著者
飯田 健
出版者
日本選挙学会
雑誌
選挙研究 (ISSN:09123512)
巻号頁・発行日
vol.29, no.2, pp.48-59, 2013 (Released:2017-12-06)
参考文献数
23

本論文は,有権者のリスク態度に焦点を当てることで,投票選択に関する従来からの問いに新たな答えを与えるものである。政権交代はしばしば急激な政策変化を伴い,その政策変化は経済や社会に良くも悪くも不安定性をもたらす。それゆえ,そうした不安定性を嫌うリスク回避的な有権者は選挙において,たとえ与党に不満を感じようとも野党を支持せず,再び与党に投票する傾向が見られるであろう。反対に,リスク受容的な有権者は政権交代を求めて喜んで野党に投票するかもしれない。本論文では,2012年12月の総選挙後に行われたJapanese Election Study V(JESV)のデータを用いて,この仮説を検証する。多項ロジットを用いた統計分析の結果,政党支持態度や経済評価の影響を考慮してもなお,2009年に民主党に投票したリスク受容的な有権者は2012年において自民党もしくは維新の会へと投票先を変える傾向にあったことが示された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

2012年の総選挙の総括の和文を読んでみたけど、リスク評価の違いによって『自民or維新に入れるか、もしくは棄権するか』については論じられていたけど、民主党がボロ負けした理由についてはありきたりなことしか書かれてなかったな。https://t.co/WfpFMVYlls https://t.co/xDo2tC0tEJ
>なぜ2009年9月から2012年12月の間の民主党政権の不人気にもかかわらず自民党の人気は上がらなかったのか。さらには,なぜ2012年の総選挙に おいて,多くの有権者が民主党に不満を感じていたのにもかかわらず投票率が低下したのか。 https://t.co/gS0DlbPEZh

収集済み URL リスト