著者
松峯 敬夫 広田 英夫 前田 秀一 福島 亮治 青木 幹雄 瀬戸 輝一
出版者
医学書院
巻号頁・発行日
pp.1369-1371, 1986-09-20

化生のtype 前述したように,胆嚢にみられる化生組織は,おおむね,粘液腺化生(偽幽門腺化生,偽Brunner腺化生)と腸上皮化生の2種のtypeに大別される.いずれも胆道全般に共通した再生変異であり,胆管においてもしばしば同様の変化が見出されている1〜4). 化生の進展とともに,胆管粘膜は次第にその形態を変え,両化生組織の単一,あるいは複合分布により,胃の幽門洞部や十二指腸粘膜に似たさまざまな過形成巣を生じていくが,このような変化はまた,胆嚢にみられる化生巣の性状ともよく一致している.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 8 posts, 0 favorites)

胆管粘膜の化生 (臨床外科 41巻10号) | 医書.jp https://t.co/xUDCkM8X6R
胆管粘膜の化生 (臨床外科 41巻10号) | 医書.jp https://t.co/dtBgurMOal
胆管粘膜の化生 (臨床外科 41巻10号) | 医書.jp https://t.co/jMjuBQx5Hm
胆管粘膜の化生 (臨床外科 41巻10号) | 医書.jp https://t.co/QbwICq4XLL
胆管粘膜の化生 (臨床外科 41巻10号) | 医書.jp https://t.co/KSc24aGa2Q
胆管粘膜の化生 (臨床外科 41巻10号) | 医書.jp https://t.co/7cBx3O42ow
胆管粘膜の化生 (臨床外科 41巻10号) | 医書.jp https://t.co/Eyp4BskG6k
胆管粘膜の化生 (臨床外科 41巻10号) | 医書.jp https://t.co/Y5HnTnwAvH

収集済み URL リスト