著者
渡辺 晋一
出版者
公益社団法人 日本皮膚科学会
雑誌
日本皮膚科学会雑誌 (ISSN:0021499X)
巻号頁・発行日
vol.129, no.8, pp.1619-1625, 2019-07-20 (Released:2019-07-20)
参考文献数
16

顔面の色素病変には色素性母斑や皮膚癌など種々のものがあるが,美容目的で来院する患者の主訴の多くは“シミ”である.そしてシミを主訴に来院する患者の60%近くは老人性色素斑で,12%は顔面真皮メラノサイトーシス(FDM)である.次いで扁平な老人性疣贅が7%程度を占め,教科書でその俗称がシミとされている肝斑は,10%以下である.これらの色素病変は治療法がそれぞれ異なるので,その鑑別が治療成功の鍵となる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 5 favorites)

<参考文献> https://t.co/UbMrzrZ2MI https://t.co/kvsg0Tw9Pp https://t.co/jEdnqbbjfz https://t.co/3BWC17MCys https://t.co/ongcChZoT7 https://t.co/X41bT5Rolm

収集済み URL リスト