Hαrαⅾα-Rīku (@haradaiko1)

投稿一覧(最新100件)

ネットで読めるものだとコチラなど。 歴史学における過去の清算 : 仙台版「古文書返却の旅」 https://t.co/2lVIPOfghU
90年代の不妊治療言説について。 今も昔も論点は変わらないなとおもう 「不妊問題」の社会的構成 「少子化問題」における「不妊問題」言説を手がかりに 諸田 裕子 https://t.co/sWCrGMmWul
調査の正確性という点では充分とは言えないかとも思いますが、以下の調査ではフジロック現地参加者の平均年齢は28歳でしたね。年代別構成比などはわからんですが。 ロック・フェスティバルにおける顧客価値 : フジロック・フェスティバル2016を事例に https://t.co/Ky3ARChsmJ
同じく小林さんの論文より だってキャバ嬢って楽に稼げる仕事ですから : 合理的選択理論によるキャバクラ嬢のインタビュー・データ分析 https://t.co/AwEiCLyvSJ
GTAをもちいて一般則のようなものを記述しようと試みるのは、GTAのそもそもの立場と異なる(GTAは中範囲の理論の構築を目的としている)。なのに、質的心理学ではGTAを用いて普遍的なことを言おうとする人が多いよね…みたいな指摘 https://t.co/PS8FHVMLIb
構築主義とEMの違いがわからんというのは、OG問題以後の構築主義についての議論を抑えれば、解決する部分もあると思う。 渡會(2004)などに詳しい。 https://t.co/CZmvoFsMyc
中河さんの論文などを読むと一層混乱できるのでおすすめです() https://t.co/8ulO0epcML
RT @nonlocalones: 進化心理学への方法論的な批判するにはまず中尾先生の議論を参照してほしいと思う 進化心理学の擁護—批判の論駁を通じて https://t.co/SZZwZVbA2q
いい論文でした。A.ゴフマンの炎上話は大雑把にしか知らなかったので、そうだったんだなと。 公正と信頼のあいだ : アリス・ゴフマンのケース https://t.co/QU9pgf5C2e
RT @KengoIgei: 「障がい」の表記を好まないのは問題のありかがうやむやになることと、ひらがな表記の効果に疑問があるから。下記実験によると障害者と接触経験のない人には効果がないとのこと。 栗田・楠見「『障がい者』表記が身体障害者に対する態度に及ぼす効果—接触経験との関…
社会調査の困難ー問題の所在をめぐって(2003) 桜井 厚 https://t.co/vMnHyEwAqb
RT @KunisatoY: @psycle44 と山本哲也さん(徳島大学)と企画した『認知行動療法研究』の特集号「認知行動療法研究の新時代を切り開く研究法」が早期公開されました! 樫原潤・伊藤正哉「心理ネットワークアプローチがもたらす「臨床革命」—認知行動療法の文脈に基づく…
RT @kaihiraishi: 分かりやすく、面白かった。/J-STAGE Articles - 感情って科学の概念なんだろうか https://t.co/5V29uouNah
RT @caffelover: 日本におけるヨガの歴史について外観できて勉強になります。今やヨガはエクササイズですが、僕が子供の頃ヨガといえばもちろん、ダルシムのヨガファイヤーにオウム真理教の空中浮揚です。こう思っていたのは僕だけではなく、実際にヨガ業界はオウム事件でダメージを…
RT @oshio_at: 勉強になった 「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/aGNS5T1fVn
RT @kenichi_ohkubo: なるほど。発達障害は発達「機会喪失」障害か。 →CiNii 論文 -  発達障害を深刻化させる、発達「機会喪失」障害 (特集 増やされる「発達障害」) https://t.co/lFRbNeqaGe #CiNii
RT @kaoru_sonoda: アリス・ゴフマンの参与観察に基づく有名な研究を、質的データの公平性や研究不正の観点から論じた前川(2017)、めっちゃ面白かったなぁ。この情報化時代に、匿名性を守ることとデータのもつ固有性や典型性を活かすことは両立しにくいし、自分としても類似…
RT @kida_yusuke: (計量)社会学において回帰分析が多用される意味については以前から筒井先生が議論されていますね。2019年の論文では因果推論にも言及されています。 J-STAGE Articles - 計量社会学と因果推論: https://t.co/TDkH…
RT @marxindo: これなんか今の若いパーソナリティ心理学者が読んだら「いったい何を言ってるのか」と思うだろう。だけどこの頃はまだこういうことが議論にできたのラジよね。 「よい性格」と「わるい性格」 : 「性格について価値判断すること」をどう考えるのか(1994) ht…
RT @ykamit: これも重回帰分析のやつと同じような議論してますね。正しい因果モデル(グラフ)ありきの方法なのに、因果の探索・同定に使われているということでしょうか  J-STAGE Articles - SEMは心理学に何をもたらしたか? https://t.co/h…
RT @momentumyy: 重回帰論文が話題ですね。個人的にはこの問題を研究者がこれ以上続けないように提言・実施すべきはこの論文の著者ではなく学会や教育組織だと思う。だからこそ冒頭にあるようにあえてこの論文を最も目立つ心理学研究に出されたんだろうし,今こうして実際やいやいな…
RT @shirakawa_love: 莫大な金がかかるRCTが開発経済学の重要なツールになってるという深イイ話を聞かせてもらった。 https://t.co/TZaX8aJdwF https://t.co/eMJLSDo3aq
RT @asarin: 早期公開ではこれも気になる: 心理学的研究における重回帰分析の適用に関わる諸問題 吉田 寿夫, 村井 潤一郎https://t.co/9fCQkakYJm
RT @yuiko_fujita: お知らせ・査読有論文が出ました 安倍政権の女性活躍推進の下、非大卒の母親達がどのように働くこと・稼ぐことを意味づけていたのか、5年かけ調査したエスノグラフィーです 藤田結子・額賀美紗子「働く母親と有償労働の意味――非大卒女性の稼ぎ手役割と職業…
参考元の研究はこちら クライエントの内面的自己開示を促進する要因 : カウンセラーの Self-involving技法およびSelf-disclosing技法の視点から(2015) https://t.co/6U81fXkIfL
最近のインターネットの話だった 「ポジティブな病いの語り」が与える生きづらさ https://t.co/9G2Z3CtSh8
RT @TakaMuto_Kyoto: 長濱・森田(2017)によれば「2倍速でも学習効果は変わらない」とのことです。https://t.co/1TScbrX26C https://t.co/WNTgSyXx7B
RT @tawaki79: 貧困研究といっても様々な論点があることを教えてくれるレビュー論文。10年近く前のものだけど読み応えあり。 CiNii 論文 -  新たな貧困調査研究の構想のために : 日本国内の貧困研究の再検討から https://t.co/UJZgR3DeQL…
去年はまさにそういうシンポがあったよなぁとおもい 臨床が神経心理学に問う:この2つは何が同じで何が違うのか https://t.co/Iscmn3aQaa
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @hrtmtsk: 太郎丸博(2020)「メタ分析によるセクハラ大学教授の平均年齢と身分の推定」『京都社会学年報』28: 15-27。これは気になります。 https://t.co/fWfXsHgMZa
RT @okazakiyslab: 統計的因果推論の視点による重回帰分析 https://t.co/khhOqD3Lla
RT @asarin: 【論文早期公開】金内 さよ, 三浦 麻子, 唐沢 穣 利己的行動・利他的行動は連鎖するか──独裁者ゲームを用いた実験的検討── 心理学研究 https://t.co/A2nfOqHK1b アブストはこちら↓ https://t.co/w9lfJ089K6
RT @MK_cogn: 新しい感情語リストができてたのね。知らなかった。電子抄録にリストが載ってました。ありがたいですね。 J-STAGE Articles - 二字熟語を用いた感情喚起語リストの作成 https://t.co/QutWT6pOJ5
RT @ykamit: 自然種の説明がわかりやすい 感情って科学の概念なんだろうか 戸田山 和久 https://t.co/xLT3V2qvNs
佐藤郁哉さんは、質的研究一般とエスノグラフィーがマーケティングリサーチの文脈で一緒くたにされていると苦言を呈していたり、まぁおっしゃる通りというではあります。 https://t.co/Z5l1mKAbxE
RT @takebata: 共訳した「沈黙を破る : 新自由主義化する大学の‟隠された傷”」がリポジトリに上がりました。研究者なら読んで深いため息を吐きながら「ほんまその通り!」と頷いてしまう、大学組織の新自由主義化が研究者を蝕む構図を、オートエスノグラフィー的に描く名作です。…
【読書会のおしらせ】 教育で貧困対策をするのってどうなのっていうテーマの読書会です。 山口毅さんの論文を著者を交えて読みつつ、教育と生存保障(福祉)のあり方について話します。 参加者募集なので、ご興味ありな方はDMください 日程:3月21日 18:00~20:00 開催:Zoom https://t.co/tqZPVrUGqn
RT @evidai: 諸事情により、社会福祉士の国家資格成立とその反対運動を少し追わなければならなくなったのだが、この論文が非常に参考になりそうなのでメモ。 https://t.co/a4uBQ1grHs
これです 社会のための心理学に向けての提言 ―日本版心理療法アクセス改善政策(IAPT)の実現に向けて https://t.co/ilUxyrLcUn
RT @oyazame36: 上谷氏の研究論文ですが12〜14が興味深く、ガールスカウトのフィールドワーク記録からの派生で「写真が主体になりやすかった」と考えてます。 https://t.co/CXBMv7MhI9 私見ですが、「この延長上に(連帯としての)インスタ文化がある…
よく覚えているロールシャッハテストの症例報告はこれで、片口ほかのロールシャッハテストによる同性愛指標の測定というコンセプトがいかに、本質主義や「社会の常識」を反映していたかを知るのに良いと思う。 https://t.co/IzP2Oaaoqn
よのなかには三島由紀夫がロールシャッハテストを受けたときの内容を検討するなんて論文があり。 もはや一つの伝記ものである。 https://t.co/wd0MWjDyda
RT @haradaiko1: こういう論文読むと、ちょっと厳しいものを感じる 大学生における身体運動習慣と感覚処理感受性の関連 https://t.co/D0Ese03UCc
こういう論文読むと、ちょっと厳しいものを感じる 大学生における身体運動習慣と感覚処理感受性の関連 https://t.co/D0Ese03UCc
RT @hata_kpu: CiNii 論文 -  因果推論の道具箱 https://t.co/itPpueCZcU #CiNii これもまたお友達(?)の社会学者の東大の大久保将貴さんの論文。大久保さんの論文はガイドライン的なものもよく書かれているので理論的にも実践的にもよ…
RT @yukiyoshikawa89: 研究活動スタート支援に採用されました(題目:遠隔による音楽活動にかかわる実践的社会課題の相互行為分析)。 遠隔レッスンのエスノメソドロジー的相互行為分析を通じて、音楽にかかわる新しい実践的課題と古典的な理論的課題の両方にアプローチした…
CiNii 論文 -  知的発達に遅れのないASD児者の友人関係にかんする追跡調査 : 地域療育センターを幼児期から成人前期まで利用した12事例の場合 https://t.co/QvI8Tx6l3q
RT @nomikaishiyouze: CiNii 論文 -  通学キャンパス立地環境の違いが大学生の浮気に対する態度に与える影響の検討 : https://t.co/I1GyIrXRwl #CiNii
RT @akabishi2: へぇ 《「過半数というのは想定外で、データを初めて見たとき思わず声が出ました」と第一著者の三浦氏は語る》 日本社会心理学会 | 三浦麻子・小林哲郎 オンライン調査協力者は質問を読まない? https://t.co/ePJNfFXT3q オンライ…
RT @DN_networks: 宮地弘子ソフトウェア開発現場における自発的・没入的労働の相互行為論的考察:「人々の社会学」の視角から https://t.co/iJe2CPqOeT  #知り合いの論文を紹介する  管理・統制に回収されない形で、大手ソフトウェア開発現場における…
RT @DN_networks: 小川豊武  若者言説はいかにして可能になっているのか:——心理学的知としての「モラトリアム」の概念分析—— https://t.co/dTptIv2Rlm #CiNii #知り合いの論文を紹介する 心理学を起源とする「モラトリアム」という概念が…
RT @holysen: CiNii 論文 -  社会福祉における「誘導」とリバタリアン・パターナリズム論の近似性 https://t.co/FWmRfJXkq5 いつも気になっているテーマについて書かれた論文をたまたま見つけたので読もう https://t.co/IS7cWt…
RT @ki1tos: 論文の採択率を上げるため、査読者はどんな論文を不採択と判断したくなるのか考えた、という記事。 6つの問題とその処方箋がとても参考になります。 ・自分が明らかにしたい問いを一文で示せ ・バックナンバーに目を通すのはマナー ・日本語力というより注意力の問題…
RT @takanoriida: 「金銭的インセンティブとナッジが健康増進に及ぼす効果: フィールド実験によるエビデンス」 健康に関する行動変容と、行動変容を促進するための介入の効果についてまとめた概説的な論文です。RCTフィールド実験に限られるのでエビデンスの質は高いものばか…
RT @isnki: 毎月勤労統計調査の諸問題 / 田中 重人 42ページもありますね。統計不正問題に関して必読ではないでしょうか。 https://t.co/8WBceSugHY
J-STAGE Articles - eポートフォリオの理論と実際 https://t.co/vQ3xunKgZt
RT @takakusa_ken: CiNii 論文 -  当事者研究の社会的秩序について : 経験の共同研究実践のエスノメソドロジーに向けて(浦野茂, 2016年) https://t.co/qhjHahKgEI 〈経験〉と〈経験を語ること〉の複雑な関係について丁寧に論じられ…
CiNii 論文 -  自己呈示の手法としての「SNSの使い分け」 : 状況論的自己論の視点から https://t.co/CViRjxhKBC #CiNii
J-STAGE Articles - Max Weberの ‘価値自由’ の科学論的意義 https://t.co/azdxv3Ti2i
「スピリチュアル」の系譜を描き直す : ヒーリング技法「レイキ」の誕生から現代自己啓発言説まで https://t.co/Z8l0NMJXCX
J-STAGE Articles - 法と狭義の道徳 https://t.co/EhH9Zp2xI7
J-STAGE Articles - 男性ピンクカラーの社会学 https://t.co/XL8p8n7qus
児玉さんの論文。 サーベイするものが多すぎるんじゃぁあ CiNii 論文 -  ハート・デブリン論争再考 https://t.co/ig6sFvlECo
RT @frroots: おやこんなところに「構築主義と概念分析の社会学」という論文が>RT J-STAGE Articles - 構築主義と概念分析の社会学 https://t.co/YwfEhnDgYZ
J-STAGE Articles - 「子どもの主体性」 の概念分析 https://t.co/dCq8b29zX6
EMのような気もしたが、そうでもない、なんかこうもどかしい。 J-STAGE Articles - 電子黒板で発表する学習者の思考と対話を促す指導方略 https://t.co/ZRdKIrETXK
RT @dripping_out: 上谷香陽、2017、日常生活世界の記述可能性──ドロシー・スミス「制度のエスノグラフィー」の着眼点 文教大学学術機関リポジトリ https://t.co/rCqWNDuAY5
J-STAGE Articles - 男性が受ける性的被害をめぐる諸問題 https://t.co/ucDUOJJkHl
ロールズの話。あとで読む J-STAGE Articles - 重なり合う合意の分析モデル https://t.co/eUypQ93UQY
唐突に進化心理学ディスが入ってるのが面白かった J-STAGE Articles - 青年のセックス(性行為)の理解を阻む障壁 https://t.co/y1RGrTbsR1
出会い系掲示板で違法性のある書き込みがあるかを評価する手法の話 いい話なので読んでほしい。 J-STAGE Articles - ID交換掲示板における書きこみの隠語表記揺れを考慮した有害性評価 https://t.co/GHtJUQNejp
RT @oshio_at: 早期公開されました。論文122本に掲載されたYG性格検査の平均値を集めて1957年から2012年の平均値の時代変化を検討しました。グラフを見てもらえばわかりますが、21世紀の日本って... 小塩・市村・汀・三枝 日本における情緒不安定性の増加 心理…
RT @lyricalium: この論文について、女性蔑視を煽りかねない不適切な要約が付されたツイートが拡散されてるのを見かけたので、いくつか注意喚起をしておきたい。 J-STAGE Articles - 広告苦情の類型化と広告表現の許容範囲に関する実証的研究 https:/…
RT @SawakoShinomiya: 「精神疾患とは何か (どのような存在を精神疾患とみなせばよいか)」という問いは精神医学の哲学という領域で議論されていて、日本語でも↓とかがネットですぐ読めます 榊原英輔(2017)「精神疾患とは何か?──反本質主義の擁護」『科学基礎論研…
J-STAGE Articles - 連帯の規範と<重度知的障害者> : 正義の射程から放逐された人々 https://t.co/yq1pDWJ2YT
はい CiNii 論文 -  「おたく」の概念分析 : 雑誌における「おたく」の使用の初期事例に着目して https://t.co/o3Eex9rYCj
CiNii 論文 -  『ティファニーで朝食を』の映画化にみる冷戦期アメリカの文化イデオロギー--日系アメリカ人I・Y・ユニオシの改変を中心に https://t.co/bpwupZ37V4
まぁおそらくそうなんだろうが、続くウィラーの引用がいるのか謎というか(引用内容の意味はわかるのだが、この引用での発言はGTAを下敷きにしたものではないのでは?)。 ___ あと参考に添付 質的研究の理論的サンプリングにおける理論的飽和度 https://t.co/icelhb2LoX
RT @mikakoiwatake: とても良い博士論文。 「PTA親会員の不満とその要因構造に関する研究」(放送大学) 歴史的考察、社会学の計量的アプローチ、二次分析、インター ネット調査等から、PTAを多面的に論じている。 https://t.co/5IYaLM8P6Q
RT @brighthelmer: 去年、岸政彦さんらの『社会学はどこから来てどこへ行くのか』や、同じく岸政彦さんの『マンゴーと手榴弾』を拝読し、いろいろと思うところがあったので書いた研究ノートがオンラインで公開されておりました。「『下衆の勘ぐり』の極北 : 『動機』の理解をめ…
はい CiNii 論文 -  アスペルガー症候群に小児期の性同一性障害を合併した男児の一例 https://t.co/C96keNsegR #CiNii
はい CiNii 論文 -  自閉症スペクトラム障害における性別違和関連症状について (第53回日本児童青年精神医学会総会特集(2)スローガン 児童青年精神科医療と発達) -- (シンポジウム 小児・青年期の性同一性障害) https://t.co/2HMZ5rYjZq #CiNii
J-STAGE Articles - 地域在住日本人高齢者と在日コリアン高齢者の転倒要因の比較 https://t.co/eMqi6fTAnX
p185 吹田事件と体験の差異の話。 〈事実〉をつくる 吹田事件と言説の政治 https://t.co/RjdlEGG2K8
RT @DN_networks: 【拡散希望】コンテンツ消費における「オタク文化の独自性」の形成過程  一九八〇年代におけるビデオテープのコマ送り・編集をめぐる語りからhttps://t.co/ITNMS7eSdZ 4年前ですが電子公開になったのでこの機会にご笑覧ください。コマ…
@araisan_respect 失礼なことと存じますが、下記文献にも目を通されるとよいのかなと思いましたので、リンク貼らさせて頂きます。 また、アライさんコミュニティに自殺防止効果があるのかは不明瞭ですので、その点は一度棚上げしたほうが良いかもしれません。 社会的統合が自殺観に与える影響 https://t.co/5iAarr3yvp
RT @sumomodane: 「自己愛的憤怒」と相関が強いのは「自己誇大感」「賞賛願望」よりも「対人評価過敏」「対人消極性」。 つまり、一見、消極的で周囲の反応を気にするような人こそ自己愛に基づいた怒りに駆られやすいということであり、近年の若い女子のフェミ化を読み解くカギと…
RT @sample_bang: CiNii 論文 -  動画共有サイトにおける大規模な協調的創造活動の創発のネットワーク分析  ニコニコ動画における初音ミク動画コミュニティを対象として:ニコニコ動画における初音ミク動画コミュニティを対象として https://t.co/caz…
RT @SawakoShinomiya: 松崎良美(2017)「メンタルヘルス・スラング”を定義する―都内女子大生を対象とした横断研究より」『津田塾大学紀要』 https://t.co/wyQy6IuZEI
あとで読む J-STAGE Articles - 身体の観察可能性がもたらす協同調理場面の相互行為 https://t.co/9wZzoU5U1P
RT @takakusa_ken: 手堅くまとめられている。 CiNii 論文 -  A・シュッツの社会科学方法論の構想(河野憲一) https://t.co/9vsAtK3FrL #CiNii
いいこと書いてあるぞな虫 CiNii 論文 -  障害個性論の再検討 https://t.co/AeHZwb56Iu #CiNii
障害個性論は害悪なのか...というと必ずしもそうとは言えないが、いまの時代にはあっていないのかもしれない。 青い芝の会が障害個性論を訴えたのにはそれなりの背景があったわけだから。 CiNii 論文 -  障害個性論の背景 : 「障害は個性である」という言葉の役割 https://t.co/Ry4wZS6RxJ #CiNii
CiNii 論文 -  エスノメソドロジー・会話分析の現代的意義と課題 : エスノメソドロジーは,社会学の機能不全に理由を与え,社会学を危機から救うが,課題も残るだろう https://t.co/uWzde2si7w #CiNii

お気に入り一覧(最新100件)

日本におけるヨガの歴史について外観できて勉強になります。今やヨガはエクササイズですが、僕が子供の頃ヨガといえばもちろん、ダルシムのヨガファイヤーにオウム真理教の空中浮揚です。こう思っていたのは僕だけではなく、実際にヨガ業界はオウム事件でダメージを受けた。 https://t.co/pdYs6lOpa3
質問紙の誤字については、1985年SSM調査において生じた事故がよく知られている。たぶんこれ https://t.co/jNLtC732n6 に載ってる https://t.co/TzkA6Rv9xV
私はナイサーの研究を知って、認知心理学のゼミに進みました。「生態学的妥当性」という概念を知った時の感動といったら! https://t.co/JUFGIO04nV https://t.co/P4S1C91zDu
自尊感情の時代変化の論文(https://t.co/sf7mPmsJMz)にも引用したピンカーの「暴力の人類史」を紹介します。人類全体の暴力は減少傾向にあり子どもたちの認識も親と子の世代によって変わる可能性があるという話。 暴力の種類と減少|Atsushi Oshio @oshio_at|note(ノート) https://t.co/RjGepVeNTz
論文が閲覧可能になりました。 「ニューヨーク市SoHo地区における芸術家街を契機としたジェントリフィケーション:1965~1971年における画廊の集積過程に着目して」『社会学評論』 (2016年, 67(1): 106-21)https://t.co/M5LgjogHF3

フォロー(465ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(524ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)