著者
今井 順一 大久保 浩臣 山田 優
出版者
人工知能学会
雑誌
人工知能学会全国大会論文集 (ISSN:13479881)
巻号頁・発行日
vol.27, 2013

本研究では,エージェントによる「曖昧な情報表出」が人間に与える印象について検証する.まず,顔表情,身体動作という2つのメディアにおいて,「曖昧な情報表出」「明確な情報表出」「無表出」による印象の違いがエージェントとの信頼関係に与える影響を評価する.また,「曖昧な顔表情」の解釈におけるコミュニケーション上の「文脈」の効果について,顔表情の発信側,受信側双方の文脈という観点から検証する.

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 2 favorites)

心理学の再現性の話,前に顔表情で自分が見つけた知見をどこかの知らない研究者がロボットのジェスチャーでも同じことをやって,同じ結果がでることを示してくれたことがある.知見をより一般化しても成り立つというのは,再現性を考える上で大事な… https://t.co/mfdRVK9zpX
最近,自分の行なっている実験の追試可能性に興味があるのだけど,自分の以前行った研究をちゃんと追試してくれている人を発見してなんか感激... https://t.co/4jwuENv32u

収集済み URL リスト