著者
吉川 登
出版者
美術科教育学会
雑誌
美術教育学:美術科教育学会誌 (ISSN:0917771X)
巻号頁・発行日
vol.32, pp.441-452, 2011-03-20 (Released:2017-06-12)

鑑賞学の基礎理論として筆者が提示した研究論文「行為としての鑑賞-鑑賞学の序章としての鑑賞行為の分析-」(平成4年度)の内容を再検討することによって,鑑賞学の基礎理論の充実・補強を図る。特に,第5章鑑賞の思考レベル:「考えること」では,具体的な画像読解の手法を提案した。また,平成4年から平成22年までに公表された「鑑賞学実践研究」の成果を背景にして,鑑賞学の特色および有効性について論究した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

これは美術鑑賞について書かれた論文だけど、今読みたいことがたくさん書かれていておもしろい… 「行為としての鑑賞」再考 : 鑑賞学の基礎理論の再検討 https://t.co/izqLDTyM8w
「行為としての鑑賞」再考 : 鑑賞学の基礎理論の再検討 吉川 登 https://t.co/wQLw7DDVgv

収集済み URL リスト