1 0 0 0 OA 続群書類従

著者
塙保己一 編
出版者
巻号頁・発行日
vol.目録,
著者
野呂, 元丈
出版者
巻号頁・発行日
vol.[1],

1 0 0 0 OA 守貞謾稿

著者
喜田川季荘 編
出版者
巻号頁・発行日
vol.巻21,
出版者
巻号頁・発行日
vol.[2],
出版者
巻号頁・発行日
1668

手書 122×697cm

1 0 0 0 OA 軍用記 7巻

著者
伊勢貞丈 著
出版者
巻号頁・発行日
vol.[4],

1 0 0 0 OA 諸家会席記

出版者
巻号頁・発行日
vol.[6],

1 0 0 0 OA 諸家会席記

出版者
巻号頁・発行日
vol.[1],

1 0 0 0 OA 一遍上人絵伝

著者
聖戒 撰
出版者
巻号頁・発行日
vol.[6],

1 0 0 0 OA 石山寺縁起

出版者
巻号頁・発行日
vol.[5],

1 0 0 0 OA 志貴山縁起

著者
覚猷
出版者
巻号頁・発行日
vol.[3],

1 0 0 0 OA 太政官布達

出版者
巻号頁・発行日
vol.明治16年, 1900
著者
吉永, 升庵
出版者
巻号頁・発行日
1681

1 0 0 0 OA 武家文書

出版者
巻号頁・発行日
vol.増田長盛書状 十二月十三日,
出版者
巻号頁・発行日
vol.353 薩州鹿児嶋城,

1 0 0 0 OA 式目抄

出版者

『御成敗式目』(貞永式目)の注釈書。書名は外題による。天正8年(1580)の清原枝賢(1519-90)の本奥書があり、「当家累葉奥義一子相伝也」と記す。同名の古活字版(清原宣賢の講釈)や『続史籍集覧』所収本とは内容が異なる。『御成敗式目』は、貞永元年(1232)に執権北条泰時が定めた鎌倉幕府の基本法で、武家の規範として重んじられた。近世には寺子屋の教科書としても使われ、庶民にも親しまれた。式目の注釈は鎌倉時代からなされ、室町時代のものは公家系(清原氏)と武家系(斎藤氏、飯尾氏)に大別されている。亀田次郎旧蔵。