著者
高浦 康有
出版者
日本経営倫理学会
雑誌
日本経営倫理学会誌 (ISSN:13436627)
巻号頁・発行日
vol.19, pp.179-185, 2012-01-31 (Released:2017-08-08)

This paper builds on the methodology of CMS(critical management studies), while using the analytical framework of H.A.Simon's modern organization theory. It specifically investigates the case of crush accident on the pedestrian bridge at the fireworks event in Akashi City 2001 on secondary materials such as news articles about judgments in the court. It analyses how various organizations like the city administrators, police and security company were related to cross-organizational decision-making on restricting/unrestricting flows of pedestrians to avoid the accident. A structural gap of responsibility in organizational decision-making process can be reviled as well as systematic oppression that modern organizations inevitably include, such as inhibition of the autonomous decisions of individuals, which 'value-neutral' management theory could not make explicit.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 10 posts, 1 favorites)

花火大会の多くなるこの季節、明石の花火大会雑踏事故を思い出すよね。 以下は『責任の分散』の視点からこの事故を述べた論文。雑踏警備する時に思い当たる点が指摘されてるので読んでほしいなっ! https://t.co/SDxRxpKQ0U
花火大会の多くなるこの季節、明石の花火大会雑踏事故を思い出すよね。 以下は『責任の分散』の視点からこの事故を述べた論文。雑踏警備する時に思い当たる点が指摘されてるので読んでほしいなっ! https://t.co/SDxRxpKQ0U
花火大会の多くなるこの季節、明石の花火大会雑踏事故を思い出すよね。 以下は『責任の分散』の視点からこの事故を述べた論文。雑踏警備する時に思い当たる点が指摘されてるので読んでほしいなっ! https://t.co/SDxRxpKQ0U
花火大会の多くなるこの季節、明石の花火大会雑踏事故を思い出すよね。 以下は『責任の分散』の視点からこの事故を述べた論文。雑踏警備する時に思い当たる点が指摘されてるので読んでほしいなっ! https://t.co/SDxRxpKQ0U
花火大会の多くなるこの季節、明石の花火大会雑踏事故を思い出すよね。 以下は『責任の分散』の視点からこの事故を述べた論文。雑踏警備する時に思い当たる点が指摘されてるので読んでほしいなっ! https://t.co/SDxRxpKQ0U
花火大会の多くなるこの季節、明石の花火大会雑踏事故を思い出すよね。 以下は『責任の分散』の視点からこの事故を述べた論文。雑踏警備する時に思い当たる点が指摘されてるので読んでほしいなっ! https://t.co/SDxRxpKQ0U
@666NMT666 https://t.co/rLPgEufYvG

収集済み URL リスト