著者
北條 昌芳 阿部 俊明 鹿野 哲也 玉井 信
出版者
医学書院
巻号頁・発行日
pp.1253-1255, 2003-07-15

要約 55歳女性が左眼の上下瞼結膜に黒い塊があるのに気づいて受診した。8年前にアレルギー性結膜炎と診断され,デキサメタゾンの点眼を続けていた。結膜結石があり,数回の結石除去術を受けていた。視力は良好で,眼底その他に異常はなかった。左眼の瞼結膜に偽膜形成があり,上の瞼結膜に1個,下の瞼結膜に9個の黒色塊があった。生検で黒色塊はクリプトコッカス症と診断した。残りの黒色塊を除去し,ステロイド薬点眼を中止させた。以後の再発はない。瞼結膜のクリプトコッカス症は稀であるが,長期の副腎皮質ステロイド薬の点眼による眼局所の免疫力低下が引き金になったと推定した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (75 users, 75 posts, 412 favorites)

今朝、人生で初めて、ハトの糞が顔面に直撃するという経験をしました。 周囲から「漫画かよ」と嘲笑されましたが、結膜が汚染された私がまず懸念したのは、クリプトコッカス結膜炎とか変な病気にならないか、ということです。 「眼瞼結膜に限局… https://t.co/plXjo2uCzf

収集済み URL リスト