著者
竹中 完 北野 雅之 工藤 正俊
出版者
一般社団法人 日本消化器内視鏡学会
雑誌
日本消化器内視鏡学会雑誌 (ISSN:03871207)
巻号頁・発行日
vol.59, no.3, pp.255-264, 2017 (Released:2017-03-22)
参考文献数
39

慢性膵炎は悪性新生物の合併率が高く,非可逆性,進行性の予後不良疾患とされるが,従来の慢性膵炎診断基準は「高度の完成された慢性膵炎しか診断できない」という問題点があり,早期診断,早期治療導入による予後改善を目指し,本邦から世界に先駆けて「早期」慢性膵炎の診断基準が作成された.その特徴の一つに画像項目において,早期で慢性膵炎を診断する手段として多くの報告がなされているEUSに重きが置かれていることがあげられる.その所見の多くは新しいEUSによる慢性膵炎の分類・診断基準である,Rosemont分類から進行慢性膵炎の所見を除いたものが引用されている.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

正解はEUS。腹部エコーや、CTでは診断が困難であるのがポイント。 https://t.co/vxuPpL4DzJ https://t.co/BsDxcfuknU

収集済み URL リスト