも、それが表象されていることを明らかにした。最後に、その根底に「植民地的まなざし」があることを仮説として提示している。

言及状況

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

学生が教えてくれた論文。「池袋と横浜のチャイナタウンを比較する上で重要なのは、「誰」にとっての場所か」という指摘が面白い。 瀧 大知「池袋チャイナタウンと排外主義 : 横浜中華街との比較を通じて」和光大学現代人間学部紀要、11巻149-168、2018年。 https://t.co/eMaJt1X9T1

収集済み URL リスト