著者
松本 俊彦
出版者
メディカル・サイエンス・インターナショナル
巻号頁・発行日
pp.432-437, 2020-04-01

はじめにあなたは今,ひそかに薬物問題に悩んでいて,漠然と「このままではマズい」と感じている。しかし他方で,うまくコントロールできている点を無理に探し出して安心しようとしたり,問題を職場環境のせいにして,「次年度異動すれば状況はよくなる」と自分に信じ込ませようともしている。日々,気持ちはこの両極をあたかもヤジロベエのように揺れ動きつつ,「これが最後の1回」と自分にいいきかせるのを,もう何回,何十回も繰り返してきたことだろう。いや,ちがう。もしかするとあなたは自己嫌悪のあまり自暴自棄になり,すでに「いざとなったら死んでしまえばよいのだ」と背水の陣を敷いているのかもしれない。 私は今,この文章を,現在進行形で薬物問題に悩む麻酔科医に向けて書いている。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

「率直に言おう。あなたが麻酔科でよく使う薬物の依 存症になってしまったならば,再び麻酔科医として の医業復帰は諦めたほうがよい」!! » 誰に相談したらよいのか—救いの道は,ある (LiSA 27巻4号) | 医書.jp https://t.co/4xbu6m1K6B

収集済み URL リスト