著者
門間 哲雄 荻原 正通 池内 幸一
出版者
医学書院
雑誌
臨床泌尿器科 (ISSN:03852393)
巻号頁・発行日
vol.52, no.2, pp.141-143, 1998-02-20

症例は42歳,男性。24年前に尿道口からボールペンの先端部を友人から挿入されたまま放置していた。最近になり,亀頭部の疼痛と腫脹それに伴う排尿困難が出現したため当院を受診した。単純撮影にて尿道に石灰化を認め,尿道異物の診断にて緊急入院となった。膀胱瘻を造設し抗生剤にて局所炎症所見を軽快させた後に外尿道口切開を施行し,結石化した異物を除去した。最近の本邦の報告において,調べ得た限りでは本症例は最も長期間の尿道異物であった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (578 users, 578 posts, 470 favorites)

! @NNM_AF: 「症例は42歳,男性。24年前に尿道口からボールペンの先端部を友人から挿入されたまま放置していた。」 ????????? 24年間放置された尿道異物 (臨床泌尿器科 52巻2号) | 医書.jp https://t.co/dpQVwfb7Ft

収集済み URL リスト